ストライカー(Striker)/ ブランドン・シャープ(Brandon Sharpe)


初出:Avengers Academy #1 (2010年6月)

#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (Striker.jpg)
(Avengers Academy #1,2010年6月)

能力

膨大なエネルギーの放電能力。

概要と経歴

アベンジャーズ・アカデミー1期生。
1期生のメンバー6人の中では最強の力を秘めているとされる。

幼い頃から母によって「有名にならなければ何者でもない」と教育されて育ち、母ゆずりの強い名声欲を持つ。

若い頃の母はペントハウス誌でモデルをするような女で、父親は誰だかわからない。
母が歳をとって自分に陽が当たらなくなると、今度はブランドンを子役モデルにした。
しかしブランドンはマネージャーの男から性的虐待を受けるようになり、拒否しようとした時に放電能力が発現。マネージャーを殺してしまう。

母はこの能力を生かして名声を得させようとしたが、まだ若く経験もないブランドンは行き場もなく、ノーマン・オズボーンの元に辿り着いた。
(Avengers Academy#5,2010年10月)

ノーマン・オズボーンが失脚すると、他のメンバー同様その能力と性格を危険視され、アベンジャーズ・アカデミーの生徒となる。

教官補のライトスピードに「ぼくはゲイだ。きみと同じだよ。」と打ち明けるが、ライトスピードは最初否定するものの、後で「私はジェンダーは何でもいいの。人柄が合えばいいのよ。」と答えた。

後で記者会見を開き、実はゲイであることを発表した。
顔をタテに走る傷があったが、ジェレミー・ブリッグスとの戦いの中で放射状の傷になった。

トリビア

毛深い熊野郎は趣味じゃないらしい。


アメコミ@wiki
添付ファイル