当てGETBポイント

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

当て投げにAドラ、Bドラ、GETBを使うことが出来るポイントまとめ。随時追加して下さい。
投げを嫌がって
飛ぶ人→コレダー、2C、5C辺りでジャンプ防止。
バクステする人→5C、5D、2D、Bスレ辺りで分からせる。
暴れる人→GETBの餌食

タイミングをずらす理由は相手の昇りJ攻撃を出しづらくさせ、コレダーを通るようにさせるためです。


  • 5A×n→5B(5C)→GETB
基本編。
5B(5C)→GETBはディレイ必須。立ちBが下段なので相手の↑入れっぱに刺さる。
5A→5B→5Cとか5A→5C→5D(2D)とか見せておくと良い。


  • 5A×n→2B,5B(スカし)→GETB
↑の応用編。GETBは最速でOK。
上のとはタイミングが変わる。

  • 5C→GETB
5Cをガードさせてなお5C先端位なら繋がる。
もちろん5C後はディレイ必須。


  • Aスレ(通常ガード)→GETB
微不利程度なら余裕でした。Aドラでも代用可能。

  • Bスレ(通常ガード)→GETB
この場合一回転仕込みして前歩きからGETB発動。
早すぎると紫が出るんで注意。遅すぎると暴れに負ける。

  • Bスレ(直ガ)→GETB
不利程度でも余裕でした。Aドラでも代用可能。猶予は少ないんで正確に入力すること。

  • 2D(通常ガード)→GETB
Aドラでも代用可能。稼動初期からあった連携。微不利程度ならry。

  • JB、JC→一回転仕込んで前歩き→GETB
J攻撃から生で当て投げ。ディレイ必須。


  • J2C(通常ガード)→GETB
微不利程度ry。Aドラは距離的に届かなかったりする。

  • 6A→Bドラ、溜めAドラ
やや一発ネタ。ディレイはかなり長めに。6Aの引き寄せが終わる位に入力すると紫が出ない。
対の選択肢は6Aからのディレイ2C、ディレイ無しでの6A→6B。6Aから即Bドラとか。