ガンダムAGE-2 ダークハウンド

登場作品 機動戦士ガンダムAGE
型式番号 AGE-2DH
全高 18.6m
重量 32.1t
所属 宇宙海賊ビシディアン
搭乗者 キャプテン・アッシュ
武装 ドッズランサー
ビームサーベル
アンカーショット
ビームバルカン
特殊装備 ハイパーブースト

【設定】

宇宙海賊ビシディアンが所有するモビルスーツ。
謎の巨大機動兵器・シドとの戦闘で大破したガンダムAGE-2を宇宙海賊ビシディアンが回収、ビシディアンと繋がりのあったマッドーナ工房にて改修が行われた(大破する前にAGEシステムとAGEデバイスは取り外されている)。
特務隊仕様とはうって変わって黒いカラーリングとなり、頭部と胸部にはドクロを思わせる意匠が施されている。
AGE-2の特徴でもあるストライダー形態への可変機構は受け継がれているが、ハイパーブーストと呼ばれる加速機能により機動力はさらに強化された。
武装はライフルとしても使用可能な打突兵器ドッズランサーや、高圧電流を流せるバインダー部のアンカーショットなど白兵戦に特化しており、カラーリングも相まって海賊行為に適した機体となった。
一方で重MSであるザムドラーグに決定打を与える事ができず、火力は控えめだと推測される。
AGEシステムは搭載されていないがキャプテン・アッシュの技量もあって高い戦闘能力を発揮した。
これはマッドーナ工房の技術力がヴェイガンやAGEシステムなどの旧世紀のテクノロジーにも引けを取らないことを証明しているとも言える。


【武装】

ドッズランサー

ハイパードッズライフルを改造した武器で実体式のランス(騎兵槍)にドッズガンを2門内蔵している。
ドッズガンは連射性に優れるが威力は控えめ。
ストライダー形態時には機首となる。

ビームサーベル

リアスカートの裏側に2基装備されている。
グリップの後端からもビームを発振可能でブーメランのように投擲も行う。

アンカーショット

両肩のバインダーに1基ずつ装備されたフック型の射出兵器。
相手を絡め取ったり、拘束した相手に高圧電流を流す事が可能。
また、振り回す事でワイヤー部分がシールド代わりになる。

ビームバルカン

両肩に1門ずつ内蔵された連射式のビーム砲。
ストライダー形態時のみ使用可能となっている。


【原作での活躍】

ビシディアンの首領キャプテン・アッシュの機体として登場。
アッシュの技量とワイヤーや変形機能を駆使したトリッキーな戦術でガンダムAGE-3やヴェイガンのモビルスーツと圧倒する。
セカンドムーンではガンダムレギルスやザムドラーグに苦戦するもAGE-3を回収する。
ルナベースではゼハート・ガレットの駆るギラーガと交戦するも決着は付かず。
その後、シドとの再戦ではゼハートのレギルスと共闘、シドの見えざる傘をアンカーを利用してゼハートにシドの位置を掴ませ撃破させる。
最終決戦ではレギルスを破り、親子三代でヴェイガンギア・シドと戦う。
旧式の改修機とは思えない鬼神のような強さを見せ、実戦経験豊富なアッシュの技量も相まって作中最強の呼び声も高い。


【パイロット説明】

キャプテン・アッシュ

CV:鳥海浩輔

宇宙海賊ビシディアンの首領。
その正体はフリット・アスノの息子であり、キオ・アスノの父であるアセム・アスノ。
かつて、漂流船の調査中に謎のMSシドによって部下は全滅し、愛機も大破するが、生き延びて宇宙海賊ビシディアンに拾われ、海賊として戦っていた(この辺りについては公式外伝「追憶のシド」で語られている。TVだと外伝とのつながりはぼかされていたが)。
船長キャプテン・アングラッソの死の間際、後を託されたアセムは「キャプテン・アッシュ」としてガンダムAGE-2ダークハウンドを駆り、和平が難しいなら戦力拮抗による全面対決(一方が有利な状況になり、殲滅戦が開始される状況)の阻止を目的として、両勢力からの裏切りや裏取引を潰していた。そんな中アセムは父フリットや息子キオ、ライバルのゼハート・ガレットと再会していく…

天性の反射速度を持っており、連邦軍時代にスーパーパイロットとして覚醒後はデシル・ガレットを一方的に撃墜、終盤にはゼハートとの一騎打ちに勝利をする等、劇中ではXラウンダーを多数撃墜しており、終盤では父親や息子等を含めてもトップクラスの実力を持つにまで至った(TV版ではガンダムレギルスを一方的な戦闘で55秒で、MOEでは背部に被弾し胸部装甲を引き剥がされた他、ドッズランサーを喪失しているが、撃墜している)。
TV版では、冷静さを欠いたゼハート相手に、即座にレギルスシールドを持っている左腕を切り落とし、次にライフルをサーベル投擲で破壊、ランサーで右腕を切断、胸にサーベルを突き刺しビームバスターを破壊、アンカーで頭部をつかんで頭部ビームバルカンの射角を固定しつつ破壊という神業を披露。
しかも、ゼハートが比較的冷静さを保っていたMOEですら
  • 爆発を利用した敵の煙幕を逆に利用しての急速接近で不利な射撃戦への移行を阻止
  • ビットの突撃をすべて回避して、最後はアンカーで防御しつつドッズランサーの犠牲のみであらかた撃墜
  • 頭突きを貰って体勢を崩しても、向けられたライフルに即座に反応、ライフルにサーベルを突き刺し発射されたビームを宙返りで回避しながら、かかと落としで体勢を崩して離させずに爆破して右腕を損傷させ、かかと落としのモーション中に右手でサーベルを抜く準備をしておき、爆炎を利用して目眩ましの中からサーベルで左肩を破壊(これによりビームサーベルとビットを完全に無力化)。
  • 損傷させた右腕と殴り合うことで右腕を破壊して、更にサーベルで右肩も切り離し、そのまま腹部にサーベルを突き刺してレギルスキャノンも無力化。
  • アンカーで頭部ビームバルカンの射角を封じ、バルカンを破壊。
等の描写で、ゼハートの強さがより感じられるにも関わらず視聴者に高い技能を見せつけた。
そのため、AGEの強さ議論ではフリット、イゼルカントとともに名前が挙げられ、また歴代最強オールドタイプの候補にもしばしば名前が上がる。
余談だがAGEにおいてアセムの他に師のウルフ、オブライトといいオールドタイプが活躍する印象が強い。

ただし、Xラウンダー能力を持っていないため、敵味方問わず周囲のXラウンダーが暴走による共鳴で苦しんでいるのに対し、一人だけ「?」と言いたげな顔でキョトンとしたり、非正規部隊の海賊にも関わらずわざわざフリットに戦闘介入すると通信を入れ、それに対し拒否されても「従う道理はない。俺は海賊だ、自由にやらせて貰う」と言い返すような反抗期のような事を言ったりとどこかコミカルなシーンが見える。
おまけにキオを戦場で初めて見た時にも「力を見せてもらう」と言い戦場に出ていることに対する事は何も言っていなかった(媒体によっては非常に苦悩していたが)など、フリットが多忙な中家族のために時間を作ったりXラウンダー適性試験に落ちたアセムを励ましたりと良い父親な印象が強い分、アセムはパイロットとしては超一流だが父親としてはいまいちではないかとの声が上がることも。
しかし、ヴェイガンから戻ってきたキオが自分とも、フリットとも違うやり方を目指す決心をした際には後押しをするなど父親らしいところも見せてはいる。きっと戦後はよい父としてキオにその姿を見せていることだろう。

前述のように圧倒的な実力、主人公であるアセム編においてフリットやキオと違い同世代のライバル、同僚や師匠などに恵まれているのでAGEの主人公の中では一番高い人気がある。

フリットが原作よりもハードモードを歩んでいると評判の「スパロボBX」では、原作以上に陰で活躍しており、他作品の人物など非常に広い人脈を持ち、ストーリー上でもしっかり活躍する。
同作ではフラグ次第でゼハートが生き残り、仲間になる上合体攻撃まで用意されているためファン必見。

【原作名言集】

  • 「ゼハート!味方を犠牲にしてまで、お前は何をしているんだ!」
    「そうか…なら俺が、お前を止める!」
    「人であることを捨ててまでやる大義に何の価値がある!」
    「人が人であるためのエデンじゃなかったのか!」(MEMORY OF EDEN)
    • 最終決戦にて、道を違えた友を止めるためにダークハウンドで一騎打ちを挑む。戦闘自体は互角だったが、戦術や咄嗟の判断では圧倒していた辺り、アセムの実力が見て取れる。
    • なおTV版においては瞬殺である。MOEのゼハートはエデンという理想の矛盾を理解し、ある意味では開き直っていたのに対し、TV版ゼハートは純粋にエデンが理想郷であると信じて戦っていた。この台詞を言われた時点で決着はついていたのだろう。
    • 「私欲のために味方を犠牲にする」という行為は兄デシルと同等の行為であり、TV版においては絶対悪として描かれている。またアセムはゼハートの戦う理由を「エデンを作る」としか聞いていない。彼の求めるそれが「人が人でいられる世界」のことであると、本人よりも正しく理解しているあたりに絆の強さが窺える。
    • アセム編EDテーマ『My World』の歌詞より。「僕が僕であるために 失っちゃいけないものは何?」

  • 「違う!戦争なんかじゃない!人と人との戦いだ、手を出すなぁっ!」「ゼハート…この俺が逝かせてやる…!」
    • こちらはPSP版ラストバトル。決闘を始めたアセムにフリットが言った「何をやっている、連携を乱すな!これは戦争なんだぞ!」に対しての台詞。

  • この…バカ野郎があああああああああ!(MEMORY OF EDEN)
    • 最後にレギルスの顔面を殴り飛ばすときの言葉、今まで届かなかったゼハートに拳が届いた瞬間、大人(鳥海浩輔氏)と少年(江口拓也氏)の声が合わさり、演出面では第3部のアセムと第2部のアセムが合わさった後、第2部のアセムがメインとなり、同じく第2部のゼハートを殴り飛ばすという演出となっている。

  • ゼハート、お前がいたからここまでやれたんだ…!
    • TV版・PSP版の決着後。そしてゼハートの中で輝く思い出、大会優勝後にアセムがかけてくれた言葉。アセムとしては無意識であろうが、この事こそ、彼がかつての優しい親友のままなのだという何よりの証明。第24話『Xラウンダー』も併せて観るとより深みが増す。

  • ゼハート、俺は前に進むぞ… お前の想いも、全て背負って!
    • TV版49話冒頭の台詞。ゼハートの想いを知るのはもはや彼一人。

  • ドッズランサーが…ない…(追憶のシド)
    • ビシディアンに加入して任務に挑んでいた際、MSを待機させている間にアセムをよく思わない裏切者からドッズランサーを外されており、戦闘開始時に気づいた。うっかりすぎない?

  • オレは戦争を起こす種を、破壊するんだ…大切なものを守るために…
    戦争は終わらない…ならばオレは…"戦い"という、敵を討ち続ける!!!(追憶のシド第3巻)
    • キャプテン・アッシュとしての初任務の前に副官のラドック・ホーンからの「元連邦であるお前が、連邦軍を襲うというのか…?」という問いに対して。アングラッゾやウィービックの遺志を受け継いだアセムが連邦やヴェイガン全てを敵に回してでも戦火を広げないように、そして改めて大切なものを守るという覚悟を決めた瞬間。

  • 悪いな…ビシディアンの縄張りは…この宇宙…全てなんでな!!(追憶のシド第3巻)
    • 初任務達成後にして追憶のシドの物語を締めくくる台詞。以降アセムは自らのやり方で戦いを止めるために活動を開始する事になる。

  • 見つめなおすキッカケができたと思え
    どうせ一度死に損ねたんだ。家も、親も、全部取っ払って、自分自身を見つめ直してみるといい
    そうすれば、戦う理由が見えてくるかもしれんぞ(スーパーロボット大戦BX)
    • 敵によって心の闇を増幅されたとはいえ仲間を裏切ったため、一人死を選ぼうとしていたリディ・マーセナスを諭した場面。家族も名前も捨てたアセムが言うため、説得力が強い。


【VSシリーズでの活躍】

EXVSMBON

ガンダムAGE-FXのアシストとしてダークハウンドが登場。
アンカーショットで射撃をガード、もしくはストライダー形態で空輸する形で息子をサポートする。
アシストのわりにモデリングがしっかりとしていることからひょっとして参戦するのでは?との声もあり、2017年4月末にプレイアブル機体としてついに参戦。
パイロットは「キャプテン・アッシュ」名義で、コストはAGE-2ノーマルと同じ2500となる。
メインおよびCSがドッズランサーによるビームマシンガンと投擲による実弾、AGE-2ノーマル同様の高い機動力と2種類の優秀なアシストを持ち、ブーメランにアンカーなどの迎撃兵装、そして各種格闘を持つ格闘より万能機。
最近の流行りのメインアシストキャンセルこそないものの、ブーメランからアシスト、それからメインと豊富なキャンセルルートを持ち、迎撃能力も高い。
高い機動力を生かして自衛力を押し付けていくのが得意。
覚醒技はでゼハートのレギルスとの決着動作「この…馬鹿野郎がぁぁぁ!!」で最後は殴り飛ばす。あまり動かないがすぐに終わるタイプ。
覚醒技以外のモーションとしても原作再現の動作が多く。アッシュの台詞も豊富にあり、レギルスのゼハートと同じ戦場にいると敵味方問わず豊富な掛け合いがある。
また、サイコ・フレーム搭載機相手に「人の心の光」を「イゼルカントがゼハートに語った光」と誤解する愉快な台詞も。

EXVS2

ダークハウンドは前作で暴れたため機動力低下とCSのランサー投げの誘導が皆無になる、アシスト…とくにレバー入れアシストの誘導が大幅に落ち、二段格闘の打ち上げダウンから一段のよろけになったのを中心に大幅に弱体化した。
一方で新規武装としてヒットするとダウンさせずに相手を引き寄せるアンカーショット薙ぎ払い、Nと横から特射派生で出せる格闘乱舞が追加。
ちなみに格闘乱舞に覚醒技の台詞が移動し、覚醒技使用時は名前通りの原作の台詞で固定となった。
迎撃性能こそまだ見れなくもないが、それ以外…とくに射撃戦はだいぶ辛い。
一方でレギルスは機動力の大幅な上昇をはじめだいぶ強くなり、前作の解禁時と真逆の状態にある。
もし敵対しても原作再現しようと単独で戦うのではなく、ウルフ隊時代のように仲間と息を合わせて戦いたい。


【勝利・敗北ポーズ】

勝利ポーズ

通常時:右腕を突き出し、アンカーショットを射出する。キオ編のOPの再現
アシスト呼び出し時:シャルドールローグ、Gエグゼスジャックエッジと共にポーズ
覚醒時(EXVS2より追加):変形解除して左手にアンカーショットを持ってポーズ

敗北ポーズ

ショートしてのけ反ったまま宙を漂う


【その他の活躍】

ガンダムビルドダイバーズ

謎の仮面ダイバー・キョウヤの使うガンプラとして登場。
リクのガンダムダブルオーダイバーやユッキーのジムIIIビームマスターと共に連戦ミッションに挑み、ブレイクデカールの影響で暴走したデビルガンダムの攻撃からサラとモモを庇い、真の姿であるガンダムAGE-IIマグナムの姿を現した。
ダークハウンドの姿は正体を隠す為の外装であり、デザインも原型機とは大分異なっている。


【余談】

黒いガンダム、2号機、宇宙海賊、ランスとこの機体との共通点が多い。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。