エクセキューション(えくせきゅーしょん)

概要

エクセキューションとは、真下とその後方上空から噴出する闇のエネルギーで攻撃する上級晶術のこと。
初出はD2のハロルド・ベルセリオス。
作品により属性が異なる。

登場作品

デスティニー2

漆黒の闇の淵へ引きずり込む上級晶術
分類 上級晶術 属性
HIT数 10 基礎消費TP 34
威力 4100(400×10+500) 基礎詠唱時間
習得条件 闇:火:水:光=22:21:5:10
基本ダメージは「(400×10)+500」。敵一体につき10HITが最高。
敵の形状やコンボの割り込みなどでヒット数は変わる
修得キャラクターはルナシェイドを含めてハロルドのみ
小説版では兄のカーレルもミクトランにトドメをさす際に使用した。

台詞
裁きのとき来たれり、還れ! 虚無の彼方!

消費TP:5(第1戦)、30(第2戦)、10(第3戦)属性:闇
詠唱時間:30フレーム(第1戦)、60フレーム(第2戦)、50フレーム(第3戦)
激しい闇のエネルギーを喰らわす上級晶術。バルバトスは主にカウンターの用途で使う。
第一戦の彼は戦闘ランクがマニア以上の時にこちらがアイテムを使用すると
「軟弱者は消え失せろ!」と叫びこの術を発動、更には具現結晶ルナシェイドに連携してくる
第三戦の彼はこちらがリザレクションなどを使うと「回復晶術だと?貧弱すぎるわ!」と叫び、
回復晶術を唱えた術者を目掛けてこの術を発動してくる
基本的にカウンター晶術なので、戦闘奉行さまのご意向に背かない限りは見る機会もない
頑張ってアイテム無し、回復晶術なしのハンデ戦を乗り越えよう

台詞
断罪のエクセキューション!!!

消費TP:35 属性:闇 詠唱時間:60フレーム
HPが50%以下になると使用
強力な闇のエネルギーが対象を滅殺する。

台詞
歪まれし断罪…見せようか我が力の欠片

TOWレディアントマイソロジー2

漆黒の闇の淵へ引きずり込む術
分類 上級術 属性
HIT数 6 消費TP 56
威力 5300(800×5+1300) 詠唱時間 740F(12.33s)
習得条件 Lv63
空間の歪みの果てしない闇へと敵を引きずり込む術。
とてつもない消費TPと詠唱時間を必要とするがその分攻撃性能は高く、
通常術でありながら秘奥義プリンセス・オブ・マーメイド(威力5200)に威力で勝っている。
それどころか、威力5300はマイソロ2に登場する全キャラクターが習得する
「術系秘奥義まで含めた全ての術」の中で最も高い数値である。
攻撃範囲も原作ほどではないものの広めで、密集していれば複数の敵を巻き込める。
一周目、習得する時期には闇属性に耐性を持つ敵が増えてくるのが残念な点だが、
たとえ半減されたとしても2650と十分な火力なのでそれほど問題は無い。
2周目からはその破格の威力を存分に発揮してくれることだろう。

バーサス

アイコンは闇属性だが実際には雷属性という奇妙なことになっている。


関連リンク

派生技

ネタ