ブレイズザクファントム

登場作品 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
型式番号 ZGMF-1001/M
全高 20.4m
重量 91.2t
所属 ザフト軍
搭乗者 レイ・ザ・バレル
ディアッカ・エルスマン
ハイネ・ヴェステンフルス
武装 MMI-M633 ビーム突撃銃
MA-M8 ビームトマホーク
ハンドグレネード×4
M68 キャットゥス500mm無反動砲
AGM138 ファイヤービー誘導ミサイル
対ビームシールド×2

【設定】

ザフト軍が開発したニューミレニアムシリーズ、「ザク」の指揮官仕様。
ザクウォーリアと基本性能は同じだが片方だけだったシールドを両肩に、そして頭部には隊長機お馴染みのブレードアンテナを追加して通信・指揮機能の強化を図っている。そしてニューミレニアムシリーズにお馴染みのウィザードシステムも使用可能。
ファントムは英語で「幽霊」「亡霊」「幻影」を意味する。

高機動型のブレイズウィザードは多数のスラスターを備えており、宇宙戦を想定して設計されているが、大気圏内でも使用可能。
ただし、飛行能力はないため、地上戦では機動力強化装備となり、空中戦を行うにはサブフライトシステム「グゥル」の併用が必要となる。
ブレイズは英語で「火炎」「劫火」を意味する。

物語序盤はレイ仕様のホワイトカラー、ハイネ仕様のオレンジカラー、終盤はディアッカ仕様のブラックカラーが登場した。
その後は新型のグフイグナイテッドが隊長機となり、ザクシリーズは一般兵向けに当てられていった。


【武装】

AGM138 ファイヤービー誘導ミサイル

両側のスラスターブロック先端部に内蔵された小型ミサイル。
広範囲目標の制圧や弾幕による撹乱に威力を発揮する。
装弾数は片側19発の計38発。


【劇中での活躍】

初登場は2話目、ミネルバ搬入前にファントムペインの襲撃にあったため、レイ機がウィザードを装備していない素体の状態で出撃、シンの援護に入るがアーモリー・ワン脱出を許してしまう。
そのまま追撃をかけるがガンバレル・システム搭載型MA「エグザス」に足止めをくらってしまい奪還に失敗、母艦であるミネルバに帰艦し追撃戦に参加、続く小惑星帯での戦闘では小惑星に埋まってしまったミネルバからスクランブル出撃、トドメを刺しに来たダガーL(無反動砲装備)を撃破、エグザスを食い止めミネルバの脱出を援護した。

地上に降りてからはレイは主にブレイズウィザードを装備し、艦上からシン、アスランを援護、ルナマリアと違ってちゃんと敵機を撃ち落としていたが、オーブ軍の物量差から大破。その後は不明。

【パイロット説明】

レイ・ザ・バレル

CV:関俊彦

ミネルバに配属された赤服のMSパイロットであるが、正体はラウ・ル・クルーゼと同じアル・ダ・フラガのクローンである。
彼等との違いは髪の毛がクセ毛では無く、綺麗なロングストレートだという事だろうか。
パーソナルカラーは白で、ノーマルスーツとザクファントムも白くしている。
ちなみにレイがレジェンドに乗り換えた後はイザークが白のグフイグナイテッドに乗っている(白にした理由は現在でも隊長としてはクルーゼを尊敬しているから)。
ザフト最高議長であるギルバート・デュランダルに絶対の信頼を寄せており、レイは彼の事を「ギル」と呼んでいた。
パイロットとしての腕は非常に高く、更にシンと違い冷静沈着で視野も広い為、突っ走りがちなシンのストッパー役も務めていた。
但し冷静沈着が常だった為か、冷たい性格に見られていた(実際仲間に辛辣な言葉を吐く事もある)。
だがシンやルナマリアと過ごす日々は彼にとって掛け替えの無いものだったらしく、議長の命令が第一とはいえ、心のどこかでは2人の事を大事に思っていた様だ。
ちなみにキラの戦術を分析し、フリーダムを倒す為のアドバイスをしたのも彼である。
実はテロメアの短さまでラウと同じく失敗していた為長くは生きられない運命であり、物語終盤では体に限界が来ていたらしい。
本編最初期や各OPではネオとの対比的な演出や感応が描かれており、絡みも期待されていたが話の尺の問題でほぼ全部削られてしまったという。ネオはムウである事がバレバレな上、レイの声優も声優なのでレイの正体を示す分かり易いメッセージになったといえばいいのだろうか

乗り換え後はこちら

【ゲーム内での活躍】

連合VSZ.A.F.T.

レイ機がコスト450の高機動万能機として登場、標準的なBR、足は止まるが広範囲に広がり幅広い用途に使えるサブのファイヤービー、早い弾速と優秀な銃口補正で着地狩りに使え、更には格闘を外した際の保険にもなるCSのファイヤービー、伸びが優秀な前格闘や判定が優秀で良く動く横格闘、全体的に優秀な足回りなど基本性能は高い。
しかし、耐久値がセイバーと同じで同コスト帯最低で、優秀なサブとCSは足が止まるという、最低の耐久値が強さを殺してしまっている事態になっている。

家庭版の『連合VSZ.A.F.T.II PLUS』では、解禁要素としてハイネ機とディアッカ機も登場。
ハイネ機はCSを失った代わりにコンボの起点に最適なトマホーク投擲(性質はブーメラン)を得た。
ディアッカ機は格闘が単発になってる代わりにBRが手動リロードになっている。

EXVS.

ガナーザクウォーリアのアシスト(特殊射撃)としてレイ機が登場、連ザのCSのようにファイヤービーを乱射する。
覚醒以外でのリロードが無いが性能は優秀、ルナザクの覚醒目的がザクファントム召喚のリロード目的として使われるほどでルナザクの生命線ともいえる。

EXVS.FB

撃ちっ放しから撃ちきりリロードに変更。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。