【種別】
燐子

【初出】
ドラマCD

【解説】
紅世の王フリアグネが、日本で最初に生み出した“燐子”。通算5918番目にあたる。
元は工場で作られた青いネコのぬいぐるみ。フリアグネが製作した“燐子”ということもあり、水準以上の能力と意思総体を持っていた。

フリアグネの“燐子”の内、戦闘向けでないかよわいモノたちの多くと同様、通常戦闘時はブースターであるマネキンの鎧に入り戦闘を行った。また、存在を再構築して毛の長い猛獣の姿を取ることも可能だった。
I巻最後の戦いでは、フレイムヘイズ『炎髪灼眼の討ち手』シャナに鎧であるマネキンを両断された後に他の“燐子”の爆破に巻き込まれてビルの外に落下していた。

主のフリアグネ亡き後も数日間存在を維持し、ミエコと言う少女のトーチ(元は女子高生だったと思われる)を操って坂井悠二に接近、宝具を狙って襲撃するも、シャナに阻まれ討滅された。ドラマCDではこの事件をきっかけに悠二がシャナに鍛錬を頼んだりとか、当日飲んだコーヒーがシャナは初めてだったりとか本編と若干異なっていた。
漫画版ではエピソードに変更が加えられて登場し、ニーナに襲われた際に何も抵抗ができぬままシャナに救われたことが、悠二を無気力にさせた。

【コメント】
☆登場はアニメ版でないほうのドラマCD
☆担当声優はアニメ版トーチとなって、シャナに存在に割り込まれた本当の「平井ゆかり」を演じた浅野真澄。
☆上記ドラマCDの脚本は、劇場版文庫に短編『ノーマッド』として掲載。ドラマCDでは語られなかったニーナの心情その他バックストーリーが書かれていた。
☆漫画版ではニーナはIII巻とIV巻に出てくるけど「II巻前半での悠二の心の弱さ」ってどこを指しているのかな?討滅される際に捨て台詞を吐いてないけどな。悠二が自分の心の弱さゆえに吐いた捨て台詞がシャナが『弔詞の詠み手』に敗北する原因になったことを示唆するアラストールの台詞はV巻に出てきた。
☆↑どうも、ウィキペディアの間違った記述をノーチェックでコピペしたようだ。と言う事で、そのあたりを修正した。
マリアンヌとは仲良かったのかな。あと、ローレッタとも面識があったのかな。
ティリエルの『ピニオン』や[仮装舞踏会]の大筒型“燐子”や[革正団]のドゥーグ黒妖犬メリヒムの『空軍』より高性能かな。
☆[巌楹院]のゴグマゴーグや[とむらいの鐘]の“棺の織手アシズや『九垓天秤フワワニヌルタソカルモレクや[仮装舞踏会]の“祭礼の蛇”やリベザルピルソインとも絡んでいたら面白そうだったのにな。
☆番外編『かぐやひめのしゃな』では、12話の浦島太郎で家来の一匹として登場している。
☆番外編『おじょうさまのしゃな』には登場しなかった。
☆番外編『さんじゅうしのしゃな』では、幕間0で登場している。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年07月04日 00:54