ディズニー データベース

トラスティ

最終更新:

wrtb

- view
管理者のみ編集可

トラスティ

名前:Trusty
デビュー:「わんわん物語」(1955年)

概要

レディの近所に住むブラッドハウンドの老犬。

レディやジョックと仲が良い。話し好きでリライアブルじいさんの昔話を何度も語っている。また、自分の鼻に自信を持っているが、ジョック曰くトラスティの鼻はほとんど機能していないとのこと。

エピソード

わんわん物語

ジム・ディアは妻のダーリングに子犬を贈る。子犬はレディと名付けられ、6ヶ月の時に首輪とライセンスを貰う。彼女は人間の家族と近所に住む犬の友達ジョックやトラスティに囲まれて元気に育つ。

ある日、レディはジムとダーリングの扱いが冷たくなっていることを気に病む。ジョックとトラスティに相談すると、「二人に赤ちゃんが産まれるので、一時的にレディの扱いが疎かになっているだけ」とアドバイスされる。そこに通りかかった野良犬のトランプは「人間に赤ちゃんが産まれると犬は追い出される」と持論を述べてレディの不安を煽ったため、ジョックとトラスティに追い出される。

後日、レディは意地悪なセーラおばさんに犬小屋に繋がれてしまう。レディは謝罪にきたトランプを追い返すが、赤ちゃんを狙うネズミを見つけるとトランプに助けを求める。トランプはネズミを撃退するが、赤ちゃんを襲っていると勘違いしたセーラおばさんの通報によってトランプは連行されてしまう。そこへ偶然旅行から戻ってきたジムとダーリングにレディはトランプの無実を訴える。野犬収容員の車はジョックとトラスティの活躍によって止められる。トラスティは倒れてしまうが、トランプは解放される。

その年のクリスマス、トランプは家族の一員となっていた。レディとトランプには4匹の子犬たちが生まれ、ジョックやトラスティと楽しくクリスマスを過ごすのであった。


登場作品

1950年代


2000年代