ヴァン・フレイ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


正式名称 / 統治体制

ヴァン・フレイ連邦王国 / 君主制

エンブレム


国の正式なエンブレムとは別に、ルナティス時代に多用された聖なる魔女のエンブレムが存在し、六界戦争を舞台とした戦記ではこちらの紋章が使われている。

基本情報

  • 人口 約680万
  • 宗派 軍神バルドーラ

特徴

アルファガルドーラ大陸西側に位置する。
法術研究が格段に進み、更にそれを聞きつけた他国の高名な魔導師が集まることから「魔導国家」と呼ばれている。互いに信頼関係があるとはいえない東方諸国に置いて、数少ない義理固い国。
実際はヴァン・フレイとその他小国からなる連邦だが、全てをまとめて「ヴァン・フレイ連邦王国」と認識されている。

800年頃、周辺の民族が集まり、ヴァン・フレイ国として建国される。
世界大戦時代になると、イスタル国の要請を受け、共にメッツ帝国に対しての牽制部隊を派遣するが本格的な戦いはほとんど行わなかった。
その友好国イスタルメッツ帝国に侵略された時は、艦隊を派遣してリオナ海海戦を指揮、法術を使った艦隊は当時の他国艦隊の性能を凌駕し、メッツ帝国艦隊を撃退する。この恩から現在でもヴァン・フレイの船はリオナ運河を無償で通行できるが、ヴァン・フレイを名乗る別国の船の出現が最近彼らを悩ませている。
1737年、最高責任者の地位にいた「聖なる魔女」と呼ばれる高名な魔導師ルナティスは、そのカリスマ性と先見力で、世界を大きく動かし始める。
魔王として君臨していたガルゾーマを、奇襲によって討ち取り、フェローラ国を中心に形成されていた諸国の連鎖に大きな楔を打ち込んだ。
その後も、世界の動乱を裏から操り、六界連合軍の結成に大きな影響力を与え、事実上アルファにおける連合軍の中心国となった。
しかし、主力部隊が不在中の1744年、クレアティボ国の強襲によるジョルディアの戦いにてルナティスを失い、首都も炎上。周辺諸国の協力もあって復興を成し遂げるが、それ以後はかつての威光は失わることとなる。

歴史

  • 800年頃 周辺の民族の連合により建国される。
  • 877年 世界大戦時代の到来、イスタル国と共同でメッツ帝国に牽制部隊を派遣する。
  • 912年 世界大戦時代の終幕。
  • 1000年頃 この頃から魔導国家と呼ばれるようになる。
  • 1225年 リオナ海海戦メッツ帝国艦隊を撃退。
  • 1250年 更に周辺諸国が集まり、ヴァン・フレイ連邦王国となる。

1737年時の勢力図 (クリックで拡大)

主な出身者


この国を舞台とした物語


最終更新:2011年04月22日 20:11