栗坊

名前 栗坊
(くりぼう)
性別 男性
所属 第0ビオトープ
初出 193話
声優 塩屋浩三
年齢 第1章:39歳
第2章:43歳
血液型 B型
誕生日 1月7日
身長 285cm
体重 520kg
視力 5.0
足のサイズ 65cm


概要

第0ビオトープ職員。
世界最高の鍋職人と讃えられる鍛冶屋で、彼が作成した栗坊鍋料理人にとってカリスマ的存在の高級ブランドである。

節乃の体を片手で握れるほどの巨体。
のんびりとした性格で、東北弁のような訛りのある喋り方をする。
金の素材を素手で加工するというとんでもない怪力の持ち主で、鍛冶には道具を使わないというこだわりを持つ。

来歴(第1章)

センチュリースープ編では、名前のみ登場する。

シャボンフルーツ編では、第0ビオトープの会談に出席する。

クッキングフェス編ではNEOの一味として現れ、計画に邪魔な節乃を止めるべく立ちはだかる。
しかし実は一龍の指示でスパイとしてNEOに潜り込んでいただけであり、メテオスパイスが放たれると回収に来た透影から逃げるように姿を消した。

来歴(第2章)

ペア編では、産声の樹でトリコたちと合流。
潜入捜査で得られた情報を伝え、案内役としてアカシアのフルコース集めの旅に同行する。

アナザ編では、アナザ捕獲メンバーとして小松たちとブルーグリルを訪れ、町を散策している途中にタックと合流し、魂の取引の話を聞く。
その後メイメイのサポートのもと、グルメ騎士が取ってきた素材から金の鍋金のまな板金のフライパンの加工を行った。
アナザ調理完了後はアナザを届けるため人間界に帰還した。

  • 偽鍋(ギミックフライパン)
    • どんな圧がかかっても1ミリも変形しない自作の鍋。
      節乃との戦闘ではこの鍋を腕に擬態させ、気圧による攻撃から難を逃れた。


関連項目