アナザ

名前 アナザ
分類 魚宝
初出 246話
捕獲レベル 7800
生息地 ブラックトライアングル


概要

エリア6の「魚宝」にして、アカシアのフルコースの魚料理に選ばれている食材。
同名のブルーニトロについてはこちらを参照。

金色に輝く神秘的な魚。
フルコースの中でもトップクラスの旨味を持ち、ブラックトライアングルをはじめとする、グルメ界の全海洋に流れる旨味を絶え間なく生産している。

鯨王ムーンが天敵であり、
ブラックホールで全てを吸い込む鯨王に襲われると光の速度を超え、魂の世界に逃げる。
その際、凄まじいスピードで何度も脱皮を繰り返し、脱皮した数千の皮は稚魚として旨味を保ったまま泳ぎ続け、その中の一匹は成魚にまで成長する。
アナザが泳いだ後には光輝く星屑の川が流れるが、
それらのほとんどは稚魚によるものであり、ブルーグリルで調理されているのもそれらの個体である。

調理方法

アカシアのフルコースの中でも最も調理の難しい食材の一つ。
調理には60万年という膨大な時間がかかるため、時間が限りなくゆっくりが流れる魂の世界で行う必要があり、
金の調理器具霊食を捌ける料理の腕が求められる。

光の速度で逃げるアナザを疲れさせるのに1万年、鱗を取るのに5万年、内蔵を取って血合を洗うのに10万年、一次煮込みに30万年と、
工程の多くを「待つ」という時間が占めるため、料理人にかかる精神的負担は半端ではない。

食材として

裏の世界に味をそのまま持っていける唯一の食材であり、あの世とこの世の架け橋と言える。

食べるとグルメ細胞の悪魔の「舌」が復活し、新たな味覚が開花するとともにグルメ細胞が忘れていた記憶を思い出させてくれる。
極端に言うと石ころでも何でもおいしく食べられるようになり、ニュースなどの味が無い食材の味も認識できるようになる。

来歴

人間界編では、ラブララタックが回収に向かう。

アナザ編では、小松たち人間界の精鋭たちと十貝五人衆が魂の世界で調理に挑む。
60万年という圧倒的な調理時間は小松フローゼグルメ細胞の悪魔の手によって65年に短縮され、無事調理完了。
その後、ブルーグリルの国民皆に食され、魂の取引によって忘れてしまっていた記憶を思い出させた。

GOD編ではトリコたち四天王スタージュン愛丸に実食され、「新たな味覚の開化」を気に入ったゼブラのフルコースの魚料理に決定された。

関連項目