ディズニー データベース

ジム・ディア

最終更新:

wrtb

- view
管理者のみ編集可

ジム・ディア

名前:Jim Dear
デビュー:「わんわん物語」(1955年)

概要

レディの飼い主の男性。妻はダーリング

レディを可愛がっており、手伝いや仕事を任せるなど全幅の心配を寄せている。

エピソード

わんわん物語

ジム・ディアは妻のダーリングに子犬を贈る。子犬はレディと名付けられ、6ヶ月の時に首輪とライセンスを貰う。彼女は人間の家族と近所に住む犬の友達ジョックトラスティに囲まれて元気に育つ。

ある日、レディはジムとダーリングの扱いが冷たくなっていることを気に病む。ジョックとトラスティに相談すると、「二人に赤ちゃんが産まれるので、一時的にレディの扱いが疎かになっているだけ」とアドバイスされる。

ジムとダーリングは新しく生まれた赤ちゃんをレディに優しく紹介し、レディはホッとする。夫妻は赤ちゃんをセーラおばさんに預けて旅行へ出ることに。セーラおばさんは大の犬嫌いでレディをいじめる。

ジムとダーリングが家に帰ってくると、セーラおばさんが子供部屋に侵入した野良犬トランプを野犬収容員に引き渡していた。しかし、ジムとダーリングはレディの様子から、トランプがネズミから赤ちゃんを救おうとしていたことを察する。ジョックとトラスティは収容員の車を追いかけ、トランプを救出する。

その年のクリスマス、トランプは家族の一員となっていた。レディとトランプには4匹の子犬たちが生まれ、ジョックやトラスティと楽しくクリスマスを過ごすのであった。


登場作品

1950年代


2000年代