黒耀騎兵団

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

黒耀騎兵団とは、ガライザラシオンが作り出した部隊である。
騎馬民族の為、全軍を騎馬部隊で固めたが、その鎧を黒一色で固めたことから名づけられた。
黒一色の波の中に、シオンイクルテイグラーバルといった将が立つ事で、彼らがよけいに引き立てられた。
一説によればゴルギウス直属の騎馬部隊も黒備えの武具で身を固めていたとされ、シオンが全軍を黒一色で統一したのは猛将として名高い父親にあやかったためとも、自らがゴルギウスの後継者であることを対外的に示そうとしたためともいわれている。
後にフェローラアリアスに潜伏していたガルゾーマの残党を糾合することで勢力を拡大したが、急速な成長はバシュタルクの危機感を煽ることにつながり、皮肉にもガライザラ内乱が勃発する火種となった。

関連項目


最終更新:2011年04月22日 13:58