トップページ

ulilith @ ウィキ


このサイトはNorthern Verse (Project9k) さんが開発した音楽プレイヤーソフト
「uLilith(仮称)」のヘルプサイトです。
 (「uLilith」 は "Sound Player Lilith for Unicode OSs(仮称)" の略称です。
  uLilithと同じくProject9kで配布されている「Sound Player Lilith」の後継ソフトです。)


wikiの編集について

 このwikiは誰でも編集することが可能です。
 編集される場合は、ページ上部のメニューの「編集する」のリンクから編集してください。
 なお、非ログインの場合ファイル(画像など)のアップロードが不可能なだけで、ページ編集のみであればログインは不要です。
 (ただし「ページ保存」時に画像認証が必要になります。保存前の「プレビュー」は画像認証欄が空白のままでも実行できます。)
 編集方法については「@Wikiご利用ガイド」を参照してください。
 わからないことも多いのでどうか編集にご協力よろしくお願いします。


uLilithの入手先

2018年11月2日よりuLilithの配布及びサポートはtwitter経由で行われています。
最新のuLilith(Ver.1.0.0)をダウンロードする場合は
project9kのGoogleDriveの「uLilith-Latest」フォルダを開いてダウンロードしてください。

  • 以前はVectorでもインストーラーつきの古い安定版が配布されていましたが、
    現在は配布されていません。

uLilithの導入・使用についての重要注意事項

1. 最新版(Ver.1.0.0)のuLilithをインストールしてください。
(古いバージョンをインストールしている場合、uLilithのファイルを最新のものに上書きしてください。)

以前Vectorで配布されていたインストーラーでインストールされるuLilith(Ver.1.0 Beta.3)は最新版ではありません
project9k公式twitterで7zファイル形式で配布されているもの(Ver.1.0.0)が最新版となっています。

  • 最近作成・公開されたフェイス(スキン)は最新のバージョンのみに対応していることが多いです。
  • Vectorで配布されていたVer.1.0 Beta.3は現在ではかなり古いバージョン(2009年4月公開)になっています。
  • Windows 7でファイルの関連付けが上手くいかない不具合は、Ver.1.0.0では修正されています。
通常の場合、project9k公式twitterで配布されている
最新のバージョン(Ver.1.0.0(2019-01-01))の使用をおすすめします。
(OSが64bitの場合は、Ver.1.0.0のVS2019版(2019-12-07)も使用できます)
古いバージョンや古い日付のuLilithがインストールされている場合は、
最新のuLilithのファイルを『本体その他のフォルダごと全て』上書きしてください。
  • ※古いバージョンからVS2019版(2019-12-07)に更新する場合は、動作に必要なランタイムが変更になっているため、
    上書きせずに古いバージョンをアンインストールしてから
    VS2019版(2019-12-07)を改めてインストールし直すのをおすすめします。

2. uLilithの動作には「Visual C++ の ランタイム」が必要です。

  • project9kのGoogleDriveの「uLilith-Latest」フォルダで配布されている「Ver.1.0.0(2019-01-01)」の場合は、
    「Microsoft Visual C++ 2008 SP1 ランタイム」が必要です。
    • ※Windows 10環境で、他のソフトのインストール状況によっては
      ランタイムのインストール前でも動作することがあるようです。
      まずuLilithをインストールし、uLilith.exeを起動しても動作しない場合は、ランタイムをインストールしてください。
    • ※ReadMe.txtに書かれているランタイムのダウンロード先はリンク切れになっているようです。
  • Microsoft Visual C++ 2008 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ MFC のセキュリティ更新プログラム
  https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=26368
上記Webサイトで「ダウンロード」を押し、出てきたウィンドウで
 通常(32bitOS)の場合と、64bitOSで32bit版のuLilithを使う場合は「vcredist_x86.exe」
 64bitOSの場合(64bit用のuLilithを使う場合)は「vcredist_x64.exe」を選んで「次へ」を押すとダウンロードできます。
ダウンロードしたexeファイルを導入してからuLilithを利用してください。

  • project9kのGoogleDriveの「uLilith-VS2019」フォルダで配布されている「VS2019版Ver.1.0.0(2019-12-07)」の場合は、
    「Microsoft Visual C++ 2019 ランタイム」が必要です。
  • Microsoft Visual C++ 2019 ランタイム
  https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/
上記Webサイトの画面下部の「その他のツールとフレームワーク」をクリックして展開すると出てくる
「Visual Studio 2019 の Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」の項目(展開して出てきた枠のうち上から2つ目)で、
「x64」を選択した状態のまま「ダウンロード」をクリックすると64bit用のランタイムのダウンロードができます。
ダウンロードしたexeファイルを導入してからuLilithを利用してください。


詳しいインストール手順などに関してはインストールのページを参照してください。

なお、作者様に依れば、インストーラーを使用せず、
公式サイトで配布されている7zファイルを解凍したものだけでも動作に問題はないそうです。
※よくわからない人は、インストーラーを使ってインストールしましょう。
 インストールした後で最新のuLilithを『本体その他のフォルダごと全てのファイルを』上書きしてください。
(フォルダの「上書き」に関してはよくある質問の最初のQ&Aを参照してください。)

最新バージョンの配布先は、project9kのGoogleDriveの「uLilith-Latest」フォルダです。
どのバージョン(x64Core2・x64・Core2・x86)を選べばいいのかは動作環境とインストーラの種類を参照してください。
(動作環境を満たしているPCであれば、基本的にはx86を使用することになります。
 PCに搭載されているCPUやOSのバージョンによっては別のバージョンも使用可能です。)
「uLilith-Latest」フォルダの下の「7-Zip」フォルダは7zファイルが、「Zip」フォルダはzipファイルがありますが、
圧縮形式が異なる(7zファイルのほうが圧縮ファイル時の容量が小さい)だけで、展開後の内容はどちらも同じです。
7zファイルが解凍できる環境の場合は「7-Zip」フォルダから、
zipファイルでダウンロードしたい場合は「Zip」フォルダからダウンロードしてください。

※VS2019版(2019-12-07)は、「uLilith-VS2019」フォルダで配布されています。
 VS2019版(2019-12-07)のuLilithは7zファイル形式のみの配布で、zipファイル版はありません。

※7zファイルは「Archive Decoder」というソフトを使用すると簡単に解凍できます。「7-Zip」や「Explzh」などでも解凍できます。

3. 公式twitterで質問をする場合は、以下の点に気をつけてください。

●公式twitterの過去ログを検索して該当のものがないことを再確認する
なお、以下の情報についてはこのwiki内で説明していますので参考にしてください。
  • 動作環境とインストーラの種類
    • 使用中のPCの環境に応じたインストーラのバージョンについて
    • Windows 2000で起動できない場合(gdiplus.dllが無い場合)の対処
  • よくある質問
    • uLilithのフォルダの上書きについて
    • 関連付け・USBメモリへのインストール
    • エラーメッセージへの対処方法
    • 旧Lilithのフェイス(スキン)の使用について など
●不具合報告をする場合は詳しい症状と、使用中のPCの環境を明記する
uLilithの不具合報告はproject9k公式twitterへ書き込んでください。
不具合報告をする場合、以下の情報は必ず明記してください。
  • 不具合が起きる状況(どんな操作をしたときか など)
  • PCのOSのバージョン
  • 使用中のuLilithのバージョン・日付
    (インストールに使用した7zファイルのファイル名。『2012-04-03_x86.7z』など)
また、「uLilithが起動できない」「フェイスの表示がおかしくなる」など
uLilithのウィンドウ・フェイス(スキン)表示(※)に関わる内容であれば
  • CPU・メモリ・グラフィックボード名など
「音声が正常に再生されない」などサウンド出力に関連する内容であれば
  • サウンドデバイス名・ドライバのバージョン
  • 使用している出力プラグイン(DirectSound / WaveOut / ASIO / WASAPI)
の情報も添えて報告してください。
※特定のフェイスのみで不具合が発生する(デフォルトフェイスでは発生しない)場合は、
 まずフェイスの作成者の方に不具合報告しましょう。
 デフォルトフェイスに戻しても不具合が直らない場合はproject9k公式twitterへ報告してください。


Windows 10 対応状況

Ver.1.0 pre-Beta.42015/07/31版から、Windows 10 が動作環境に追加されました。

Windows 8 対応状況

Ver.1.0 pre-Beta.42013/10/14版から、
Windows 8 / 8.1 / Server 2012 / Server 2012 R2 が動作環境に正式に追加されました。
これ以前のバージョンでも Windows 8 での動作は確認されていたようですが、uLilith本体のバージョンによっては
関連付けツール(関連付けを設定するuLilith本体機能)での関連付けが正常にできないことがあったようです。
現在のバージョン(2013/01/18版以降)はVista以降用の関連付けツールが修正・更新されているので
2012年以前に公開された古いバージョンをインストールしている場合は
最新のバージョンに更新して改めて設定し直すといいでしょう。
最終更新:2021年09月06日 20:35