ゴトラス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

ヴァン・フレイ国の将。元々は罪人だったが、手柄と引き換えに減刑されるという囚人を集めた部隊を指揮する。自身の罪は既に消えているが、部隊に留まり、指揮を続けている。

1737年、罪人だったフランツィスカを将軍に推挙する。単に彼女の法術能力の高さを買ってのことだったが、これが後に彼の人生を狂わすこととなる。
ノスタル高原の戦い、そしてフェローラ強襲作戦にフランツィスカを率いて参戦、彼女の独断的な行動に反発し、時には修正を加えながらも、共に戦果をあげていく。
フランツィスカが戦果により罪が消されてヴァン・フレイ国を去っていた後も彼は罪人部隊を指揮し、リオナ海の戦いにも参戦した。

更にアリアス国の内乱に介入、マイドルシンの戦いに勝利するが、ゴトラスの部隊は半壊し、元々罪人部隊であった彼の兵士はアリアス国に山賊として潜伏し、アリアス国で迷惑をかけることとなる。

その後もヴァン・フレイ国軍の中枢としてフィヨルドの戦い では、特攻してくるイクルテイに矢の雨を浴びせて討ち取る活躍を見せるが、1741年11月、アルファの実質上の主導権を決める決戦となるリーズライディの戦いに参戦、この戦いでかつて部下だったフランツィスカは、ゴトラスへの私怨を晴らすため、混戦の中彼を探し出して討ち取った。

人物

  • 彼が、罪人部隊に残留し続けたのは、自らの半生を振り返り、一人でも多くの罪人を更正させようとした為である。

関連項目



最終更新:2011年04月22日 15:49