スカイガールズwiki

アイーシャ・クリシュナム

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクターアイーシャ・クリシュナム

(CV:片岡あづさ

(Aisha Krishnam)

31歳(肉体年齢17歳)。身長160cm。体重47kg。A型。
B:80 W:55 H:82

搭乗機はソニックダイバー シューニア・カスタム
ビンディを付けた浅黒のインド系と思われる少女。
軍上層部の会議に技術開発本部周王緋月と列席している。(第15話
表向きは周王博士の助手ということになっている。

極端に無口。何事にも無頓着で喜怒哀楽の表情を見せることはあまりない。
見た目は少女(肉体年齢は17歳)だが長期間の人工冬眠状態にあったため、戸籍上31歳である。
モーションスリットの色はダークグレー。(肩が露出していないタイプ)Gシリーズや量産型とは異なった形状の鋭角的なターミナルデヴァイスを付ける。

その実はクリシュナム博士の娘であった。
2053年誕生、産まれ持って不治の難病があり、クリシュナム博士による治療のため、生体ナノ技術の臨床実験の材料ともされていた。そのスキャンダルにより、2054年、博士と共に行方をくらます。
2060年、死期を悟ったクリシュナム博士により人工冬眠状態となる。
2074年、ワーム大戦終結の半年後、インドの山奥にて人工冬眠状態で偶然発見される。

アイーシャの身体には人体とナノマシンの完全な融合「人機一体」のシステムが組み込まれている。クリシュナム博士の手記によりワームが復活する可能性が高いと判断した統合人類軍首脳部はアイーシャのシステムを元にした兵器の開発を決断。その後10年間、周王紀理子博士の下でソニックダイバーの開発に深く関わる。
これは研究半ばに死した父の手記「「娘、アイーシャに未来を託す」 」を受け、父の意志を全て継ぐという彼女自身の意思でもあった。


ネスト殲滅作戦にあたり、周王と共に攻龍に着艦。
ソニックダイバーを精神感応で動かす能力を持つようである。(第18話
SDどころかワームをも精神感応により制御下におく能力を持つようだ。ただし相当な体力を消耗してしまう。(第20話
これはSDやワームに対して同調を行っているらしい。(第21話
また、ワームからの直接コンタクトも受けつけてしまう(第23話
この能力はアイーシャが義務のように無意識に行ってしまうことが多いが、アイーシャの身体に非常に負担がかかることから、周王をはじめ、周りから止められていることが多い。

第1話瑛花と模擬戦を行ったSD試作機パイロットの正体である。記録はあるが、アイーシャ本人はその時の記憶を持っていない。(第19話

緋月の「ワーム発生の元」発言が流布したことにより攻龍クルーの間で恐れられている。
特にワームを憎んでいるエリーゼは激昂したが、周王が語ったアイーシャの過去、ワームの元の真実を知った後、和解した。(第19話
ソニックダイバーでも太刀打ちできない超高速ワーム(トリワーム)を制御下に置き、攻龍を守ったことから、たくみを通じ、クルーの誤解も解けたようである。(第20話

自らを元にしたソニックダイバーとのシンクロ率、MOLPは100%を超える。その弊害としてソニックダイバー搭乗、生体同期時の記憶を失うという障害がある。(瑛花との模擬戦を記憶していないのもそのためである)
体力的な問題があり戦闘には向いていない。そのため実戦ではソニックダイバー隊の援護が必要であった。(第24話

元々の搭乗者の予定だった音羽の代わりにシューニア・カスタムに搭乗し、ネストのコアに接触。ウィルスプログラムを注入する役目を担う。

ネスト殲滅作戦においてワームのメッセンジャーとなっていた桜野優希を元に戻すことで自ら全てに終止符を打ち、それと引き替えに意識不明となっている。
戦後半年後の再招集において、ソニックダイバー隊が再び飛んだことと呼応するかのように意識を取り戻した。

関連スレ

スカイガールズのアイーシャちゃんはインドカワイイ
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1195117057/
最終更新:2009年03月20日 01:08