わんわん物語

原題:Lady and the Tramp
公開:1955年6月16日
時間:76分
監督:ウィルフレッド・ジャクソン*ハミルトン・ラスク*クライド・ジェロニミ*



  • 目次

ストーリー

ニューイングランドに住むジム・ディアダーリング夫妻のもとにやってきた、コッカースパニエルのレディはお嬢様として育てられる。ある日、夫妻のもとに赤ちゃん(ジム・ジュニア)が生まれて戸惑うが、それでもレディは家族に愛されて暮らす。

夫婦の旅行中に、ベビーシッターとして犬嫌いのセーラおばさんとシャム猫の双子サイアムがやってきて、レディは嫌がらせを受けてしまう。家を飛び出したレディは陽気な野良犬のトランプと出会う。二匹は、身分の違いを越えて惹かれ合う。

概要

ディズニー長編アニメーション映画第15作。

当時の長編としては珍しい完全オリジナルストーリーで、映画化を視野に入れてディズニーがウォード・グリーン*に依頼して執筆してもらった小説が原作となる。

わんわん物語II』(2001年)がビデオ用続編として製作された。

2019年にはDisney+オリジナルで実写リメイク版『わんわん物語』が配信された。

歴史


1937年、ストーリー担当のジョー・グラント*は、赤ちゃんが生まれたことで家族における飼い犬レディの立ち位置が変わったことに目を付け、ウォルト・ディズニーにスケッチとアイデアを見せた。ウォルトはこれを楽しみ、グラントに『Lady』という新作アニメーションのストーリー作りを依頼する。

その後、なかなかウォルトの満足する物語は生まれなかった。1945年のある日、ウォルトは雑誌『コスモポリタン』に掲載されていたウォード・グリーン*の小説『口笛を吹く犬、陽気なダン*』を読み、レディがダンのような野良犬と恋に落ちればより良くなると提案。早速、権利を購入し、ヒーロー犬の名前をホーマー、ラグズ、ボゾ等の候補の中からトランプに決定する。

製作中、いくつかのキャラクターに変更があった。レディのご近所さんのヒューバートは後にジョックトラスティという二匹の犬に変更された。セーラおばさんのシャム猫であるニップとタックはサイアムに改名した。レディの飼い主の名前はジム・ブラウンとエリザベスの予定だったが、犬の視点を考慮してミスターとミセスとなり、結局ジム・ディアダーリングに落ち着いた。

犬の視点を意識し、飼い主の顔はほとんど登場しないようになっている。ちなみにネズミは漫画的に描かれている。また、レディとトランプには恋の三角関係を成すボリスというキャラクターがいたが、設定は破棄され野犬収容所のシーンに登場することとなった。

オープニングでレディが帽子用の箱に入ってプレゼントされるシーンは、ウォルトが妻のリリアン・ディズニー*とのデートをすっぽかしたお詫びに子犬を帽子用の箱に入れてプレゼントしたエピソードがモチーフとなっている。

1949年、グラントがスタジオを去ると、スタッフたちは4年かけて物語を完成させた。ウォルトはグリーンに映画用のノベライズを執筆してもらい、あらかじめ観客に物語に親しんでもらおうと考えた。

アニメーション

バンビ』(1942年)で本物の鹿をスタジオへ連れてきてスケッチをしたように、本作では様々な品種の犬の研究が行われた。ウォルトは犬がスパゲッティを食べるシーンを馬鹿馬鹿しいという理由でカットしようとしたが、フランク・トーマス*がレイアウトなしでロマンチックなシーンを実現したことに感銘を受け、採用に至ったという。

本作の背景画はメアリー・ブレア*が担当していたが、彼女は1953年に絵本作家になるためにディズニーを退社した。跡を引き継いだクロード・コーツ*は犬の視点を重視して人間の家を描いた。後に『眠れる森の美女』(1959年)で印象的な背景画を描くアイヴァンド・アール*もスパゲッティのシーンのために50枚ものコンセプト・スケッチを描き、映画史に残る名シーンに貢献した。

キャスト

初公開版 再公開版
レディ バーバラ・ルディ 宝田薫 藤田淑子
トランプ ラリー・ロバーツ 小林桂樹 中尾隆聖
ジョック ビル・トンプソン(台詞)
スターリング・ホロウェイ(歌)
三津田健 槐柳二
トラスティ ビル・バーコム 鈴々舎馬風 滝口順平
セーラおばさん ベルナ・フェルトン 堀越節子 京田尚子
ジム・ディア リー・ミラー* 三木鶏郎 佐々木敏
ダーリング ペギー・リー 里見京子 戸田恵子
ペグ ペギー・リー 北原文枝 天地総子
サイ ペギー・リー ナンシー梅木 天地総子
アム ペギー・リー ナンシー梅木 天地総子
トニー ジョージ・ギボット 中村哲 熊倉一雄(台詞)
池田直樹(歌)
ジョー ビル・トンプソン 市村俊幸 はせさん治(台詞)
加賀清孝(歌)
ブル ビル・トンプソン 古今亭今輔 今西正男
ダクシー ビル・トンプソン 逗子とんぼ 山崎哲也
ボリス アラン・リード 大平透 佐古正人
ペドロ ダラス・マッケノン* 永六輔 八代駿
タフィー ダラス・マッケノン 千葉信男 永井一郎
ビーバー スタン・フリーバーグ* 坊屋三郎 辻村真人
警察官 ビル・トンプソン 峰恵研
野犬収容所員 リー・ミラー 浜口庫之助 村越伊知郎
教授 ダラス・マッケノン 八代駿
ペットショップの店員 スタン・フリーバーグ
アル サール・レイブンズクロフト* 仁内建之
ジム・ジュニア - - -
スキャンプ - - -
アネット 坂本真綾
コレット - - -
ダニエル - - -
ナッツィ - - -
ジムの友人 沢りつお
峰恵研
八代駿


※再公開時の同時上映は、『オリビアちゃんの大冒険』『ミッキーの大演奏会』。

用語集

ロケーション


楽曲

最終更新:2022年04月24日 22:56