ハーキュリーズ(Hercules)

(キャラクター名、マーベル)

初出:Journey into Mystery Annual #1(1965年)
作者:スタン・リージャック・カービー
種族:ギリシア神話の神オリンピアン(最初は人間として生命を受けるが、後に神となる)


概要

ギリシア神話の神ヘラクレスその人。"Hercules"の英語読み。
神話と同じく、無双の怪力を誇る。
基本的には豪放磊落。感情を表に出す単細胞のように見えるが、裏表のない性格ではある。
生命の発露、特に戦いを好む。

性癖

「英雄、色を好む」との言葉通り、いろいろな女性と関係している。
スノーバードブラックウィドウ、アルフリセ(ダークエルフの女王)、ネイモラが四人揃って(ペイントアートで)死んだハーキュリーズとの愛を思い出すというシーンがあるが、この四人が並ぶと怖い(特にスノーバード)。なおこのシーンは、さまざまな土地や種族との交流を意味しているらしい。
しかし、神と定命のものの間は、悲恋に終わることが多かった。

実はバイセクシャル説があるが、自身が主人公のストーリーではゲイっぽいところは消している。
しかし、X-treme X-MENで異次元のハーキュリーズと髭の筋肉男のジェームズ・ホーウィットが男同士の愛に結ばれて逃避行する話がある。

また、多少天然が入っているのか、ときどき現代人の基準からすると服の被覆面積が少ないときがある。アベンジャーズアカデミーでは、最初のオリンピック(ハーキュリーズがチャンピオンになったとされる)を教えるため、当時のユニフォーム<全裸>でとなってレスリングの様子を伝えた。このとき男子生徒はドン引き、女子生徒も目を伏せたりしていたが、フィネスX-23は平気で見ていた。(なお、ゲイのストライカーは「毛深い熊野郎」は趣味でないと言っていた。)

お金と装備

実は大変な金持ちであり、現金(しかも本物の金貨)でバーを数軒買ったこともある。
トニー・スタークの会社の最初の出資者の一人で、このとき10万ドルを出資したが、今見直すとゼロが2桁増えているらしい。
コンストリクターから過剰防衛で訴えられたことがあり、裁判で負けて数百万ドルを失ったうえ、ダメージ・コントロールで社会奉仕労働をしたが、その後もダメージ・コントロールに働きにきていたりする。

武器と防具
  • 黄金の棍棒:ヘパイストス(鍛冶の神)が与えたアダマンタイト製の棍棒で、ソーのミヨニールに匹敵する頑丈さを持つ
  • ペルセウスの盾:真ん中にメデューサの顔がはめ込まれている。アダマンタイト製
など

ストーリー

"World War Hulk"の後、ハルクのタイトル"The Incredible Hulk"を受け継ぎ"The Incredible Hercules"が創刊されるなど、主役級の扱いも多いヒーロー。

マイティ・アベンジャーズ

クロスオーバー"Dark Reign"では、再結成されたマイティ・アベンジャーズの一員となった。

カオス・ウォー

対アマツミカボシの中心となって戦うが、最後に世界を救うため「神」の力を失い、定命のものになった・・・はずだったが、また神に戻っている。