疫病のシスラウ

◆ステータス
キャラクター名:疫病のシスラウ
種族:フェアリー
メイン職業:〈精霊〉
サブ職業:〈典災〉《ジーニアス》

◆解説
 4番目に目覚める〈典災〉のひとりで毒を支配する。
 背中に鮮やかな紫色の蝶の翅を持つ、身長30cmほどの美少年の姿をした風の妖精・フェアリー系のモンスターに受肉している。非常に饒舌で、思ったことを言葉として垂れ流しているようにも見えるが、人の話はさっぱり聞いていない。
 人を小ばかにしたような態度で相手をイラつかせるが本人に悪気はない。趣味はお菓子作りで、クッキーやキャンディなどを開発してあちこちにバラまいているが、当然のことながら全て毒入りであるため、知らない妖精にもらったお菓子は絶対に食べてはいけない。
 風を操る魔法と、翅から舞い散る鱗粉を武器に攻撃する広範囲攻撃型の魔術師である。彼の鱗粉は周囲の土地を毒で汚染し、そこに住まう生物を洗脳する効果を持つ。風の魔法で敵を吹き飛ばし、邪毒のフロアなどの汚染された地形へ移動させ、洗脳で配下にしたモンスターに襲わせるという戦術を好む。彼の周囲の地形は毒に汚染されているが、彼自身は宙に浮いているため被害を受けない。
 ある者から情報を聞きアキバの近くにやってきた。アキバの東方〈ボダレルの原野〉を支配する〈丘巨人〉《ヒルジャイアント》に目を付け、〈コルヌ川〉を毒で汚染。原野を支配していた巨人族を毒で洗脳・改造し配下にしている。目的や正体は一切不明ながら、〈冒険者〉と同じく、この世界の「外(現実世界)」を知っているかのように振る舞う。アキバの住民達を疫毒で苦しめるが、討伐しに来た〈にゃんこ亭〉の〈冒険者〉達に敗れ消滅した。
 元ネタは四時のゲニウスの一人で毒を支配する「Sislau」。
 ログ・ホライズンTRPG リプレイ2『ごちそうキッチンと病の典災』に登場。

◆アイテム


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。