ラディナ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

クルーディア帝国染都将軍。
ソフィードの戦いにおいて、ラグと共に第6部隊の副官を務めていたが、指揮官の無謀な攻撃によって部隊は半壊、残存部隊を率いて撤退中を、第8部隊のグラスシードに救われた。
半壊した第6部隊は第8部隊に吸収され、以後グラスシードの部下となる。
その後、シグリア攻略戦ランドヴァルク作戦において、グラスシード部隊の将軍として活躍する。

グラスシードのお供として帝都に赴いたとき、皇太子であるケルカと出会う。まだ幼少で、悪戯盛りだったケルカは、メイドたちを振り切って城内で1人で遊んでいた、そこに出会ったラディナが、外で遊びたがっていたケルカを連れて遊んだのがきっかけであるが、これが後の戦いで、大きな鍵となる。

その後、牙谷の戦いにてパレス滅亡に、サムルトン遠征にてサムルトン滅亡に大きな功績をあげと、論功によって帝都の帝室近衛隊長に任命される。
当初はこの人事を不思議に思ったラディナだが、皇帝ファルスに、「皇太子ケルカがお前になついている」と言われて納得した。

フェリサスによるクーデターが起きると、ケルカ皇太子とカオスクラウンを奪取して帝都より脱出、これがグラスシードによる反撃の最大の旗印となり、カオスクラウンの戦いを勝利へと導く大きな要因となる。

グラスシードが皇帝になってからも、変わらずに仕えるが、グラスシードは、それまで配下の将軍と友人の様に付き合っていたのが嘘の様に権威を振りかざす様になり、そんな彼との間に摩擦を感じ始めたラディナは、徐々に距離を置くようになった。

人物

  • 損得感情よりも気の向いた方へ動く好奇心旺盛な娘。打算より好奇心でグラスシードに荷担する。
  • ラグとは良き悪友として様々な事件を起こしてきた。

関連項目


最終更新:2013年04月16日 01:49