どーゆーページ

共通マップ関係の知識、小技、考察をただ書き溜めておく場所です。初心者向け指南書けないので逃げ場を作成
とりあえずグダグダ書いていく予定なので、それはもう結論出てるよってことがあったら教えてくれるとありがたいです。


傭兵輸出関連

準備期間には大量の兵力が不要なことと災難賞を受賞することで10万トンの食料が貰えることの2点に注目し、災難賞と食料消費量の2方面から食料有利を取るための戦術。
下記の準備期間天馬陣取りに使える兵力と戦闘期間初動の兵力余分が少なくなることが欠点か?
6万輸出か9万輸出、1ターン目か11ターン目かでのパターン分岐が現在の有力候補と思っている。それぞれのメリットデメリットを考えておく。

・6万vs9万
災難賞を受賞するためには6万輸出の必要があるため、ここが最低ラインと思われる。6万輸出のメリットは、災難賞を受賞しつつ準備天馬に多くの兵力を割けることだろう(4万割ければ大抵の場合は大丈夫だと予測される)。
一方9万輸出なら、より多くの資金も貰える上に、毎ターンの消費食料もより減らすことが出来る。序盤にやることを考えると大きなメリットだと思われる。ただし、準備天馬に1万しか割けられない為、天馬での他島の邪魔は難しく、自分の埋め立て場所を守る天馬運用しか出来なくなるだろう。

・1ターン目vs11ターン目
最初手でやってしまうか、同盟国が決まってから輸出するかの選択肢分岐もある。
最初手でやれば、消費食料を減らすメリットを最大限活用出来る、同盟決定後なら準備天馬の重要度が低い立ち位置になる可能性もあり、また陣営で方針を話し合って決めることも出来る(輸出しない代わりに戦闘で成果を出す人が陣営で1人は欲しいという意見もある?)

個人的には、上記の中のパターンでは、1ターン目に6万輸出をして、11ターン目に陣営での立ち位置や天馬重要度を考えて、追加輸出するかを考えるがいいのかなぁと思っている。

・11万作戦
秘密の作戦を公開するぜ→秘密の作戦がバレました(2コマ即落ち)
超災難賞を受賞出来る11万輸出に可能性を感じている。
序盤に少しだけ徴兵をおこない、11ターン目の立ち位置的に天馬重要度が低ければ11万輸出をする。(それ以外のパターンもその時検討する)
超災難賞まで一気取りすることで、計30万トンの食料が貰えるため、初動11ターンまで消費食料が減らないことと、徴兵で働き手が減ることの2つのデメリットを補えると考えている。
デメリットは準備天馬にあまり多くの兵を割けなくなることと思われる。
陣営決まるまでは天馬を展開、陣営決定時に天馬重要度の低い位置なら、撤退からの11輸出を試してみようと思っている。

準備期間天馬関連


島開発関連


戦線関連


外交関連

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年04月21日 20:29