ギャラクタス (Galactus)

(キャラクター名、マーベル)

初出:"Fantastic Four" Vol.1 #48(1966年3月)
種族:コズミック・ビーイング

概要

惑星の捕食者、別名「ギャラクタス・ザ・デバウアー」(Galactus the devourer)。
常に宇宙を移動しながら、飢えを満たすために惑星のエネルギーを吸収している。狙われた惑星にとってはどうにもできない宇宙規模の災厄。

その実態は鎧を身につけた巨人であり、ビッグバンより前の宇宙の生き残り、時間よりも古い存在、などと言われている。
襲撃された惑星は滅んでしまうが、善と悪を超えた存在であり宇宙のバランスを保つために必要な存在とされる。

実は地球にギャラクタという名の娘がいる。

初登場時は地球からエネルギーを吸収するために来襲したが、ファンタスティック・フォーの活躍とシルバーサーファーの裏切りにより阻止された。

ミニシリーズ"Hunger"では次元の裂け目を通ってアルティメット・ユニバースに現れた。スパイダーマンに続いてアルティメット・ユニバースに現れた数少ないキャラクターの一人。

ヘラルド

ギャラクタスは餌になる惑星を探すため、「ヘラルド(尖兵、先触れ)」を使役する。
ヘラルドは一般人がギャラクタスに隷属することを誓うことで選ばれ、強大なコズミック・パワーを扱う力を与えられる。

シルバーサーファー 初めて描かれたヘラルド。故郷の惑星ゼン・ラを救い、ギャラクタスを知的生命体のいない星に導くため、ヘラルドに志願した。
ファイアー・ロード
エア・ウォーカー
テラックス
ほか

実写映画

2007年の実写映画『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』では、不定形のエネルギー雲のような形状で描かれた。だがコミックでは人の形を持つ存在であり、移動には宇宙船を使うことが多い。