ネタページ:他テイルズネタ(TOB)


ファンタジア

魔王ダオス

  • アイゼンの持つコインに刻まれた文様
    • 中の人ネタでもある

レアボード

  • フィールドをすばやく移動できる乗り物で、ノルミン聖隷の力で空中に浮く。
  • レアバードはいわゆる飛空艇的な空を飛ぶ乗り物。シンフォニアにも登場。

リバース

サレトーマ

赤茶色の茎や葉に紫色の花がつく野草。
その絞り汁は高熱によく効き、壊賊病の特効薬となる。
ラズベリーのような良い匂いと裏腹に、味は酷くマズイ。
花言葉は「偽りの共存」。
  • 言うまでもなくリバースの最悪コンビ、サレトーマのこと。
    • ラズベリーはサレのラズベリーグミ、花言葉はサレの死に際の台詞から。

「質問に質問で返すのは感心せんな」

アイゼンがしばしば口にする。

ポチョムサン

古代アヴァロスト語の解読の際にライフィセットが口にする単語。繰り返して読むと「忌み名の聖主」の意味になる。
  • ポチョムさんとんち話の主人公。ヴェイグの愛読書でもある。この話の真髄を堪能できるのは、酸いも甘いも知り尽くした熟年世代になってかららしい。
    • これ以外にも、古代アヴァロスト語の解読の際はたくさんの歴代ネタが絡む。
      • ミラミュゼが「パレンジ美味しい」、「はトマト、はナスが嫌い」、ロニカイルが「へそ出し」、クルスニクが「くり抜く」等。

アガーテ杯

ねこにんの里で開かれるニクキュウプロレスの無差別級・種族不問のトーナメント戦

ドネラ

語頭に「ド」をつける闇商人。
  • 特徴がサレがヴェイグたちを始末するべく放った王の盾の刺客ドネルと同じ。

レジェンディア

マウリッツ織

ライフィセットのリュックサックはこの材質で作られているらっしい。
  • 何度セネルたちにぶちのめされてもなぜか生きているしぶとい爺さんの如き頑丈さ。

グリュウネ

クロ―ディン王時代の陶芸家。作品としては『ミヅガメ』

”モフモフ釉

アイゼン曰く上記の壺『ミヅガメ』にはモフモフ釉が壺の表面に塗られ、その躍動感を示している…らしい。
  • しゃべるラッコの種族「モフモフ族」から。

ハーツ

心水

  • 20歳にならないと飲めない飲み物、つまりお酒
  • 琥珀心水はコハク・ハーツ。いばら姫はリチアのことで、エメラルド色なのは彼女の髪の色に由来する。

ガンドコ

  • ベンウィックのセリフの中に「ガンドコ」が登場するが、これはシングの口癖。

天才画家ベリル・ベニト

  • アイゼンが蒐集した芸術品を語る中で名前のみ登場。
  • そのまま彼女のことである。

エクシリア

ジュードミラ

終末の使者により導かれた存在。
  • エクシリアの主人公。今作にゲスト出演。

プリンセシア

ベルベットの姉、セリカが好きだった花。花言葉は「かけがえのない宝物」「幾幾年も健やかに」。
ベルベットは「裏切り」であるともする。
  • エリーゼの両親が娘を想って、本来の自生地ではない寒冷地のモン高原で懸命に育てていた花。
    • エクシリア2では、ベルセリアと同じくビズリーが亡き妻の墓に献花として所望していた。

シルフモドキ

とある北方の島だけに生息する鳥。しつけるのは難しいが、伝書鳩になれる。

ゼスティリア

ウェイストランドという世界

はるか先の未来にて、グリンウッドと呼ばれる大陸
  • アイフリードの存在やアイゼンの年齢から、ゼスティリア本編から約1000年前であると思われる。
    • 状況証拠から、ゼスティリアの時代に定義されている言葉ではアスガード統一期と推測される。

TOSラタトスクの騎士

テネブおじさん

エレノアの近所に住んでいたおじさん。面白いことばかり言っていた。

歴代キャラコスチューム


アタッチメント

  • ヴェスペリア:暴走男(ユーリのぬいぐるみ)
  • グレイセスf:だっこソフィ
  • エクシリア:いつでもジュード、いつでもミラ
  • エクシリア2:いつでもルドガー
  • シンフォニア(PS3版):いつでもロイド
  • ラタトスクの騎士(PS3版):いつでもマルタ
  • ゼスティリア:本読みスレイ
    • 未来の人物のアタッチメント…タイムパラドックスだ!

異海探索

  • 存在まるごとが歴代ネタの宝庫となっている。詳しくはこちら

名称など

  • 各町の宿の名前はファンタジアに登場した精霊や魔族(「監獄島の寝床」であるタイタニアは除く)。また、店の名前はテイルズキャラ名(闇商店『ブラッドバタフライ』除く)。