Extinction武器一覧



武器システム


ロードアウトのページも参照のこと。

Extinctionで入手できる武器は、基本的に以下のような特徴がある。

1)
武器はマップの各所に配置されていて、基本的には敵を倒して得たキャッシュ(お金)を使って購入する。
過去作『Call of Duty : Black Ops』に搭載されていたゾンビモードを概ね踏襲したシステム。
武器によって価格が異なるのも同様。
また、初期装備のピストルは捨てる事が出来ず、自由に選んで装備できる武器枠は初期は一つだけ。
無論、新しい銃を手に入れた場合、今まで持っていた銃は失ってしまう。

2)
弾薬の補充は、アビリティの弾薬箱によって行う。
ゾンビモードとは異なり、所持する全ての銃を一括でこの方法で補充する事になる。
弾薬箱以外では、サーチによって弾薬類を発見できた場合も補充可能。

3)
アタッチメントは、マップにランダム配置されている小箱をサーチする事によって発見できる。
「サイト」「バレル」「アンダーバレル」「モッド」の4部門に分かれており、競合が無ければ同時装着が可能。
競合する場合は現在装備しているアタッチメントと入れ替える形になる。
交換後のアタッチメントは地面に置かれ、再取得ができる。
また、アタッチメントを入手する度に武器に迷彩がランダムに施され、サイト類のレティクルも変更される。
一部の武器は迷彩が変わらない。

4)
Extinctionでは、ゾンビモードには無かった「チャレンジ」という重要な概念が存在する。
その為、ひたすら高性能な武器を使い続けていれば良いものではなく、
チャレンジの内容によっては使用する武器を頻繁に入れ替えながら戦う必要がある。


アサルトライフル

性能差はあるが平均レベルにまとまっており、どれを使っても安定した戦い方が出来る。
武器名 弾数
(最大数)
発射モード リロード時間
(sec)
必要キャッシュ
AK-12
40/120(320) フルオート 3.267(3.6) $1500
登場MAP:Point of Contact
集弾性が高く、装弾数の多さが利点。
威力は平均的で低レートなので、瞬間火力は低い。
スカウトやシーカー程度なら排除は楽だが、ハンターやスコーピオン、それ以上の大物相手はやや辛い。
リロードの遅さも隙を晒しやすい。
しかし、アタッチメントを拾って上手く強化していければ、最後まで通用するポテンシャルは充分にある。
アタッチメントは特にラピッドファイアがお勧め。
SC-2010
24/72(192) セミオート 2.8(3.3) $1500
登場MAP:Point of Contact
セミオートで、命中率と威力が高い。
他のARより威力がやや高いが、弾数が少なく瞬間火力も乏しい為に扱いが難しい。
バーストを装着すると劇的に使いやすくなり、MRより連射が利くので光学サイトやグリップも揃えばスコーピオン狩りに最適になる。
率先して拾いたいほどの高性能とは言えないが、弱くは無いので好みでしばらく使ってみるのも面白い。
セミオートのため、ラピッドファイアは装着不可。何故かマズルブレーキも装着不可。
SA-805
30/90(240) フルオート 2.76(3.76) $2000
登場MAP:Point of Contact
平均的性能の使いやすいAR。
威力・射撃レート共に優秀で、アタッチメントで強化していけば最後まで戦い抜ける性能。
弾数はLMGに劣るが、リロード速度や機動性では勝るため、敢えてこちらを選んだ方が戦いやすい事もある。
Honey Badger
35/105(280) フルオート 2.63(3.16) -
登場MAP:なし
サイレンサーを内蔵したAR。
弾数がAK-12に次いで多く、射撃レートは高めでリロードが早く、なかなかの高性能。
発砲音が静かなので、射撃中でも敵の接近を察知しやすい地味な利点もある。
威力がやや低く、消費弾数が多い点には注意。
使いやすいARだったが、DLC第4弾配信に伴い実装されたアーマリー「マスタースカベンジャー」の都合上からか、PoCではAK-12、MayDayではARX-160に置き換えられてしまい、現在、Extinctionにはカオスモードにしか登場しない。
Maverick
40/120(320) フルオート 2.5(3.25) $1500
登場MAP:Nightfall / Awakening / Exodus
ごくごく平均性能のAR。
使用感はリロード速度が改善されたAK-12。威力は別段高いわけではないが、良好な集弾性と豊富な装弾数を持ち合わせているため、終盤まで持っていっても苦しくない。
ただ、遠距離戦になったり、地味に硬いハンターに囲まれた時などの突破力はやはり少々劣る。
ラピッドファイアを装着できれば欠点が少なくなり、使い勝手が向上する。
Nightfallの冒頭に置かれているものは、第一エリアの4つ目のハイヴ破壊と同時に消滅し購入不可になる。
Nightfallの冒頭に置かれているものを除き、フィールドに置かれている状態の外見がSRのMaverick A2になってしまっている。
ARX-160
30/90(240) フルオート 2.867(3.23) $2000
登場MAP:Nightfall / Mayday
高レートによる高い制圧能力がウリのAR。
Honey Badgerと性能が似ている。
装弾数が少ない分、一発の威力がそこそこ高いが、威力減衰がSMG並みに早いので交戦距離に注意。
弾の消費が非常に早いため、メインで運用するなら自分で弾薬箱を出し続ける覚悟を。
マルチでは付いているレーザーサイトは点灯しておらず、特に腰だめ精度が良い訳ではない。
アタッチメントは拡張マガジンが抜群に合う。ラピッドファイアは装着しない方が使いやすいかもしれない。
Remington R5
40/120(320) フルオート 2.46(2.83) $2000
登場MAP:Awakening / Exodus
低レートで弾倉容量の大きいAR。
ARの中でもかなりの性能を持ち、どんなアタッチメント(バースト以外)を装着しても抜群の扱いやすさを誇る。
さらにアークを装着したならば、もはや敵なし。

サブマシンガン

ARと並んで扱いやすいジャンル。射程はARより短いが、機動性が高いのでヒット&アウェイに向く。
どれを使っても、アタッチメントは特に拡張マガジンがほしいところ。
武器名 弾数
(最大数)
発射モード リロード時間
(sec)
必要キャッシュ
Vector CRB
30/120(300) フルオート 2.1(2.7) $1500
登場MAP:Point of Contact / Nightfall
レートは並だが高い近距離火力を誇る。
リロードがかなり早く、集弾性も悪くない。
おまけに機動力も確保されているので、動きながらの戦闘が多いExtinctionでは抜群の使いやすさがある。
所持弾数が多いのも利点。上手く使いこなせばAR以上の活躍を見せる。
Vepr
32/96(256) フルオート 2.49(3.3) $1500
登場MAP:Point of Contact / Nightfall
集弾性の高いSMG。
威力減衰がかなり早いが、レートがやや高めの割りに反動が小さいので、どの距離でも同じ程度の弾数で敵を倒すことが出来る。
どのアタッチメントを装着しても比較的使いやすい。
SMG全般のデメリットとも言えるが、弾の消費が激しいのが難点。
Bizon
36/108(288) フルオート 2.47(3.1) $2000
登場MAP:Point of Contact
装弾数が多く連戦に強いSMG。
レートが高く弾数も多い為、瞬間火力に優れている。しかし、弾切れもかなり早い。
CBJ-MS
32/96(256) フルオート 2.74(3.45) $2000
登場MAP:Point of Contact / Mayday
SMGとしては最高のレートを持つ。
マルチとは異なりAP弾は標準装備されていないが、レートが非常に高くスカウトを一瞬で倒せる。
しかしながら燃費が非常に悪く、弾薬箱をかなり強化していないとキャッシュ赤字は避けられない。
拡張マガジンを装着すると飛躍的に使いやすくなる。
MTAR-X
40/120(320) フルオート 2.42(3) $2000
登場MAP:Point of Contact / Mayday
高い威力と豊富な装弾数が利点。
リロードも速めで、SMGの中ではVectorに次いで使いやすい。
アイアンサイトがかなり見づらいので、光学サイト類は早めに見つけたい。
中盤以降にしか配置されておらず、あまり出番が無いのが残念。
Ripper
32/96(256) フルオート 3.1(3.33) $1500
登場MAP:Mayday / Awakening / Exodus
覗き込み中に格闘ボタンでARモードに変えられる。
Maydayのみ「Ripperカスタム」という名称で配置されているが、購入するとただの「Ripper」でカスタム表記は無いため、実際はカスタムされていない模様。
ラピッドファイアを装着した場合はARモード、拡張マガジンを装着した場合はSMGモードにすると使いやすい。
サイト類アタッチメントは装着不可だが、サイトの視認性は良好なので問題無いだろう。
あくまでSMG扱いで、ARモードでも「アサルトライフルで倒せ」チャレンジにはカウントされない。
K7
30/90(300) フルオート 2.17(2.85) $2000
登場MAP:Awakening / Exodus
サプレッサーが内蔵されたSMG。Extinctionではサプレッサーのメリットはあまり無い。
弾切れは早いが、全体的に使い勝手は良好。
アタッチメントは特にグリップと拡張マガジンが合う。
Honey Badgerとは異なり、マズルにアタッチメントを装着可能。
威力がやや高いので、ウェポンスペシャリスト以外でも安定した活躍を見せる。

ライトマシンガン

非常に多い弾数が特長で、火力とコストパフォーマンスは抜群。
ただし、リロードと移動速度が遅いので、立ち回りにはやや工夫が必要。腰だめ精度も低い。
主力に使う場合はウェポンスペシャリスト+3以上推奨。
武器名 弾数
(最大数)
発射モード リロード時間
(sec)
必要キャッシュ
M27 IAR
100/100(400) フルオート 4.2(5.16) $3000
登場MAP:Point of Contact
豊富な装弾数とLMGにしては速いリロード速度が売りのLMG。
ほぼ必携と言っても良い武器。
威力とレートは平均レベルだが、弾数が非常に多いので連戦に強く、弾薬箱の補給数もかなり多い。
ARと同様にほぼ全てのアタッチメントが装着可能なので、カスタムすればラストまで活躍する。
アイアンサイトの視認性も良好。
装備中は移動速度が大きく落ちることには注意。ダッシュする時はピストルに持ち替えよう。
Chain SAW
100/100(400) フルオート 7.21(8.06) $3000
登場MAP:Point of Contact / Nightfall / Mayday / Awakening / Exodus
高い火力を誇るLMG。
レートが速く威力が高いので、終盤の激戦で大活躍する。4人全員で装備していればライノ相手でも楽。
欠点として、リロードがかなり長めで隙を晒しやすいことと、ADSが不可能で遠くの敵を狙いにくいことが挙げられる。万能型のM27とは異なり、少々テクニックが必要な武器。サイトとアンダーバレルのアタッチメント不可。
ウェポンスペシャリストであれば欠点が少なくなるので、最強武器の一つとなる。
LSAT
100/100(400) フルオート 7.67(8.36) $3000
登場MAP:Nightfall / Mayday
レートの速いLMG。
連射速度が速く集弾性も高いので、万能型。遠距離戦でもさほど苦労なく敵を倒せる。
しかし威力があまり高くなく、LMGにしては燃費があまりよろしくない。
Ameli
100/100(400) フルオート 6.61(7.51) $3000
登場MAP:Awakening / Exodus
Chain SAWやLSATより低レートでリロードも少し速いので、ウェポンスペシャリスト以外でも若干扱いやすい。
反動が強烈なのでグリップは欠かせない。
1発辺りの威力が高いので、ウェポンスペシャリストはラピットファイア、他は拡張マガジンがいいと思われる。


マークスマンライフル

一発の威力に優れたライフル。デフォルトでアイアンサイトが装備される。
ロッカーから出てきた時は使ってみてもよいが、Awakeningを除いて武器チャレンジで指定されないので、キャッシュを払ってわざわざ買うのは少々勿体無い。命中率チャレンジの際は意外と使える。
武器名 弾数
(最大数)
発射モード リロード時間
(sec)
必要キャッシュ
MR-28
8/24(64) セミオート 2.17(2.64) $2000
登場MAP:Point of Contact / Nightfall
非常に高い威力のMR。
マルチと性能が大違いで、レートが低く(200発/m前後)装弾数も少ない代わり、最大威力圏内かつダメージカットなしだとスカウトを一撃で鎮圧する威力がある。所持弾数は少ないが実際の燃費はそれほど悪くなく、リロード速度も速い。
だが威力減衰がやや早く、最低威力は貧弱なので、MRなのに近距離向けというクセがある。
バーストを装備すると性能が変わり、高速2点バーストになり装弾数が12に増える。ただしどのMRもバースト装備により威力が低下してしまうので、発見しても取得するかどうかは一度よく考えたほうが良いだろう。
アークを装着することにより、かなり高性能な武器になる。威力が高くなり、射程内ならハンター、スコーピオンを2、3発で倒せるようになる。
ぶっちゃけ、Bulldogの上位置換といえる。ライノの相手だけはBulldogに怠るが、それ以外に関してはリロード、装弾数、射程などがBulldogより上なので、ウェポンスペシャリスト以外でも使いやすい。
Maydayに置かれていたものは現在はVKSに差し替えられており、登場しない模様。
IA-2
21/63(168) セミオート 2.67(3.19) $2000
登場MAP:Point of Contact / Awakening / Exodus
高い威力と豊富な弾数のMR。
MR-28より威力は据え置きだが、装弾数所持弾数ともに豊富で安定している。しかしバーストを装備すると威力低下により劣化ARになってしまうので、装備しない方がMRの特長を活かして戦える。武器切替がSR並みに遅いのが欠点で、ウェポンスペシャリスト以外は使わない方がよい。Extinctionではマークスマンライフル最速の射撃レートを持つ。
SVU
21/63(168) セミオート 2.45(3.72) $2000
登場MAP:Nightfall
IA-2と同等の性能のMR。
リロード速度が違うだけでIA-2と性能は変わらない。ロッカーから出てくることもしばしばなので、いざという時はこいつと仲良くする準備をしよう。Maydayに置かれていたものは現在はVKSに差し替えられており、登場しない模様。
MK14 EBR
21/63(168) セミオート 2.55(3.64) $2000
登場MAP:Awakening / Exodus
IA-2よりやや高性能。特にこだわりがなく、MRを使うというのならこちらを選んでも良い。


スナイパーライフル

スコープが装備され、高威力のライフル。
ただし全体的に連射が効かないので、連戦はやや辛い。
アーク/拡張マガジン以外アタッチメントは一切装備できないので、スコープによるクイックショットに慣れる必要がある。
ウェポンスペシャリストとアーマリーのスナイパーデッドアイによる威力強化がなければ利点を活かしにくい。
スナイパーデッドアイが無い場合は、ほぼスナイパーライフルチャレンジ専用だと思った方がよい。

ロッカーからは出現しない。命中率チャレンジの際は意外と使える。
武器名 弾数
(最大数)
発射モード リロード時間
(sec)
必要キャッシュ
VKS
10/20(60) セミオート 2.97(4.1) $1500
登場MAP:Point of Contact / Nightfall / Mayday / Awakening / Exodus
威力と連射力のバランスが取れたSR。
スコープが付いて射程が延びたMR-28のような性能。
スナイパーデッドアイを習得すると性能が化ける。
L115
imageプラグインエラー : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (L115.png)
8/24(64) Bアクション 3.02(3.75) $1500
登場MAP:Point of Contact / Nightfall
威力が非常に高いSR。
ハンターやスコーピオンを2発で沈める威力があり、射程も長い。
しかし一発ごとにボルトアクションを行うのが最大の弱点で、近距離戦、連戦どちらも極めて苦しい。
高い運用技術を必要とされる割に、その利点も少なく、ある種のロマン武器。
USR
8/24(64) Bアクション 2.99(4.42) $1500
登場MAP:Awakening
L115とほとんど同じ性能。武器指定チャレンジと実績・トロフィー「アークにおまかせ」以外では使わない方がよい。

ショットガン

近距離で威力が非常に高く、攻撃範囲も広い。
チャレンジ攻略には意外と便利であり、命中率チャレンジや空中キルチャレンジの達成に便利。
メインで運用しようとするのならマズルブレーキもしくはアークの装着を推奨。
アークを装着しない状態では、射程が短くのでスコーピオンや中距離以遠の敵には苦労する。
アークを装着できれば射程・威力ともに申し分ない性能となる。
ロッカーから出てきた場合はマズルブレーキが必ず付いている。
武器名 弾数
(最大数)
発射モード リロード時間
(sec)
必要キャッシュ
Bulldog
6/30(72) セミオート 2.35(2.37) $2500 (Maydayのみ$2000)
登場MAP:Point of Contact / Nightfall / Mayday / Awakening / Exodus
連射力のあるSG。
セミオートでマガジン式なのでリロードが早いが、射程が極端に短く、連射によるごり押しで敵を倒すことになるので弾の消費がかなり早い。
自分に向かって群がるスカウトやシーカーを散らすにはうってつけだが、それ以外の硬い敵にはほとんど無力。
購入価格が高い割にいまいちな武器。
アークを付けるとマンモス以外を簡単に倒せるようになり、中距離よりちょっと短いぐらいの距離までならやっていくことができる。
アークが付いているなら、散弾のほとんどをライノの弱点に当てれば、ライノさえ6発ほどで倒せる。
バグの可能性が高いが、Exodusソロでアーク付きBulldogで伏せ撃ちをすると古代人を除くすべてのクリプティッドが高確率でふっ飛ぶので、これを死にそうな時に使えば大きくクリプティッドとの距離を離せる。
ライノでやるとわかりやすい。
段差などでやると本当に空高くにぶっ飛ぶのでお試しあれ。(稀にそのバグが発生しない場合もある)
FP6
5/30(70) Pアクション (初弾0.8)0.5 $1500
登場MAP:Point of Contact / Mayday
威力の高いSG。
ポンプアクションで連射は効かないが、近距離での威力はかなり高い。
一発ずつの長いリロードがやはり最大の弱点。
確殺力を上げる為にも、メイン運用するならウェポンスペシャリストであることが欠かせない。
SGのなかで唯一拡張マガジンを装着できない。
MTS-255
5/30(70) セミオート 3.62(3.67) $2000
登場MAP:Point of Contact / Nightfall
威力と連射力のバランスが取れたSG。
ハンター程度までの敵なら近づいて乱射するだけで苦なく倒せる。
5発ごとの長いリロードの対応策さえあれば、近距離は敵なし。
マルチと違い拡張マガジンを装着可能。それでもやっと装弾数7。
アークを装着したならば、中距離までスカウトを一発で仕留めることが可能。
ウェポンスペシャリストであればある程度離れているスコーピオンであっても2,3発で仕留めることも出来る。
Tac 12
10/30(70) Pアクション (初弾1.32)0.78 $2000
登場MAP:Awakening / Exodus
同じポンプアクションのFP6より総合的に高性能。しかしコッキング動作とリロード遅さで連戦が苦手。
チャレンジやトロフィー狙いや、こだわりがなければ避けたほうが無難。

ランチャー

爆発による高威力&広範囲ダメージを与える。
弾薬補給にはチーム爆薬が必須。エンジニア+4とチームブースター推奨。ロッカーからは出現しない。
所持するにはメイン武器枠が必要で、チーム爆薬でしか弾薬補充不可なため、Venom-Xの下位互換に近い。
ただし、「マークした武器でキル」チャレンジの際にKastetがマークされるケースがある。
武器名 弾数
(最大数)
発射モード リロード時間
(sec)
必要キャッシュ
Kastet
imageプラグインエラー : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (Kas.png)
1/11(12) 単発 $2000 (AwakeningとExodusのみ$1500)
登場MAP:Point of Contact / Nightfall / Mayday / Awakening / Exodus
手軽に運用できるランチャー。
弧を描いて飛ぶので、高所からの援護に適している。
以前は近距離だと爆発しなかったが、アップデートにより全距離で爆発するようになった。
ただし、マルチと同様近距離で弾本体が敵に当たってしまうと爆発しない。
有効に扱うにはエンジニアによる爆発威力強化と、チーム爆薬による補給が必要で、たかがグレネード13発の為にメイン武器枠を潰す無茶をする必要はなく、グレネードターレットかMk32を持ち込んだほうがよほど有用と言える。
Panzerfaust
1/5(12) 単発 $2000
登場MAP:Point of Contact / Nightfall / Mayday
高威力のランチャー。
かなり威力が高くKastetよりはまともな運用ができるが、それでもコストに見合う性能ではない。
ピストル強化で武器枠を増やし、対ライノ用に温存してもいいが、それでも倒すにはそれなりの弾数が必要で、さほど有効ではない。


Extinction専用特殊武器

Venom系はほぼランチャーの上位互換。Venomの方が武器枠も別で、チーム爆薬が無くても弾薬補充可能で、殺傷性能自体も高い。
Venomはチームブースターがあると使い勝手が良くなる。
武器名 弾数
(最大数)
発射モード リロード時間
(sec)
必要キャッシュ
Venom-X
imageプラグインエラー : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (venom.png)
2/2(4) セミオート $0
登場MAP:Nightfall / Mayday / Awakening
Nightfall後半に手に入るグレネードランチャー。メイン武器枠を使用せず別枠で取得可能。
ガスグレネードを射出し、時間経過もしくは手動で爆発させる。爆発後の緑のガスにもダメージ判定がある。
ガスには自爆判定なし。弾は稀に敵が落とす卵を拾う事で補充できる。
ADSとタクティカルリロードは不可だが、卵を取得すれば弾倉内残弾も補充される。
MaydayやAwakeningでは設計図から作る武器として登場。
Venom-Xのほか、Venom-FX/Venom-LX/Venom-SXという亜種も登場する。
余談だが、FX、LX、SXのF、L、Sは頭文字で、恐らく
F=Fire
L=Lightning
S=Seeder
だと思われる。Xは不明。もしくは不明を表すXなのかもしれない。
また、Venom-Xの「Venom」はサソリの毒という意味を持っている。
毒を発射するサソリ(スコーピオン)という意味でこの名称と思われる。
が・・・何故か他のクリプティッドからも卵は出現する。
NX-1ディスラプター 10/0 セミオート(チャージ可能) $0
登場MAP:Exodus
Exodus限定で登場する特殊武器。メイン武器枠を使用せず別枠で取得可能。入手方法は設計図からの作製のみ。
弾薬はこの武器を5秒間撃たずにいる事で徐々に補充されていく。リロードの必要も無し。
弾速は遅いため、近距離で撃つなどの工夫が必要。性質上、空中の敵にはほぼ無力。
最大までチャージすると弾速は低下するが、古代人の防御フィールドを一撃で引き剥がせる。
Venomと違って非常に弾薬が補充しやすいため、必ず1人1丁持っておきたい。
弾薬制限を付けていると5発に減り、弾の回復速度も遅くなる。
SOFLAMレーザー照準器 3/0 - - -
登場MAP:Point of Contact / Nightfall / Exodus
指定座標に高空からミサイルを投下。メイン武器枠を使用せずに別枠で取得可能。
武器の一種ではあるが購入は不可で、サーチかランダム補給物資から発見できた場合のみ入手可。
使用する際は、エイムボタンでスコープを覗き、攻撃したい位置に照準して射撃ボタンを押す。
ハンドガン限定レリック使用中でも取得可能。また、これを構えている間はプロパンボンベを掴めない。
すでに持っている場合、2つ目は取得できない。弾数が3→6に増えたりもしない。
威力は絶大だが、動き回るクリプティッドには当てにくく、用途はバリアハイヴ攻撃用などに限られる。
屋根に遮られている場所では発射不可。Nightfall研究所エリアでは用途が皆無の為、発見しても取得しない方が良い。下手に取ってしまうと武器切替が煩雑になるだけで邪魔になる。
Exodusでも邪魔になりやすいが、マンモスや古代人に撃ち込めばそこそこのダメージにはなる。
古代人を狙う際、古代人の身体へ直接照準すると古代人を通り抜けてその背後に照準されてしまう。古代人の足元に照準させる事で直撃を狙える。
命中率チャレンジにSOFLAMの発射はカウントされないため、弾数は3しかないが銃の代わりに使うと便利。
- - -
登場MAP:Awakening
Awakening脱出時に持つことができる武器。武器発射ボタンで起動する。起動すると半径約6m以内ならどんなエイリアンでも倒すことができる。
金が足りなく、まだ行ってない小部屋の敵を倒してキャッシュを得ることぐらいしか実用性がない。が…最強武器だと思われる。

ハンドガン

初期装備となる武器。マッチ開始前に自分で好きなものを選択しておく。
プライマリ武器と取り替えて捨てる事はできない。サーチで発見できるアタッチメントの装着も不可。
基本的にMP-443 Grachを選択しておくのが無難。M9A1はほぼ選ぶ必要は無い。
武器名 弾数
(最大数)
+2強化時の弾数
(+2強化時の最大数)
発射モード リロード時間
(sec)
P226 12/60(192) 18(288) セミオート 1.99(2.04)
長い射程と中程度のダメージ、多めの装弾数を持つ。
単発式で精度良好。瞬間火力にやや欠けるが、どんな局面でも使える。ハンドガンの中では有効射程が最長。
リロードはやや遅い。射程はあるのだが、リコイルが大きめなので遠距離の敵を狙いづらい。
.44 Magnum 6/30(108) 9(162) セミオート 2.9(3.17)
大口径の6連発リボルバー。
近距離での瞬間火力はハンドガン中最高だが、リロードが遅い上に弾持ちが悪くてリコイルも大きく、お世辞にも使いやすいとは言えない。しっかり当てれなければこの銃のポテンシャルは活かしづらい。
有効射程も短く、少しでも距離が開くと大幅に火力が低下するため、持ち前の高火力を発揮できる場面は限定的。スコーピオンは天敵。ウェポンスペシャリスト以外は使わない方がよい。アーマリーでACOGスコープを装着可能。
M9A1 18/90(288) 27(432) 3点バースト 1.47(1.77)
3点バーストハンドガン。
バースト式だが反動がやや強め。しかも一発だけ撃つことができないため弾持ちが微妙に悪く、初期の命中率チャレンジを達成し辛いというデメリットもある。
火力もあまり高くなく、非常に癖の強いハンドガン。
序盤の命中率チャレンジを仕損じるのは致命的なので、極力使わない事を推奨。
MP-443 Grach 15/75(240) 22(360) フルオート 1.43(1.63)
フルオートハンドガン。
威力と射程はハンドガン中最も低いが、高レートのフルオート射撃の為瞬間火力は高め。装弾数も多く、リロードも速い。
リコイルも小さく遠くの敵も狙いやすいが、距離減衰が激しいので遠距離では素直に他の武器を使ったほうが無難。
最後にアンロックされるだけあって優秀なハンドガンだが、弾数消費がやや多い点は注意。ウェポンスペシャリスト以外はこれを使うのが手堅い。
フルオートではあるが、トリガーを一瞬だけ引く事で1発だけも撃てる、命中率チャレンジに備えて覚えておこう。


アタッチメント考察

アタッチメントの入手方法は、サーチで発見するか、ロッカー武器に最初から装着されているのどちらかのみ。
主力武器がいつまでもノーアタッチメントだと頼りないので、Awakening以外ではドリルを起動する前にサーチしておきたい。
各サイト類のレティクルは、Extinctionではデフォルト/プレシジョン/バーテックス/ブルードット/プレシジョンドット/デルタのみ。
ブルードットはPoCでは出ない。
赤以外の色のレティクルは周囲の環境によっては視認性が悪いので、アタッチメント交換によるレティクル・迷彩変更で赤系レティクルに変更しておくといい。
また、ACOG用レティクルがレッドドットやホロにも付く場合があるなど、マルチとは若干の差異あり。
アタッチメント 分類 装着可能武器
レッドドットサイト サイト AR/SMG/LMG/MR/SG (Chain SAWとRipperは除く)
視野が最も広く取れ、慣れれば遠距離射撃にも使える、万能サイト。装備可能武器が多いのも特長。レンズが曇っているのが欠点。
ホロサイト サイト AR/SMG/LMG/MR/SG (Chain SAWとRipperは除く)
レッドドットサイトよりもやや倍率が高く、射程ゲージにより最適な交戦距離を把握可能。枠が太いのが欠点。
ACOGスコープ サイト AR/SMG/LMG/MR (Chain SAWとRipperは除く)
倍率が高く遠距離戦に適している。枠が太く視野が狭くなるため、あまり使いやすくはない。装着すると逆に使いづらくなる事も多い。射程の短いSMGには不向き。
サーマルハイブリッドスコープ サイト -
ドットサイトとサーマルスコープに切り替え可能な万能サイト。ドットサイトをメインに使い、遠距離射撃の時はスコープを使おう。MRに装備できないのが欠点。ドットサイトを使用していてもラストスタンドから復帰時にサーマルスコープに戻るので留意。サーマルスコープは五感ブースト発動中だと非常に視認性が悪くなるという欠点がある。ロッカー武器に装備されている事はない。
現在はExtinctionには登場しない。
マズルブレーキ バレル AR/SMG/LMG/MR/SG (SC-2010とHoney Badgerは除く)
射程を延ばす便利アイテム。特にショットガンやSMGに必要。ロッカー武器には必ず装備されている。アークとは併用不可なので、発見した場合はアークを優先させること。
グリップ アンダーバレル AR/SMG/LMG/SG (Chain SAWは除く)
反動を減らす便利アイテム。ロッカーから取得できる武器には必ず装備されている。
ラピッドファイア モッド AR/SMG/LMG (SC-2010は除く)
連射レートを上昇させる。敵を倒す時間が短縮され、戦いがだいぶ楽になる。弾切れが早まる欠点も留意。特にLMGと好相性。
元からレートの高いARX-160やCBJ-MSに装備すると余計に使いにくくなる事もある。
拡張マガジン/バーストと併用不可。
拡張マガジン モッド AR/SMG/LMG/SG/SR/MR (FP6は除く)
マスタースカベンジャー有効時に、サーチから発見可能もしくはロッカー武器にラピッドファイアと半々程度の確率で装着されている。
装弾数と予備弾数が1.5倍になり、弾薬箱からの補充数も増加する。
リロード回数を減らし継戦力が向上、生存率が上がる他、装弾数に身を任せた打撃戦が可能。
元からレートの高いARX-160やCBJ-MSにはラピッドファイアよりもこちらをつけたほうが使いやすいかもしれない。
ラピッドファイア/バーストと併用不可。有効アタッチメント移行アーマリーを取得していれば、ほぼどの武器に買い替えても消滅しなくなるため、こだわりが無ければラピッドファイアよりこちらがお勧め。
バースト モッド AR/MR
発射モードをバーストに変える。ARだと瞬間火力がガタ落ちし、MRだと威力が低下して劣化AR化する。このアタッチメントが役立つのは、せいぜいSC-2010とMR-28くらい。これを見つけてもほぼハズレと見ていい。はずみで取得してしまった場合は泣いてもいい。
ロッカー武器に装備されている事はない。ラピッドファイア/拡張マガジンと併用不可。
アークアタッチメント バレル AR/SMG/LMG/MR/SG/SR
威力、射程が向上する。弾丸が青い光弾のように変化し、倒した敵が爆発四散するようになる。
Awakeningではマップに4個配置されている。エフェクトの影響で処理は若干重くなる。
アーマリーのマスタースカベンジャーが有効であればサーチから発見可能。
アーマリーのピストルアークアタッチメントが有効であれば、ハンドガン+1強化時にマズルブレーキの代わりに装着される。
ハンドガンとランチャー以外の全武器に装着可能。
Awakeningのもとから設置されているアークは有効アタッチメント移行を習得していなくても武器買い替え時に移行可能。ただし、マスタースカベンジャーから出現したアークは有効アタッチメント移行を持ってないと引き継がれない。また、現在自分がもっているアーク付きの武器と同じ武器をロッカーから取得した場合、有効アタッチメント移行アーマリーを取得していてもアークが消えてしまうので注意。Awakeningで設置されているアークなら自分の持っている武器と同じ武器をロッカーから入手しても消えない。
アーク自体がはみ出るほど大きく、アイアンサイトの視認性を大きく変えてしまう。
余談だが、まだアークが実装されていなかったMayday以前のマップでは、クリプティッドに着弾した際のエフェクトが炸裂弾になっている。また、Maydayでは壁や床などの構造物に着弾するとスタン弾のエフェクトが出る。

リーサル/タクティカル

  • リーサル
セムテックス 手投げ弾。チーム爆薬/ランダム補給物資/サーチで入手可能。粘着性があり、当たった物に張り付く。爆発後には火炎ダメージも与える。
シーカーが這い出てくるのを見計らって隕石の根元へ投げ込むと一網打尽にできる。バリアハイヴにも有効。
キャニスター爆弾 手投げ弾。セムテックスより重く遠くに投げられないが、爆破半径が大きい。
セムテックスより投擲動作が遅いので、ウェポンスペシャリスト+1かチームブースターが無いと使いにくい。
B-ベティ 設置式地雷。敵を感知すると爆発する。設置後の回収不可。マルチのIEDのように、少し離れた位置にも投げ込める。
同時に設置できるのは5個まで。6個目を設置すると古いものが爆発し消滅する。(他のB-ベティ等も巻き込んで消滅するため注意)
クレイモア 設置式地雷。敵を感知すると爆発する。設置後の回収不可。
B-ベティとは違い足元にしか置けない。同時に設置できるのは5個まで。6個目を設置すると古いものが爆発し消滅する。
パイプ爆弾 設計図からの作製でのみ入手可能。セムテックスとキャニスター爆弾の長所を併せ持つ。
リーサルとしては非常に高性能だが5個で使い切りの消耗品なので、数の限られている工具箱を消費してまで作製するのは少々勿体無い。工具箱が余ったら作製しても良いが、ソロ以外では工具箱を取りすぎないこと。
Venom-Xグレネード
Venom-FXグレネード
Venom-LXグレネード
設計図からの作製でのみ入手可能。Venom-X/FX/LXの榴弾をそのまま手投げ弾にしたような性能。
リーサルとしては非常に高性能だが使い切りの消耗品なので、数の限られている工具箱を消費してまで作製するのは勿体無い。
炸裂後にこもる毒ガスが強力なので、作製するならパイプ爆弾よりこちらが良いだろう。
NX-1グレネード 設計図からの作製でのみ入手可能。
NX-1ディスラプターの最大チャージ弾と同等の破壊力があり、古代人のテレキネシス効果を無効化(防御フィールドを破壊)する。
遅くともメデューサの一度目の起動までには作製しておくといい。
  • タクティカル
フレア 発煙筒。焚くと付近のクリプティッドが約20秒間だけ行動を停止する。
ライノ/マンモス/ガーゴイルには効果がなく、催眠ナイフや催眠トラップで味方にしたクリプティッドも行動停止してしまうので注意。
チャレンジや味方の蘇生に非常に便利なので、タクティカルでは最優先で持っておきたい。ラストスタンド状態でも使用でき、味方が救助に行きやすくなる。
遠くの敵は行動停止しない為、スコーピオンやシーダーの狙い撃ちには無力。過信は禁物。
トロフィー 設置しておくと、周囲に飛んで来たスコーピオンの毒弾を4回だけ迎撃してくれる。設置状態からの回収は設置した本人のみ可能。
4回の迎撃などあっという間に終わってしまうので、設置したからといってスコーピオンが脅威でなくなる訳ではない。
タクティカル枠を埋めてまで所持するメリットは薄く、フレアが入手できれば持っておく必要は無い。
どれだけ時間が経っても4回迎撃するまでは消滅する事は無いが、1人につき4個までしか設置できないという制約がある。(5個目を置くと古い順に消滅)
迎撃時の小爆発はプロパンボンベを誘爆させるため近くに置かないように。
Exodusでは地味だが古代人に対してかなり効果があるので、1つ置いておくとよい。特に駐車場エリアではジェネレーター防衛で大活躍する。
催眠ナイフ 投げナイフ。刺さったクリプティッドを味方にする。クリプティッドに刺さると、そのクリプティッドを倒した時と同等のキャッシュが入る。
催眠効果は対象が死ぬか一定時間経過するまで持続する。外した場合、5秒以内なら拾い直せる。
アーマリーのライノ催眠ナイフを利用しない限り、ライノには効かない。シーカーは刺さった途端、即死する。
ハンターに刺すと、体力の低いスカウトなどをなぎ倒してくれる。ファントムに刺せれば非常に頼もしい。
スコーピオンの場合は高台に陣取ってクリプティッドに毒を飛ばす為、高い生存率と囮としての役割が期待できるが、地形によっては毒がまるで当たらず戦力にならない事も。それでもスコーピオン1匹分の脅威がなくなるので上手く狙おう。
ガーゴイルとマンモスには無効。基本的に、スコーピオン/ハンター/ファントム/(ライノ)のいずれかを狙おう。
催眠状態にできない敵に刺さった場合、少量のダメージを与える。焼夷弾かスレイヤー弾装填中だと発火もさせる。
スティッキーフレア 設計図からの作製でのみ入手可能なフレアの上位互換。壁や天井にも突き刺さる。消滅時、周囲に爆発ダメージを与える。
通常のフレアと同様汎用性が高く、さらに2本まで持てるので、作製しておくと非常に便利。
アーマリーのマスタースカベンジャーを習得するとこのアイテムも強化される。タクティカルとしては最強クラスとなる。
強化催眠ナイフ アーマリーのマスタースカベンジャーが有効時に入手できる催眠ナイフの上位互換。
味方にしたクリプティッドのハイライト枠が緑色になり、体力が通常より増加する。
ライノ催眠ナイフが有効でなければライノには効果が無く、ガーゴイルやマンモスにも無効。
体力は増えるが、自然消滅までの時間は通常の催眠ナイフと同等。
ゲーム中では「催眠ナイフ」としか表記されず、画面右下の所持状態のアイコンも通常型と変わらないが、使用するとしっかり強化されている。(強化フレアも同様)
強化フレア アーマリーのマスタースカベンジャー有効時に入手できるフレアの上位互換。
フレアの煙が緑色から赤色に変わり、効果時間が30秒に伸びている。効果範囲は通常のフレアと変わらない模様。

その他

電気トラップ 発電機を起動させると、その近くの金網や水たまりに電流が流れる仕組みのトラップ。
コストは$300~750(エンジニア+2以上なら2割引) 持続時間は90~150秒間(エンジニア+3以上なら1.5倍に延長) 敵が大量に引っ掛かった場合は時間内でも停止する(味方がトラップに触れた回数は含めない)
効果の程はエリアによって区々だが、体力の低いスカウトやシーカーに対しては強力な抑えとなる。
ドリルを守りながら戦うだけであれば起動させておくと便利だが、武器チャレンジ等の際はノルマを確保するために利用は加減しよう。
ハンターやスコーピオンを食い止めるには、強化したエンジニアでないと難しい。トラップは基本的にエンジニアに譲るのがセオリー。
エンジニアであればトラップの自爆ダメージは一切受けないので、このトラップの電流の中に立つだけでもかなりの安全地帯になる。
あまり知られていないが、実はDLC第2弾あたりのパッチで弱体化されている。
パッチ前までは4人プレイでもエンジニア最大強化またはソロなら1ヒットでハンターやスコーピオンを倒せていたが、パッチ修正後はソロプレイでエンジニア最大強化でも1ヒットで倒せなくなっている。
他のクラスではパッチ修正前は修正後のエンジニアと同じ威力だったが、修正後はさらに2ヒット程必要になっている。
ファイヤートラップ ドラム缶から漏れ出た燃料に引火させて炎の囲いを作り出す仕組みのトラップ。
コストは$300~1000(エンジニア+2以上なら2割引) 持続時間は55秒間(エンジニア+3以上なら80秒間)
敵を着火させたところで焼死するまでは時間が掛かってしまうため、敵を食い止めるという効果はほとんど期待できず、銃で撃った方が速い。そんな割に電気トラップよりコストが高く、持続時間も短いので、トラップチャレンジ発生時に起動しておいても1体も倒せないという場合も珍しくない。キャッシュの無駄遣いになりやすいので、所持金が余っている時以外は使わない方がよいだろう。
また、プレイヤーがこのトラップの火に当たってしまうと意外とダメージが大きいため、このトラップの火の上はあまり飛び越さない方がよい。迂闊に起動させると、味方の通り道を遮ってしまう場合もある。
エンジニアであればトラップの自爆ダメージは一切受けないので、このトラップの火の中も平然と突っ切れる。
テスラ アンチエアーディフェンス Exodusの各所に設置されている電極トラップ。
その名の通り対空性能が非常に高く、飛行型クリプティッドはもちろん、陸上型クリプティッドでもジャンプした瞬間であれば攻撃してくれる。
極めて威力が高く、エンジニアでなくても充分な性能を発揮する。(ただし、コストと起動時間はやはりエンジニアが有利)
ミニガンターレット マップの各所に固定配置されているターレット。ミニガン型とCIWS型の2種類がある。後者はMaydayにのみ配置。
弾数は300発(エンジニア+2以上なら450発)。コストは$500~750(エンジニア+2以上なら2割引)。
撃ち始めにはスピンアップがかかり、撃ちすぎるとオーバーヒートしてしまう。ADS操作で常にスピンアップさせる事も可能。
焼夷弾/スレイヤー弾が装填されていれば敵を炎上させる効果が付与される。CIWS型は周囲をスタンさせる効果がある。使用している間は背後が無防備になってしまうので注意。
プロパンボンベ Point of Contactのモーテルエリアと都市エリアにのみ配置されている。
敵が居ない間に各プレイヤーがバケツリレー方式で集め、バリアハイヴ戦までにバリアハイヴ周辺に持って行けば、バリアハイヴ戦が大きく捗る。くれぐれも誤爆に注意。爆発後の残り火でも火炎ダメージを与えられる。
集める際はドリルのように両腕に抱えて運ぶ必要がある。ボンベ自体を敵にぶつけても物理的ダメージは発生しない。
ボンベを利用して敵をキルするチャレンジが発生する場合もあるため、モーテルと都市ではボンベを集めるよう習慣付けておこう。
なお、表記上は弾数が存在し1/0となっている。モーテルには16個、都市には13個置かれている。
各エリアのボンベがバリアハイヴ戦後に残っていた場合、消失する場合もある。

個人的な最強武器
+...
武器 長所 短所
Remington R5 誰でも扱える。威力、命中率も抜群。リロードも速い。 素早い古代人の撃破が厳しい。
K7 SMGなので機動性に優れる。威力、レートが高いので瞬間火力が高い。リロードが速い。 反動がやや目立つ。弾持ちがやや悪い。
M27-IAR Remington R5と同じ。 LMGなのでやや重い。
Chain SAW レート、威力、射程どれを取っても抜群。起動性もLMGにしてはやや高め。 リロードが遅い。腰だめなので遠距離はあまり当たらない。
MR-28 威力、リロード、命中率が良い。案外ボスのブリーダーに対しても有効。 射程が短い。
Bulldog 全武器最大の火力。射程内ならどんなクリプティッドも簡単に倒せる。 装弾数が少ない。射程がかなり短い。リロードが長い。炸裂/スレイヤー弾薬だとスラッグ弾(射程は伸びない)になり扱いずらい。

武器小ネタ


  • ピストルのアイコン
ロードアウト画面に出る各ピストルのアイコンは、どういうわけかMW2とMW3に登場したピストルアイコンの使いまわし。
P226⇒P99(MW3) .44Magnum⇒アナコンダ(MW2) M9A1⇒M9(MW2) MP443⇒Five seveN(MW3)

  • リボルバーなのにスライドを引く
Extinctionで画面の右側にプレイヤーキャラが写っている時、装備中のピストルのスライドを引く動作をする事があるが、装備しているのが.44Magnumでも同じ動作をする。(リボルバーにスライドは無い)
さらに、.44Magnumは銃身に.454Casullという刻印を確認でき、実は.44口径では無いらしい。装弾数も不自然である。.454口径の装弾数は5。

  • 置かれているSRについて
各地に置かれているSRの外見をよく見るとスコープが何故かない。
だが、購入すると何故かスコープが付いている

  • アタッチメントの不思議
SC-2010には何故かマズルブレーキを装着できない。マルチでは装着可能。
K7には何故かマズルブレーキを装着できる。マルチでは装着不可。
拡張マガジンはMTS-255には装着可能だが、何故かFP6には装着不可。どちらもマルチでは拡張マガジン装着不可。

  • Extinction登場武器
Point of ContactからExodusで計5MAP。
VKS・Bulldog・Kastet・Chain SAWは全てのMAPに登場した。
ハンドガンのPDW、ARのMSBSとFAD、SRのLynxとMaverick A2が最後までExtinctionに登場することはなかった。
SC-2010/Bizon/USR辺りもほとんど日が当たる事は無かったが・・・

  • 物資アタック
チームサポートか弾薬箱を投げる際、物資を手元に装備する。
実はこの物資、一つの武器として扱われていて物資を持ったまま格闘ボタンを押すとナイフを振ることが出来る。
そしてこのナイフ攻撃、通常よりも攻撃力が半分以下でスカウトを倒すのに5発ぐらいかかる(4人プレイ時)。また、ナイフの音も風を切る音ではなくなっている。はっきり言って、実用性はない。
「各プレイヤーのダメージで倒せ」チャレンジでなら使える・・・かもしれない。