※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

★覚え書き

 作品の制作途中なんですが、MMDにおいて気が付いたこと、自分なりのコツとかを書いてみようと思います。
 私もまだまだ未熟者。大したことは知りませんが、今からMMDを始めよう! と言う方のお役に立てれば幸いです。
 図解とか面倒くさいのでw文字情報の箇条書きでごめんなさい。

★掲示板でいきなり質問しない方が良いです。
 なぜなら、あなたの疑問は既に回答がネットに存在するからです。
 ググれば、待ち時間無しで答えが返ってくるからです。

★MMD講座タグの動画をどんどん見ておきましょう。
 MMDのお披露目動画(前・後)も振り返ってみましょう。

★センター・IKとは空間に刺した押しピンのようなもの。
★その押しピンに脚とか体が繋がっています。
★場所移動するときは、そのセンターやIKを動かします
 (モデルに全ての親が無い場合)
★だから、IKの付いてる足は、自由に動きません。

★ボーン操作するとき、マウスの操作はマウスの上下移動だけに対応します。
★ボーンを回転させるために、マウスをぐるぐる回す必要はありません。
★マウスの左右に反応するのは[移動]ボタンを押してつまんで動かす時だけです。
★慣れてくると、右下のXYZ・XYZマークによる操作だけで全部出来ます。

★XYZ
 ① 上段はボーンの回転。
 ② 下段は移動。IKにしか使えません。
 ③ マウスの左ボタンで押すと、マウスカーソルが消えて、回転・移動モードになります。
 ④ ボタンを放すとモード終了。
 ⑤ いずれも「マウスの上下移動」で動きます。左右の動きには反応しません。

★ボーンを選択するとき、右のフレーム表にある名前を選択すると楽な場合があります。
★ボーン表示がごちゃごちゃして判らないとき、[選択]ボタンのロックを外して、フレーム表で選択した方が判りやすいです。
★シフトを押しながら複数選択も出来ます。

★モデルの向きを変えるとき
 ① センターを選択
 ② 全てを選択 → 画面の左上、Bone:の右に“センター”が表示されていることを注目。
 ③ 回転させると、センターを中心に全身が回転します。
 ④ 他のIKを中心に回転させることも可能です。右足でスピンとか。

★とっても手抜きな歩かせ方(全ての親無しモデルで)
 ① センターを前進させます(Z値の操作)。足のIKはそのままです。
 ② 片足のIKを①のセンターより前に出します。すると、歩いている途中のポーズになります。
 ③ その状態でフレーム登録
 ④ 数フレーム先で、②の片足IKより前にセンターを前進
 ⑤ 更に、もう一方の片足をセンターより前進
 ⑥ あとはその繰り返し。
 ⑦ すり足なのが気になったら途中で浮かせたり、腕を振ったり、お好みで演出してくださいね。
 ⑧ 腕を振るのが面倒なら、腕組みしたり手を後ろで組んだりさせると楽。

★とっても手抜きな歩かせ方・その2
 ① 開始地点でフレーム登録
 ② 移動したい場所に、到着したい時間(フレーム)まで全身を移動させてフレーム登録
 ③ すると、すーっとキャラが移動するモーションが出来上がり。
 ④ 後は、足を交互に移動するモーションを補完
   (1) 片足を数フレーム前のフレームからコピー
   (2) もう片方を先のフレームからコピー

 ※ この方法なら、好きなスケジュールでモデルを移動させることが出来ます。
 ※ ただし、あまり仕上がりが綺麗になりません。
 ※ 自動生成されるモーションは速度が一定じゃないので注意して下さい。
 ※ 歩かせ方というより、モデルの方向転換などに多様しています。

★腕組みのポーズを作成して保存しておいて下さい。
★パーの指の形を保存しておいて下さい。
★両手グー、両手パーを登録しておいてもいいかも。
★つまり、自分がよく使うポーズをどんどん保存しましょう。
★その動画だけのポーズを保存しておくのも可。
★Ver5.21以降においてD&Dに対応されました。
 ポーズやモーションなどはファイルを投げるだけで選択モデルに反映されるようです。
 上手く使えば、天と地ほど作業効率が変わるかも。

★左下のグラフ(名前なんだっけ)について
 ① 登録ボタンはありません。グラフを変えると既に登録されています。
 ② フレーム登録するとリセットされるので注意して下さい。
 ③ AフレームからBフレームまでの値の変動を表しています。
 ④ 縦軸が値、横軸が時間です。
 ⑤ B側(つまり新しい方)に登録します。
 ⑥ その上のフレーム表の、選択されて赤くなった菱形に登録されます。
 ⑦ 複数の菱形にまとめて登録できます。
 ⑧ 大抵、動きがカクカクするのが気になったときに使ってます(私が)。
 ⑨ S字っぽい形にしておけば、なんとかなります。
   (ゆっくり始まり、途中は早くて、ゆっくり終わる)

★MMD習得コース(私の)
 ① まず、モデルを読み込んで鑑賞。
   部屋を閉め切って思う存分のパンチラタイム。
 ② いわゆるLove&Joyの音声をWavファイルで入手。
   続いて、WikiからLove&Joyのモーションをゲット。
   MMDでWavファイルを読み込み、
   好きなモデルに0フレームからモーションを貼り付けます。
   それだけで、綺麗に曲に合わせて踊るはず。
   どんどん好きなキャラを増やしてみましょう。
   キャラ配置は、モデル読み込み → モーション読み込み →
   フレーム編集メニューの一番下、センター位置バイアス付加で、
   モデルを中心からずらします。
   (1) 左側フレーム操作窓にて、全てのフレームを選択
   (2) センター位置バイアス付加で座標を加算

   そして、自分の好きな視点にカメラ移動。
   これがモーション作りの練習にもなります。

   それだけの作業で、こんな大惨事の出来上がり。

 ③ 次にウマウマでモーション作成に挑戦
   
   ありがたいことに、動画上にてコンコンと噛み砕いて解説して頂いてます。
   これが理解出来れば、歩行、バク転、木登り、肩車、なんでもござれ。
















最終更新:2009年10月27日 19:00