DOL研究所

八卦の篭手に関するプレイング

最終更新:

dollabo

- view
メンバー限定 登録/ログイン

八卦の篭手に関するプレイング


1ドロー毎にMP50ずつ回復する継続魔法
CP200払って毎ターン50のリターンと考えるとあまり強いとは思えないが、
このゲームはドローソースが豊富なのでそれらと組み合わせることで真価を発揮するカード
八卦を破壊する手段に対して八卦を活かす手段の方が圧倒的に多い為、八卦があると有利に対戦を運びやすい
設置してからMPが徐々に回復するまでの数ターンは隙ができやすい
手札が満杯の時はドローできないので八卦の効果が活かせない点に注意が必要

八卦を設置する前に注意する事

①封魔石の欠片で簡単に破壊されないように備えをしましょう
CP200払って設置した八卦をCP150の欠片で破壊されるとCP50の損になります
相手が欠片を発動することの備えとして魔道転送や補充の緑泡などを常に伏せておくとよいでしょう
魔道転送で欠片を回避する際は味方に欠片が流れる事になるので転送前に回避してもいいか相談しましょう
②相手がユニットを大量展開してきたときにどう対応するか考えておきましょう
八卦はターン数が経つにつれて有利になるカードであると同時に設置直後はMPが枯渇する弱点も抱えています
相手からすると八卦が効力を発揮する前にいち早く倒してしまいたい攻撃対象になります
相手が手持ちのMPを全て攻撃に回したと想定した時に自分は耐えられるかどうか考えてみましょう
ソーマや未完、滅亡、ユニットなどで攻撃されてもなんとか凌げそうな時は八卦を使いましょう
もし攻勢に出られたときに不安が残るようであれば、相手の攻撃を誘発する八卦をそもそも伏せない選択肢もあります
③八卦で作ったMPをどう活かすのか考えておきましょう
八卦の効果でMPを作ったとしてもその使い先が無ければ活かす事はできません
これから先の展開にて八卦が必要なのかどうか事前に考えてから設置するかを判断しましょう

八卦の効果を促進させる魔法の使い時

八卦が場に残り続け、自分の手札に空きがあるという条件ならば自分から何もせずとも毎ターンMPが増える事になります
八卦のみでも十分強いのですが補充の緑泡などのドローを促進させるカードと組み合わせることでさらに効果を活かせます
緑泡などを発動するのに適当なタイミングとしていくつか紹介します
①相手の伏せに欠片が無いと判断した時・・妨害が入らないのであればブーストを躊躇する必要はありません
②相手が攻勢に出てきた時・・相手が攻撃を仕掛けてきたらこちらも反撃する為のMPを準備しましょう
③相手が八卦を破壊しようと欠片などを使った時・・欠片で八卦を破壊される前に八卦の効果を活かそうという保険的な動きです

八卦と相性の良いユニット

メイドウィッチなどのメイド系ユニット・・・八卦展開後なら即召喚可能、加えてデッキから1枚引く効果も相性が良いです
化身カルキやフェアリードラゴンなども相性が良いです
不定形の伯爵ビフロンスは手札を減らせる効果で手札枚数調整に役立つ場合があります

八卦の効果で手札を詰まらせない為に

八卦デッキでは手札が詰まり八卦の効果を活かせない事態に陥る事が時折あります
これは相手からの妨害が原因となる事もあるし、八卦の恩恵を期待しすぎてデッキの構成がCPが重めのカードに偏重して起こる事もあります
一番重要なのは自身のMPと手札の枚数をしっかり管理する事です 常に手札に余裕を持たせられるようカードを使っていきましょう
ユニットのビフロンスはCP150で召喚する事ができ、手札も減らせるので手札枚数調整に一役買ってくれます
その他希望の月や希望の雷、戦神の恵みなどでも手札を減らす事ができます

八卦以外のMP確保要因

八卦が破壊されたとしてもデッキが機能するよう役割を補えるカードを紹介します
精神の宝箱は八卦発動より先に発動することで相手が欠片を伏せているかどうかチェックする手段としても有効です
宝箱が発動できればその後の八卦の展開はMPに余裕をもって行えます 宝箱に欠片を発動されたら八卦を破壊されずに済んだと割り切ります
背水の陣は攻撃対象にされやすいという点で八卦と相性が良いです 継続魔法という点で設置場所を奪い合う八卦とは相性が悪いです
カーミラの攻撃でMPを貯金して八卦設置のMPを貯めるのもいいかもしれません

相手が八卦を使ったら

八卦側のLPを詰めるべく集中攻撃するか八卦を破壊するかの2択が挙げられますがオススメは攻撃です
八卦にMPを割いた直後はMPが枯渇しているはずなので強いユニットは召喚しにくいです その隙を突いて攻め倒しましょう
八卦を欠片で破壊する手もありますが八卦を使う相手は大抵魔道転送を用意しています 通常デッキで魔法戦は分が悪いでしょう
相手片方が八卦、もう片方もユグドラシルを展開してるような時は欠片が有効になりそうです
また、八卦にMPを使ったという事は欠片などこちらの展開を妨害する魔法にまでMPを割く事ができてない場合があります
こちらの精神の宝箱などの大型魔法を通す良いチャンスになるかもしれません

効果が似ているカード

四象の籠手・・・ 1ターンしか持続しない八卦 CP50という軽さが魅力
1ターン後自壊するので場を圧迫しない点でも八卦との使い分けが図れます
四象と同時に発動するコンボパーツが破壊されるとまずい場合は魔力吸収や魔法解除などの保険を用意しておきましょう
八卦と四象同時に発動している時に緑泡発動に成功するとCP50消費してCP200回復する事になります

補給作戦・・・守備表示ユニットのDP1200につきMP+50回復
CP50と扱いやすいが、場にユニットが守備表示で存在しないとMPが回復しない点がネック
MP回復のみを目的とするならば単独でも効果のある八卦に軍配が上がります
補給作戦を使うならば防御攻撃の極意などを用いるデッキが望ましいです


このページに関するコメントは以下のテキスト欄から
名前:
コメント:
最近更新されたページ