【種別】
役職

【初出】
V巻

【解説】
とむらいの鐘]の最高幹部『九垓天秤』の中でも最強の将たる二人、“虹の翼”メリヒムと“甲鉄竜”イルヤンカを指していた。
両翼の右がメリヒムで、左がイルヤンカ。他の最高幹部『九垓天秤』と違い、職掌がはっきりしていなかった。単騎での戦闘要員と推測されていた。

両者共に圧倒的な戦闘能力の持ち主で、彼らと一対一で対等に戦えるフレイムヘイズマティルダや『万条の仕手ヴィルヘルミナ位のごく少数の強者だけだった。

【コメント】
アニメシリーズにはメリヒムだけ登場した。
☆[仮装舞踏会]と違って、戦闘時以外は暇そうであった。
☆[とむらいの鐘]の力の象徴としての役割も持っていた。
☆[仮装舞踏会]の『三柱臣』みたいに格好良かったな。
☆[百鬼夜行]の用心棒や[マカベアの兄弟]のダーインカルンや[]のギータケレブスや『色盗人』のバロメッツや、ウコバクギヴォイチスメアより強かったのは確実だな。
☆[巌楹院]のゴグマゴーグや[革正団]のサラカエルドゥーグや[宝石の一味]の“瓊樹の万葉コヨーテフックストンサーイイナンナや[百鬼夜行]のギュウキパラとも絡んでいたら面白そうだったのにな。
☆番外編『かぐやひめのしゃな』では、10話の猿蟹合戦で両名とも登場している。
☆番外編『おじょうさまのしゃな』では、トーテングロ家の関係者として両名とも登場している。
☆番外編『さんじゅうしのしゃな』では、観客の一団として両名とも登場している。
最終更新:2022年08月07日 01:08