フランツィスカ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報



略歴

代々神官をつとめるシェレンベルク家の次女として生まれる。母から翼を受けついだ翼在りし者である。
シェレンベルク家には、破壊の神座 であるガウデバに関する書が眠っており、倉庫で埃をかぶっていたその書を見つけ出したフランツィスカは、両親も知らなかった古文書を自室に隠し、このガウデバを見つけることを目的にしていたといわれる。
素直で平凡だった姉とは正反対であり、攻撃的で法術の才能に恵まれたフランツィスカは両親に反発を繰り返し、15歳のころにはもはや両親の魔力をも凌駕し、手がつけられなくなっていた。

1700年ごろに家を出て、ティネゼリア政治警察へ入隊。ルーン国との国境付近で、レジスタンス狩りやスパイ狩りで多大な成果を挙げ、警察幹部の副官にまで出世する。
政治警察時代のフランツィスカは、逮捕したレジスタンスやスパイに必要以上の拷問と虐待を加えていたが、この組織では拷問も虐待も合法であったため、そこまで問題とはならなかった。
このころから、彼女の残虐な性格がよく現れていたといえる。
1737年に、ティネゼリア国がロヴェリア遠征の準備を始めると、ガウデバを探すチャンスとばかりに政治警察を退官し、ロヴェリア遠征に従軍して、密かにこのガウデバを見つけ出す。
破壊神とも呼べるその存在は、普通なら危険なものとして処理されるが、彼女は自分と共にこの危険な玩具に魅了される者を探す為、まずはヴァン・フレイ国に入国する。

しかし、ヴァン・フレイ首都の街角でぶつかった男と口論になり、炎の法術で攻撃。男を全身火傷の半殺しの目にあわせる。通報から駆けつけた警備隊から逃亡するも、2時間後に疲弊したところを逮捕された。
そこで、囚人部隊を指揮するゴトラスに見初められ、自由と引き換えに囚人部隊への参加を要請される。ここで手柄をあげれば国の上層部へ近づけるチャンスと、囚人部隊へ参加。
ノスタル高原の戦いへ従軍し、ゴトラスの指示を無視してガライザラの騎馬隊を炎の法術で追い返す。勝手な行動をゴトラスから咎められるも、フランツィスカはむしろ敵を撃退した自分に感謝しろと猛反論し、ゴトラスに修正される。
表向きはゴトラスの叱責を受け入れたが、内心でゴトラスに激しい恨みを抱く。この怨恨が、後に2人を引き合わせることになる。
フェローラの戦いでは、強襲部隊に従軍。砦の局地戦で「敵兵を逃すな」という指令を必要以上に守り、逃走する守備兵への虐殺を行う。この行為にさすがのゴトラスも顔をしかめたと言われている。
フェローラの戦いにて、罪状が消滅したフランツィスカは、ヴァン・フレイ国を後にてクレアティボ国へと渡る。

クレアティボに仕官したフランツィスカは、早く発言権を得るため、戦略会議に出席する将軍に賄賂を渡し、戦線を拡大させる。
レフティアの戦いでもその戦いぶりは変わらず、わずか200名の法術部隊で次々と敵部隊を打ち倒すも、部下を省みない戦い方は消耗も激しく、後衛の部隊と交代したときには、その数はわずか40人になっていた。
その後、味方の防衛網を破って突撃してきたアストリア国軍の勢いを見て、これは止めきれないと悟ると、迎撃を指示し、自らは翼を使い逃亡。見捨てられた40名の残存兵はアストリア軍の突撃で壊滅した。
本陣まで逃げ戻ると、浮き足立っていた本陣部隊の一部を勝手に指揮して追撃して来たアストリア国軍を撃退。レフティアの戦いは幕を閉じる。
戦後処理で、味方を見捨てて逃亡したことを非難されるも、本人は悪びれもなく「たった40名の兵では、食い止められないのは明白。だったらそれを盾にして時間を稼ぎ、後衛の遊んでいた兵力を有効に使って撃退したほうが確実だった」と、非を認めるどころか、逆に浮き足立っていた本陣部隊の指揮官を非難した。
結果的に、200名の部下を全滅させながらも、その倍以上の損害をアストリア国軍に与えていたため、この行為は不問となった。

その後、アストリア国へ攻め込むために必要な橋頭堡として、レセッソ国へ攻め込むが、この時も占拠して利用する筈だった敵軍の砦や食料を、気まぐれで燃やし、指揮官と正面から対立、疎まれた挙句、僅かな兵で敵軍の前に送り出されるという、戦死を期待される作戦を受ける。
彼女は自分を一旦戦死したことにさせ、密かにクレアティボ国に帰還、リルムに破壊をつかさどる神座ガウデバの存在を知らせる。
リルムは、病的なまでの潔癖症で、穢れの消えない世界なら、なくなってしまえばいいという過激な考えを、心の奥底に隠していた。それを見抜いたフランツィスカは、ガウデバという存在により、彼女の奥底に眠る願望を目覚めさせた。

1741年、ヴァン・フレイ国との決戦であるリーズライディの戦いに参戦、この時、総指揮官ヴェスパーを差し置いて、リルムからガウデバを好きに扱っていいという密命を受け、彼女はついにこの破壊神を戦場に投入、ヴァン・フレイ国軍を恐怖のどん底に落としいれ、かつての私怨のあるゴトラスを見つけ出し討ち取るが、ガウデバが眠りより完全に覚醒し、「寝ぼけ状態」の自分に好きに命令をし続けていたフランツィスカに怒りを感じ、彼女を捕まえると、そのまま握りつぶしてしまう。
自分が眠りから目覚めさせたのに、恩を仇で返された形となったが、それはまさしく彼女の人生そのものを投影していた。

人物

  • 性格は残虐で冷酷。フェローラの戦いでは逃走する守備兵を虐殺。レセッソ国境戦では数で勝負が決まると判断し、戦場を迂回してレセッソの退路へと回り込む。フランツィスカの予想通り、レセッソ国軍はクレアティボ国軍の本隊に敗北。敗走するレセッソ国軍を待ち伏せしたフランツィスカ部隊は、負傷兵も残らず焼き尽くし、壊滅させた。
  • 上記の行動から、後世の歴史でも悪女として名高く、負の歴史を紹介した書籍等では、たびたびその名前が出てくる。
  • フランツィスカの血統についてだが、父は人間で、その両親もともに人間である。母は翼在りし者だが、魔族と翼在りし者のハーフであったことがわかっている。姉は翼を持たないが、魔族の血が強く出た人間と魔族のハーフの特徴を示しており(1816年に140歳で病没)、シェレンベルク家は複雑な混血であったことがわかる。

関連項目


最終更新:2011年04月22日 19:29