フルアーマー・ガンダム

登場作品 機動戦士ガンダムMSV、機動戦士ガンダム サンダーボルト
形式番号 FA-78
所属 地球連邦軍「ムーア同胞団」
主なパイロット イオ・フレミング
主な装備 2連装ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、ロケットランチャー、大型ビーム砲、6連装ミサイルポッド、追加装甲内蔵ミサイル、シールド×4

【設定】

名前の通り全身に追加装甲や武装を施し重武装となったガンダム
「機動戦士ガンダムサンダーボルト」で登場する本機は大量のデブリが浮遊し放電現象が頻発するサンダーボルト宙域での運用を想定して開発された試作MSであり、トリコロールであったアムロ機とは異なり本体は白とダークブルー主体のカラーリングとなっており、両腕と2本のサブアームによる4枚のシールドを装備し、関節やランドセルにシーリング処理が施されているのが特徴。

サンダーボルト以前からMSVとしても同名の機体が存在しているが、それとは名前が同じだけの別物である。ガンダムWとEWのガンダムのように設定上は同一機体…というわけではない。


【原作での活躍】

イオの帰還後、ムーア同胞団に配備され、上官が戦死した事により繰り上げで彼の乗機となる。その後敵スナイパー部隊殲滅の為出撃、圧倒的機動力でビッグガンの狙撃を躱しながらフィッシャー、ショーンを撃墜、ダリルの決死の狙撃も悪運で回避し追い詰めるが、ダリルの機転によりあと一歩の所で逃してしまう。
ムーア同胞団と師団の決戦において敵艦隊を単騎で壊滅させた後、ダリルのサイコ・ザクと交戦。互角の戦いを繰り広げるが徐々に劣勢になり、中々落ちないザクに苛立つものの、2連装ビーム・ライフルが掠った事でザクはコロニーへ落下。行動不能になったザクに奇襲をすべく、装甲をパージしビームサーベルで突撃を仕掛けるものの、ザクのシュツルム・ファウストの攻撃が機体頭部に直撃し行動不能に陥る。イオは捕虜になり、機体は鹵獲。その後の詳細は不明である。

【パイロット説明】

イオ・フレミング

一年戦争初期に壊滅したサイド4「ムーア」コロニーの首長の息子でムーア同胞団の空母「ビーハイヴ」のエースパイロット。階級は少尉。鼻炎持ちであり、そんなイオに、コーネリアスがポケットティッシュを渡すのは殆ど習慣となっている。好きな音楽のジャンルはジャズで、彼曰く、ダリルの好みであるポップスは、音楽の趣味としては”平凡”とのこと。ドラム演奏の心得もあり、出撃前にはコックピット内でドラムを叩く真似をしている。
本人は「首長の息子」という立場と出自に縛られるのを嫌い、自由に宇宙を飛ぶモビルスーツという存在に惹かれている。 次々と上官パイロットが戦死した事で繰り上がりでフルアーマーガンダムのパイロットに任命されるが、規律違反の常習犯で視聴が厳しく検閲されているゲリラ放送「サンダーボルト放送局(ステーション)」を任務中ですら聴いている(アニメ版ではジャズの音楽に変更)。

終盤サイコ・ザクと相打ちになるがダリルを殺せなかったため自分が敗北をしたと決めつける。


【原作名言集】


【ゲームで内の活躍】

EXVS.MB-ON

第6弾追加リリース機体として参戦。コストは2500。
サンダーボルト枠としては初の参戦であり、フルアーマー機体としてはZZ、ユニコーン、パーフェクトガンダムと並んで4番目となる。
フルアーマーの名前と見た目に恥じない多数の射撃武装を扱う機体であり、オードソックスなBR、発生と弾速に優れるロケットランチャー、FAZZのCSのような弾幕を張れるミサイルを持つ。2500にしては極めて珍しいCSのない機体で、いかんせんこれだけだと地味なのだが、本機を本機たらしめている最大の特徴は、特格の前面シールド付きの特殊移動で、そこから様々な専用の攻撃に派生することができるという点であり、これらを駆使した強襲や闇討ちが生命線となる機体である。

覚醒技はサイコ・ザクとの一騎打ちの最後のシーンの再現を含む乱舞系覚醒技「ケリを…つけてやる!」と、一斉射撃「グリッドサンド」の二種類。
ちなみに、本機解禁と同時に本機用のBGMとしてアニメでイオの好むフリージャズが追加された。

イオの台詞は数多く、原作でもライバルであったダリルは勿論、三日月やアイーダなど豊富なキャラに掛け合い台詞や特殊台詞が存在する。

【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

通常時:特格のモーションで巡航→2連装BR構え(HGのパッケージ絵の再現)
格闘中:サーベル抜刀→振り払って構え
覚醒中:一瞬縮こまってから4枚のシールドを広げるようにポーズ

敗北ポーズ

外装・バックパック・頭部・左腕を失い、全身が焼け焦げた状態で漂っている。 サイコ・ザクと相討ちになった時の再現

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。