【種別】
紅世の徒”の組織

【初出】
VII巻

【解説】
強大な“紅世の王”である“棺の織手アシズを首領とし、『九垓天秤』と称される9人の最高幹部である強大な“王” によって統べられていた、中世当時最大級の“徒”の大集団。
“徒”の共生のために群れを成す他集団とは違い、「同胞に仇を為すフレイムヘイズを駆逐し、安寧なる世界を作る」という目的を持った戦闘集団であり、中世ヨーロッパにおいて、万を数える“徒”を従える『軍団』として、討滅の道具たるフレイムヘイズたちと戦った。
その名称はアシズ曰く「新しき世に響く、古き理を送る」故のものであった。

16世紀における本拠地は、ブロッケン山に築かれた要塞。本拠地を欧州に移すまでは、東方で戦ってきた。要塞は幾つもの塔を抱え、山頂にかぶせられた巨大な冠のような形状をしていた。

アシズが唱える『壮挙』を実現するために自在法都喰らい』を発動し都市オストローデを『喰らった』ことで、アシズとその配下である『九垓天秤』は強大な存在となり、敵対する“紅世の王”の一派と彼らを討滅しようと集まっていたフレイムヘイズ達を一挙に打ち破り、中世において抜きん出た組織となった。

その力と発生させた『世界の歪み』の大きさへの恐れから、フレイムヘイズとの契約に踏み込む“王”が増加し、[とむらいの鐘]に対抗するために本来徒党を組まないフレイムヘイズ達が集いフレイムヘイズ兵団となり、彼らとの『大戦』に突入した。
18年に及ぶ長い戦争の末、とある宝具の奪取により戦局は一気に加熱、最終決戦へと臨むこととなった。
その戦い、ブロッケン要塞における決戦にて、[とむらいの鐘]は壊滅した。一部の生き残りは[仮装舞踏会]に保護されたが、その行方は不明。

X巻にてフレイムヘイズ兵団との中世の『大戦』最終決戦が描かれ、木谷椎の筆によって外伝漫画『Eternal song ‐遙かなる歌‐』としてコミックス化された。

【由来・元ネタ】
ドイツ語。綴りは「Töten glocke」。原意は「葬式の鐘」。

【コメント】
メリヒム以外はアニメシリーズには未登場。
☆強大な首領と一騎当千の将、万を超える兵力を備えながら、[仮装舞踏会]での巡回士オルゴン捜索猟兵ハボリム布告官デカラビアや巡回士リベザル禁衛員プルソンに相当する士官クラスがアルラウネ以外に見あたらなかった。そこが、組織としての弱点だったのかもしれないな。
☆↑それに相当するのが『九垓天秤』だったのではないか?『三柱臣』=『両翼』、士官クラス=その他の『九垓天秤』くらいの地位ではなかったか?
☆何故か、“紅世の王”の一派と敵対していたようだ。『都喰らい』前とはいえ、この組織に敵対できたとは恐ろしい限りである。
☆「東方で活動していた」といっても、メンバーに東アジア由来の通称を持つ“徒”がおらず、中国辺りのフレイムヘイズに関する記述も一切無かった。東欧から、中東辺りで活動していた。
☆↑ご明察。外伝漫画『ES』第III巻で、アシズが歩んだ道は、中東から小アジア(トルコの辺り)、そして欧州と明言された。
☆[百鬼夜行]のギュウキパラゼミナに依頼した事があったのかな。または、[宝石の一味]の“瓊樹の万葉コヨーテフックストンサーイイナンナに盗みに入られたりしたかもな。[巌楹院]が壊滅した際も淡々としていたしな。
☆[革正団]のサラカエルドゥーグや[マカベアの兄弟]のダーインや[]のギータや[狂気の城]や『色盗人』とは分かり合えなかっただろうな。
☆結局誰も突っ込まなかったから今更書くけど、元ネタがもう一つ。サ○ボーグ009(第2作)のOPテーマ「誰がために」がそうだと思う。1番の歌詞に「九人の戦鬼」とあり、2番の歌い出しは「とむらいの鐘がよく似合う」である。
☆番外編『かぐやひめのしゃな』では、10話の猿蟹合戦で蟹の一団として登場している。
☆番外編『おじょうさまのしゃな』では、トーテングロ家として登場している。
☆番外編『さんじゅうしのしゃな』では、序幕で観客の集団として登場している。
最終更新:2020年12月07日 01:39