スカイタワー

スカイタワー

勝利への道

収録作品:星のカービィ Wii[Wii]
作曲者:安藤浩和

概要

レベル5「ナッツヌーン」のステージ2とステージ4の神殿内で流れるBGM。
軽快なピアノのイントロから始まる爽やかな1曲であり、
1ループ50秒ほどしかない短い曲であるが、カービィらしい明るさ・軽やかさが凝縮されたような完成度の高さを誇る。
ナッツヌーン特有のステージ背景の美しさも相まって、本作の数多いステージ曲の中でも屈指の人気を持つ曲である。

「勝利への道」は格闘王への道のタイトルで流れる曲であり、スカイタワーを緊迫感あふれる曲調に直した雰囲気を持つ。
実はこの曲、本作の前身であるゲームキューブ用ソフトとして発表された作品のPVで使われた曲である。
『星のカービィ Wii』はこのゲームキューブ用ソフトを含めた3本もの作品をお蔵入りとした末に誕生した作品であり、
そのような経緯から『星のカービィ Wii』の曲の中では最も古い曲であるといえる。

そしてサウンドトラックにて、「スカイタワー」と「勝利への道」は同時期に対になる曲として作成されたことが明かされた。
これらのことからこの2曲は7年もの月日を経て誕生した『星のカービィ Wii』の裏のテーマ曲と言えるだろう。

後に発売された『星のカービィ 20周年スペシャルコレクション』のもっとチャレンジステージのスタッフロールの曲の途中でこの曲のフレーズが使用されており、
初代のエンディングのアレンジの中に当時の最新作の曲のフレーズを入れるというなかなか心憎い演出である。

星のカービィ スターアライズ』では、「星のマホロア」のバルフレイナイト戦のアレンジメドレー「覇王戴冠 〜OVERLORD〜」で「勝利への道」「スカイタワー」両曲のフレーズが使用された。
曲の中心は「CROWNED」であるが、元が同一のフレーズであるこの2曲をわざわざ両方組み込み全体の4分の1を占めていることを考えると、スタッフもこの2曲を特別な曲として大切にしていることが分かる。
ゲームキューブ時代のPVを知る人ほど胸が熱くなるはずである。

スーパーカービィハンターズ』では高ランクのウィスピーウッズ・クラッコ・ヴォルゲロムとの対決で「勝利への道」のアレンジが流れた。
ドラムとエレキギターで激しさを増したアレンジとなっている。
この曲が流れる相手は、これまでの作品でエリアボスを務めたキャラとなっており、色々な意味で個性的な者たちばかりである。

過去ランキング順位

「スカイタワー」

第6回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 67位
第7回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 80位
第8回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 53位
第9回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 47位
第10回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 86位
第11回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 107位
第12回みんなで決めるゲーム音楽ベスト100 127位
みんなで決める2011年の新曲ランキング 17位
みんなで決める2015年の新曲ランキング 96位(タッチ!カービィ スーパーレインボー)
みんなで決める横スクロールアクションステージBGMベスト100 6位
みんなで決める癒しBGMランキング 276位
第2回 みんなで決める任天堂ゲーム音楽ベスト100 5位
みんなで決めるダンジョン曲ベスト100 196位
みんなで決める星のカービィBGMベスト100 5位
みんなで決めるゲーム音楽歴代ベスト100ランキング 183位

「勝利への道」


サウンドトラック

星のカービィ Wii ミュージックセレクション