スカイガールズwiki

シューニア

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メカニックシューニア


zUnya
TVシリーズに登場するソニックダイバーの原型機。
ナノマシンと生体の完全な結合を保っているアイーシャ・クリシュナムのデータを元に技術開発本部周王紀理子博士のチームにより8年間の開発期間、数々の実験機の制作の末、2082年に完成した量産対応型ソニックダイバーの一号機、原型機である。ダークグレーの機体である。

この機体をベースに量産試作機Gシリーズが開発されている。(特に零神は直系にあたり兄弟機となっている)よってGシリーズ同様DNA適正が必要とされる。
(2083年に完成した83式飛行外骨格はDNA適正の幅が緩くなっている)

ワームの本拠地「ネスト」の探索任務のため、改装が行われシューニア・カスタムとして攻龍に配備される予定である。
第24話で配備された。


シューニア・カスタム


zUnya custom
ネスト殲滅戦に於いて、シューニアは大幅に改装され、全身に感覚器を搭載、肩部に補助エンジンを搭載するなど、ベースフレーム以外はほぼ新設計となっている。
シューニア・カスタムは、ワームの元となっているナノシステム治療プログラムをウィルスアタックによって書き換える特殊な電子戦システムを搭載している。そのためマニピュレータも専用(人間の手に似た5指)となっている。


ネスト攻略戦において、当初周王博士はシューニア・カスタムにはソニックダイバー隊の中では最も適正の高い桜野音羽を乗せることを考えていたが、音羽のショックによるMOLP急変によりアイーシャ用に再調整された。(第24話
当初周王博士が桜野音羽の搭乗を起案したのは、アイーシャの体力が完全ではなく、ソニックダイバー運用による消耗が激しいことを考慮したためである。

結果的には桜野音羽のMOLP値復帰により、音羽は零神に、4機で守備を固めるかたちでアイーシャが搭乗した。

「シューニア」とはサンスクリット語で「零」、「空」、「虚」、「欠如」を意味する言葉である。

武装

  • レールガン×1
  • MVブレード(ステルス鞘付き)
  • 翼部・脚部ハードポイント×8

小説

現在、名前のみ書かれたため、存在すると思われる。

関連項目

最終更新:2008年06月30日 04:11