ローゼン・ズール

登場作品 機動戦士ガンダムUC
形式番号 YAMS-132
全高 22.5m
重量 25.8t
所属 ネオ・ジオン軍(袖付き)
主なパイロット アンジェロ・ザウパー
主な装備 3連装メガ粒子砲×2 シールド内蔵メガ粒子砲 サイコジャマー
特殊装備 サイコフレーム

【設定】

ユニコーンとの戦闘で中破したアンジェロ専用ギラ・ズールに、シナンジュの予備パーツを組み込んで修復・改修された機体。

第一次ネオ・ジオン抗争に投入されたハンマ・ハンマをベースに開発され、コクピット周辺にサイコフレームを配したサイコミュ搭載機として完成した。下半身はほぼギラ・ズールと共通だが、腕部は三又のクローを備えた巨大な物に換装され、頭部は機体名の由来であるバラの花びら状の装甲板に覆われている。武装もハンマ・ハンマを踏襲しており、腕部は3連装メガ粒子砲を内蔵した簡易サイコミュ兵器「インコム」として射出され、3門のメガ粒子砲を内蔵した専用シールドを装備している。

【武装解説】

サイコジャマー

背部コンテナに装備された、対サイコミュ用特殊デバイス。花びら状の遠隔操作端末であり、6基を内包している。この装備は、八面体のサイコフィールドを形成して敵機を閉じ込め、その範囲内でのサイコミュ兵器を無効化する機能を持つ。フル・サイコフレーム機であるユニコーンガンダムには特に有効な装備であり、NT-Dシステムの発動を阻害する働きを見せる。
ゲーム中では命中するとスタンする。
かなり優秀な性能なのだが、使用時にアンジェロが盛大に叫ぶせいで発動するのがばれてしまうのが欠点。
一方、OVAでは叫ぶどころか無言で使用したので、本作のプレイヤーからは物足りないなどと言われたりするとか。

【原作での活躍】

EP5最終盤にシナンジュと共にゼネラル・レビルを襲撃し、ガランシェールとネェル・アーガマへの攻撃のために出撃していたMS隊を有線式メガ粒子砲とシールド内蔵メガ粒子砲により全滅(大破)させ、シナンジュのために露払いを行った。露払い後、シナンジュに対してお辞儀をして画面外へ消えていく。
EP6ではネェル・アーガマ艦内MSデッキにてクシャトリヤ・ベッセルングと交戦。冒頭のゼネラル・レビル所属MS隊を殲滅した活躍が嘘のように一方的に踏まれ蹴られ殴られ体当たりされる。その後はNT-Dを起動したユニコーンにジャックされる目前でフロンタルを回収し右腕を切り離し撤退。
EP7ではその時切り離した右腕にシールドを直接取り付ける応急処置を施した状態で出撃。MS部隊を率いて箱の解放を目論むバナージ達ネェル・アーガマ隊の足止め、妨害をする。
途中でバンシィ・ノルンとの戦闘から離脱し、参入してきたバナージを発見し武装が無くなった頃合いを見計らって強襲する。ここでEP6で使われることがなかった対NT-D専用兵装サイコ・ジャマーを展開、NT-Dを強制ダウンさせユニコーン状態に戻し、一方的に苦しめる。しかしマリーダの思念を感知して覚醒したバナージにユニコーンが反応し、サイコ・ジャマーの縛りを解き再度NT-Dを展開。
その後はパイロットのアンジェロとバナージが精神感応を起こし、アンジェロがそれを拒絶、反応したローゼン・ズールがクローで自らのコクピットを貫き機能を停止。サイコ・フレームの光が薔薇を模って物語から退場する。


【パイロット説明】

アンジェロ・ザウパー

それまでの活躍は、こちらを参照。
変わらずフル・フロンタルに心酔しており、この機体に乗り変えてからはさらに顕著になる。
フロンタルの関心を惹き、それに対応しないバナージに憎悪の念を向けており、箱の鍵でなければ殺そうとさえしていた。
最終決戦終了後にシナンジュと戦死したフロンタルを見つけ、涙する。
OVAでもアンジェロはフロンタルを見つけるが原作と違いフロンタルが浄化され、満足して逝ったため悲しみながらも微笑むという同じようで全く違う最後を迎えた。

公式外伝漫画「『袖付き』の機付長は詩詠う」では部下や整備士に対して紳士的な姿を見せており、今までのイメージとは大きく異なっている。

【原作名言・台詞集】

  • 大佐は人を超えられた方だ!
  • 棄民の王となる大佐こそ、『箱』の持ち手に相応しい。それを理解しない愚民どもめ……!
  • お前らは染みだ。残らず消してやる!
    • 彼がどれほどフロンタルを狂信しているかを表す言葉。
  • お前たちはいつだってそうだ!!無責任で!弱くて!
  • 忠義面して世界を滅茶苦茶にした戦争屋共!みんな汚らわしい染みだ!
    • どちらも彼が自身の凄惨な過去を作り出した元凶に対する言葉。前者は裏切ったジンネマンに対して、後者は味方ごと撃った時の発言。ちなみに「染み」とは自身(白いシーツ)を汚すもの、の意味。
  • 初めて会った時から気に食わなかった。死んじゃえよ、お前!
    • バナージに対する憎悪を表した言葉。単にフロンタルの関心を惹くバナージに対するものだけでなく、平和な世界で暮らしてきたバナージ達少年に対する怨みも籠っている。
  • なぜ貴様なのだ……望んでもいない貴様が、なぜ必要とされる……!見るな……見せるな!
    • バナージとの精神感応に対する反応。はっきりとした拒絶の意思が感じられ、原作ではこの結果精神が破綻した。


【ゲーム内での活躍】

EXVS.FB

EP6の公開に合わせて、3/26に追加。コスト2000の支援機。
ベースとなったハンマ・ハンマと比べて、メインとサブの弾数が差別化され、弾数管理が非常に楽に。更にBDCでのインコムの強制回収が無くなり、射出中にサブを押すことで任意のタイミングで回収が可能に。相変わらずメインは振り向き撃ちが実質存在しない(ただし射撃地点は自機の斜め後ろになる)。更にハンマ・ハンマのメイン武器同然の存在だった特射のシールド内蔵メガ粒子砲は単発になり、弾数2発の吹き飛ばしダウンに、格闘も素直な挙動の物と後格のスタンアンカー等、ハンマ・ハンマの足りなかった部分の大半を手に入れた形になっている。
しかもインコムを飛ばしている時もシールドが可能なのでシールドしつつインコムの射撃を当てたり、インコムで左右から挟み込んだ状態で特射と組み合わせて擬似クロスなんていう事も可能。
特格のサイコジャマーは触れた敵をスタンさせる設置武装。本機独自の性能としてユニコーンガンダムが触れた場合NT-Dを強制解除させることができる。しかし、クールタイムなしでNT-Dのリロードが始まり、下手すると回転率を上げてしまい、逆にピンチになることも。さらに使用時にブシドーやレオス並に叫ぶせいで使用するのがバレる。また同じNT-Dであるはずのバンシィは不可能。
覚醒技はシールドからメガ粒子砲を拡散させながら照射するもの(おそらくゼネラル・レビルのMS隊を多数撃破したアレの再現)。

今回の彼には多くの特殊台詞が用意されていたり、彼に対しても特殊台詞が数多く用意されているが、彼に対するセリフの殆どはひどい扱いなものが多い。

EXVS.MB

上記に加え、後格が虹ステ可能になるささやかな上方修正が入り、覚醒時に親衛隊仕様のギラ・ズールが2機アシストするようになった。
フルアーマーユニコーン、バンシィ・ノルンと二機のユニコーンが参戦したが、やはりサイコジャマーを受けてもユニコーンモードに戻らない。
前作のシナンジュに代わる形でOPデモにも登場。
FAユニコーンのマグナムとΞのメガ粒子砲をいっぺんにガードしたり、インコムでFAユニコーンのシールドを破壊したりと、かなりの活躍ぶりである。

EXVS.MB-ON

格闘CSでシナンジュを呼び出せるようになった。
また、シナンジュのアシストがギラ・ズールから本機に変更となった。


【勝利・敗北ポーズなど】

勝利ポーズ

通常時:お辞儀をするようなポーズをとる。
EP5終盤で大佐の為の露払い後に見せたお辞儀ポーズの再現。ただし画面外にフェードアウトはしないしシナンジュも現れない。
シナンジュ呼び出し時(ONで追加):シナンジュと共にポーズ。
覚醒時:サイコジャマーユニット6基を自機の周囲に展開し仁王立ち。

敗北ポーズ

左腕のクローを自機の胴体部に叩きつけ膝から崩れ落ちる。右腕のインコムは失われている。
原作でバナージのNT能力で自身の心を覗かれた事に激昂し、自ら命を絶とうとした行為の再現。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。