【種別】
人名

【初出】
新約十三巻

【解説】
学園都市の外からやってきた、『どこにでもいる平凡な高校生』を自称する少年。
上条幻想殺しと同種にして対極とされる異能力、『理想送り』をその右手に宿している。
魔神娘々ネフテュスの前に突如として現れ、彼女達を含む全ての魔神を追放するという衝撃の登場を果たした。

茶髪で身長171cm、自身も貧相だと認めるぐらいの特に鍛えられているわけでもない体格。
これといった個性や趣味もない事を気にしていて、肩を鳴らす事を癖にしようとしているが、殆ど鳴っていない。
が、上条と対立した際に感情が高ぶった時、初めて音を立てた。
優しそうな声色だが、その言動の節々に退廃的な雰囲気がある。

上里自身は学園都市の人間ではなく、地方のどこにでもあるような高校の生徒。
能力を手に入れるまでは平々凡々な学校生活を送っており、
女性関係も、上手く会話できない疎遠な幼なじみの獲冴や、ちょっと気になるクラスの園芸部員暮亞程度。
上里もそれに満足しており、平凡な日常を愛していた。
(しかし「絶滅犯」の義妹サロメに対し、兄として普通に彼女に接していた事から、この時点で既に本人に異常性はあったと思われる)

しかし11月初頭、後に理想送りと称すことになる謎の力が宿り、彼の状況は一変してしまう。

能力に呼応するかのように「困難に苛まれている少女」達が現れ、上里の持つ「女の顔した物ならなんでも救うクソッタレな性質(ヒーロー性)」により、少女達を助けていくことになる。
が、救いを与えられた少女達は上里を異常な程に慕いだし、
更には原石魔術師といった常軌を逸した存在と化していった。
そして少女達は、上里勢力と呼ばれる「上里の為になんでもする」集団と化した。

上里はこの上里勢力が「望んでいた未来を無理矢理変えられた物」であるとして、自らの思想を壊した魔神への復讐を誓う事になる。

が、本当の理由は「普通の高校生」である自分を慕う少女達が理解出来ず、
また「理想送りによって作られた繋がりだから、右腕が消えた時に自分から離れていってしまう」といった感情に怯え、
魔神を倒し元の生活に戻す事でその恐怖を治そうとしていたのが実情である。
(これは、新約9巻でオティヌスが上条当麻に見せた「偽上条当麻が上条当麻の席を奪った世界」
でのオティヌスが上条に囁いていた事と近い物がある)

しかし15巻ラストで、右腕が唯一に取られたのに自分をまだ慕ってくれた少女達に対し、考えを改める事になる。
(しかし、ここで感情がブレてしまったため、16巻での自らの消滅を引き起こしてしまう事になる)

右手の力には辟易しているが、根本的な思考は善人のそれであり、目の前の人間を見捨てるかどうかと言えば、彼は必ず救う。
その結果が上里勢力という集団であり、
サンプル=ショゴスを利用したトラップ工作にも怒りを露わにしている。

自己評価は「何事も平均値かそれ以下しか叩き出せない凡人」と低いものの、
僧正が、
「幻想殺しは偶然で上条当麻に宿ったのではなく、神浄の討魔たる魂の輝きに惹かれて定着した」
と語っていたように、
ネフテュスは「上条当麻と同じように、上里翔流もまた、理想送りを引き寄せるほどの何かを持っていた」と考えていた。
基本的に敵対関係にある上条でさえ、「上里もまた皆に慕われるヒーローである」という一点だけは認めている。

彼の存在は真のグレムリンの魔神達はもちろん、
アレイスター=クロウリーですら知り得なかった事であり、
娘々やネフテュスの前に姿を現した際に初めて存在が確認され、
唯一ローラ=スチュアートのみが最初からその存在を関知していた。

上条当麻に対しては、「同じ右手に能力を与えられた被害者」として接しようとしたが、考え方の違いにより対立、以降は互いに「敵か味方で言えば敵」と言った関係になっており、翌日出会った際には本気の喧嘩が起こっていた。

ことあるごとに「平凡な高校生」を強調したがるが、右手が無かった16巻では、
「もし学校にテロリストが現れたら?」をシミュレートし、
日常雑貨を使い極めてマニュアル通りな戦法で100m超級のエレメントを難なく倒す等、卓越した戦闘センスを見せる。
彼曰く、「平凡であるがゆえの自由度の高さ」であるようだが、
その様子を見た上条からは「これが本当にどこにでもいる平凡な高校生なのか」と疑問を持たれた。

17巻にて理想送りを取り返すも、上条当麻の「上里勢力は自分で上里に付き従っているだけだ」という発言に信条が揺れ動いていて、
窓のないビル地下のロケットブースター作動阻止のため理想送りを使用するが、
ブースターの消去と共に『願望の重複』を抱えていた自分自身を消失せしめる結果になった。

が、その後上里勢力は「上里翔琉」を餌に木原唯一に操られることになる。
しかし、消滅寸前上里が「彼女達を宜しく頼む」と上条に言った事で、
上条当麻は上里勢力のため上里を救う事を決意。
ルカ・フランといった少女達の奮闘と「脇役・上条当麻」の手助けにより
上里翔琉は無事に元の世界へと帰還、己と少女達が当たり前の日常で輝けるべく立ち向かうことを決意する。

【作中での行動】
新約十三巻。
娘々とネフテュスの前に現れ、娘々を追放する。
その後「他の魔神達は...?」と問いたネフティスに対し、「知らないし覚えていない」と返し、
ネフテュスも消し飛ばした。が、彼女の主要な臓器は別の場所に保管されていたため、結果的に逃走を許してしまう。

新約十四巻。ネフテュスが上条のところに転がり込むことを予見し、上条の前に現れるが、
現地に現れた『』と『黒』の戦闘に巻き込まれたため、一時上条と共闘。
『黒』の正体であったパトリシア=バードウェイを回収し、現場を離れる事になった。
上里勢力のメンバーである絵恋達と合流し、パトリシアの事情を聞いた後、
上里は『サンプル=ショゴス』の除去が難しい事を踏まえ、 パトリシア自身ごと理想送りで消滅させる手段を提案したが、
「姉を救いたい」という強い思いから彼女はこれを拒否。
実際に理想送りに触れても、「理想郷を望む意思」がないために影響を受けなかったことから、
パトリシアにヒーローとして尊敬の念を持ち、「命をかけてでも姉を救う」という彼女の望みを叶えるために協力を約束する。

そして、再び上条と対峙し、『同じ』特別な右手を持つ「平凡な高校生」上条に対して、
「望みもしない力を与えられ、日常を乱された者」としての意見交換を求めた。
しかし、同類だろうと期待して身の上を話した上条に、
「俺とお前は全く違う」「他人を信じることができなかったから疑念を払えなかった」
「自分を信じることができなかったから卑屈に定義付けた」と評され、決裂。
『幸運』を通して卑屈になっていた上里と、『不幸』を通して前向きになっていた上条では考え方が合わなかった。

レイヴィニアとパトリシアの主張の激突における戦闘ではパトリシアに付き、
上里勢力の人員も導入して上条達と交戦。そこで上条と再度主張をぶつけ合うが、
最後までレイヴィニアとパトリシアの両者を救うための方策を諦めない上条に論破されて敗北。
上条の提案した、暮亞の能力を利用したパトリシア救出作戦に協力する事になった。
パトリシア救出後、上条に「魔神に対して復讐しようと思わないのか」と尋ねるも、
「パトリシアを救ったネフテュスを見ても『悪』だけしかないと思うなら、お前の方こそが敵だ」と断じられる。
そして、「幻想殺しと理想送りがぶつかったらどうなるのか?」という純粋な疑問を解消するため、上条と激突した。
幻想殺しとの激突は理想送りの勝利に終わり、上条の右腕を消し飛ばした。
が、しかしその直後、その『奥』から出てきたモノに襲われ、撤退を余儀なくされる。

撤退の直後、アレイスターの意向を受けて現れた木原脳幹と対峙。
理想送りを受けて対魔術式駆動鎧を消し飛ばされても、
「新たな天地を望むか?」と問われてもなお、 自身の理想や願望を決してブラさず、
『願望の重複』をもたらすこともなかった脳幹に対し、敵として敬意を示した。
抵抗する脳幹を警棒のような物で滅多打ちにして撃破した後、いずこかへ姿を消した。

新約十五巻。僧正がとある高校を破壊したため、上条達は別の学校の校舎を間借りすることになったのだが、
上里自身もその学校に一足先に転入しており、図らずも激闘から一夜明けて上条と再会する。
(なおさらっと流されているが地の文曰く軽く殺し合いになった模様。)
幸い、初日ではお互いいがみ合いながらも平穏に日常生活を送った。
しかしそのまた翌日、去鳴が学園都市に侵入したことをいいことに、去鳴への対処に協力する振りをして
上里勢力のメンバーと共に上条の殺害を決行。
だが上里を元に戻す為に必要と判断した去鳴が上条を助けた事、
去鳴と交戦していた一方通行が現れた事により上条を逃す。

その後、青髪ピアスを含めた上条の男子クラスメイトとで、上条の右腕から出たモノの正体を
掴むつもりだったようだが、復讐を図る唯一の策により隙をつかれ、理想送りごと右手を切断され出血多量で気を失う。
辛うじて意識を取り戻すが、右手を唯一に簒奪されたため、上里勢力が唯一に従い自分を殺そうとするだろうと思い込み、
近づく少女達に対し初めて恐怖を露わにする。
しかし、以前と変わらぬ様子で慕う彼女達の姿を見て、ようやく己の勘違いを悟り、迷走を止めて正当な進化を歩めるようになる。
そして唯一に奪われた理想送りを取り戻すべく、他でもない「仲間達」と共に決着をつけることを決意する。

新約十六巻。木原唯一との決戦に挑むために、彼女が放ったエレメントの活動を抑えるために、
府蘭に指示を出し予め学園都市にマイクロ波を放った。
(学園都市全体を高気温にしておかなければエレメントの活動が活発化し半日で学園都市は制圧されていたため)
すなわち巻の冒頭から描かれていた大熱波を引き起こした張本人である。
上条、常磐台中学の水晶の塔の破壊工作後に急襲してきた唯一から彼女等を救い、上条を自分達の拠点に連れていった。
そこで上条に事情を話し、唯一がいると確信される『窓のないビル』への殴り込みを持ちかけ協力を得る。

唯一との決戦では、復讐者として先人であることによる唯一の思考の読みと、
仲間達の「世界」を把握していることによる連携でA.A.A.を駆使する唯一に理想送り無しで対抗。
獲冴の能力によるハッタリで唯一を動揺させ、その隙にA.A.A.の破壊に成功。
が、「ブースターによる全面焼却を阻止するために理想送りを使わせ、『願望の重複』を抱える上里を消し去る」
という唯一の策を突きつけられ、やむを得ずこれを受諾。
既にこの時点の上里は「魔神への復讐者」の域を脱しており、「復讐を果たしたい」「周囲への被害を抑えたい」という、
相反する願望を抱えてしまっていた。
理想送りを使用すれば自身が『新たな天地』へ追放される。しかし使用しなければブースターの高熱で全員まとめて炭になる。
自らが追放されることを覚悟の上で、なお強引に繋ぎ合わせた右手を振るい、上条達を文字通り死守。
「この子達を頼む。大丈夫、きみならいつもやってきたことだろう?」
そう言って、上里翔流は笑いながら消えた。
最後の最後、共に戦った少女達を上条に託すという「呪い」を残し、「どこにでもいる平凡な高校生」はこの世界から消失した。

「とりあえずお前、魔神総出でボコられろ」
新天地に送られた後は先に送られた魔神に死なない程度にお礼参りされた。
(娘々曰く「くっくっ、カミサマじきじきに演武のお相手してあげたんだから、むしろ感涙にむせび泣いてほしいくらいだよ」)
上条を殺したオティヌスの前例を見るに、丸腰の上里が魔神から本気で袋叩きにされれば一瞬で原型を失うのは想像に難くない。
娘々が冗談めいて「演武」と言うように、かなり加減されていたと思われる。

その後彼に悪意を抱いていない娘々とネフテュスに彼を(今度は本気で)殺害しようとする魔神から保護され、地球を幾度となく破壊する「神」同士の闘争を安全圏から目撃。
今まで描かれることが無かった「全力全開の魔神同士の激突」である。
(手始めにヌアダの学園都市のビルを巻き込む虫で構成された巨大なダイスやコイン、カードの投合、それに対抗する娘々の指先から出てくる数多の刀剣類の銃撃、
プロセルピナの太陽を隠すことでの惑星規模の人工氷河期、それから逃れるべく窓のないビルをロケットに見立て娘々の術式でブースターとし大気圏離脱、
テスカトリポカの世界地図の形を変える程の天の槍での爆撃、そのテスカトリポカを叩き付け地球を解凍、
「うーん! 世界は今日も希望の光で満ちてるねえ!!」
と良い笑顔で言う娘々)
その様子を
「......ぼくは今の今までこんな脳筋のバカどもを黒幕と勘違いして八つ当たりしていたのか」
と頭を抱えた。

魔神の戦闘の最中、理想送りが上里に宿った理由。
それは自分は「どこにでもいる平凡な高校生」...「ではない」ことを自覚していたのではないかと問われる。
非日常を妄想し、「本当にその通りにどうにかしてしまう」自分の異常性にこそ理想送りは彼を選んだのではないのかと。
その問いに「本物の神と戦うような非日常の中の非日常でしか輝けない自分とは何なのだ」と嘆きを口にした。
まるで、上条が黄金の世界によって自身の軌跡を全て否定された事を慟哭したように。
そして娘々から「異形の世界で輝き続けるか、人間の世界で埋もれていくか」の問いに「ありふれた世界の中で何度でも挑戦し続けたい、輝ける自分に!」という答えを口にする。
そして、娘々とネフティス、二柱の魔神はその答えに価値を見いだした。

--そして、彼は帰るべき場所へ帰る。
木原唯一という悪意が「完成」した「何か」から、大切なものを守るために。
(なお帰ってきた直後にその大切なものからフライパンでぶっ叩かれたり、十円玉がぎっしり詰まったペットボトルでぶん殴られたり、蔦に絡め捕られ、義妹がカッターナイフを食べて力を蓄えられ、挙げ句馬鹿デカいトレーラーに突撃されられかけた)

【余談】
オティヌスから「上条が天然のダイヤなら上里は人工のダイヤ」と称されているが、実際は上条と同じく「天然のダイヤ」。
これは上条勢力のオティヌスが上里を色眼鏡で見ていた故の評価であり、上条と交流を交わしてない去鳴、琉華、府蘭以外の上里勢力が上条をどう評価するのかと同じと思われる。
本人が素晴らしい輝きを持っている点、その輝きが多くの人を惹き付ける点、描いた理想像をまっすぐなぞれる点、それを笠に着る事無く困った人を助け出す点。右手に宿る力の名が本質そのものな点。
そして何より、これらの凄まじさを本人がまるで自覚していない点まで徹底して上条と共通している。

上里の信念は「迷いながらも抱いた理想を現実に押し潰される事なく為し遂げさせる」と言うべきものであり、庇護対象の何よりも譲れない矜持を尊重し、為し遂げる後押しをする事で救う。
つまり上条と同じく右手に宿る力の名--「理想送り」の名の通り「理想へ送る」というヒーローである。

【口調】
一人称は「ぼく」。二人称は「きみ」。
理想送りの使用時には、「新たな天地を望むか?」と問いを投げかける。
「ぼくは上里翔流。どこにでもいる平凡な高校生さ」 
「なあ、一つ教えてほしいんだ。きみにとっての『救い』の定義を」 
「新たな天地を望むか?」