禁書の記憶(きんしょのきおく)

+目次

概要

ヴェントへイム突入以降挑める、TOS最大規模のダンジョン。
ヴェントへイム最深部で「封魔の石」を入手し、
ヘイムダールのトレントの森入り口付近にいるエルフに話したときから
サイバックの図書館の魔界ニブルヘイムの魔王たちを封じ込めた本に入れるようになる。

詳細

フロア構成は3×3の小部屋からなる自動生成ダンジョン。戦闘は全て逃走不可。
「封魔の魂炎」というカウントが存在し、0になるとゲームオーバー。100でスタート。
一定距離を移動する毎に-1、ソーサラーリングを使うごとに-10なので
燭台に火をつけたりフロア制限をつけることで封魔の魂炎を増やしていく。
フロア15到達時、封魔の魂炎が800未満の場合、強制的にフロア11に戻される。
戻された場合、フロア15から先に進むのに必要な封魔の魂炎が+200される。
赤フロアは敵を全滅させないと次に進めない。
フロア効果、燭台で起こる効果、敵グループはランダム。フロア制限は自由に選ぶことができる。
ここでしか出ないモンスターはメデューサ、アークデーモン(いずれも骸骨シンボル)と各ボス。あとは一部の地域を除くモンスターがランダムで出てくる。
最終フロアで封魔の魂炎をくべるかくべないか選べるが、くべると消滅して二度と入れなくなる。
くべることによるメリットは全く無いのでくべない方が良い。

GC版

全3階層15フロアまで。
5フロア目直後に誰もいない次のフロアへのワープがある中間フロアがあり、
10フロア目にヘルナイト、15フロア目にリビングアーマー。
初回のみ、リビングアーマーを倒すとペルシャブーツが手に入る。

PS2版

4000年前に勇者ミトスとその仲間が魔族を封印し、1000年前に五聖刃が再封印したという設定が追加された。
その時のマナが残り、記憶として彼らもボスとして登場するようになったことでフロアが追加され、全4階層20フロアまで。
5フロア目にヘルナイト、10フロア目に幻影五聖刃(プロネーマ・フォシテス・マグニス)、
15フロア目にリビングアーマー、20フロア目に三英雄(ミトス・クラトス・ユアン)。
初回のみ、リビングアーマーを倒すとペルシャブーツが手に入る。
三英雄戦は戦闘に参加できるキャラは3人。