三大企業

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三大企業とは

国家間の戦争が国家システムの消滅という形で終結した後、混沌期を経て小さな物資集積所が乱立するようになった。
ユーラシア大陸西部から中部にかけてはその動きは特に活発となり、人々はどうにか限りある物資を共有化し、結束を深めて生き延びるようになった。
それらは次第に拡大し、小さな集団を生み出した。
集団はそれぞれのやり方で拡大し、衝突し、融合し、大きな「企業」へと成長していった。

三大企業とは、そのユーラシア大陸西部から中部にかけての人類生存可能圏に勢力を伸ばした、3つの企業連合体の総称である。

  • クリストファー・ダイナミクス・グループ
  • アレクトリス・グループ
  • EAAグループ

以上3つがそれに該当し、当人類生存可能圏に存在するほとんど全ての企業体が、いずれかのグループに加入しているといってよい。

下図は現在の西ユーラシア人類生存可能領域周辺の勢力図をおおまかに表したものである。
青=クリストファー・ダイナミクス・グループ
緑=EAAグループ
赤=アレクトリス・グループ
となっている。
領域外の開拓は日々進み、勢力同士が接触している境界線は日々変化している。
明日、この領域図通りの情勢になっているかは誰にもわからない。

三大企業の役割

三大企業は旧世代の支配基盤「国家」の代替として成長したもので、いずれもそこで生活するものの「利益」と「生命の安堵」を確保を第一目的としている。
その役割は公共一切に及び、政治・経済・外交・軍事全てに深く関与している。
各グループはその影響下にある地域を領地とし、税を徴収する。
また軍事面は特に影響力が強く、テウルギアやマゲイア、その他通常戦力などの研究・開発、配備を行う。
まさに国家に代わり全ての活動の背骨となる存在である。

「筆頭企業」と「基幹企業」

三大企業は、いずれも多数の企業の連合形式を取っている。その中でも、そのグループの盟主である最大企業を「筆頭企業」といい、その他グループの意思決定に深く関わる、強い影響力を持つ企業を「基幹企業」という。
筆頭企業、基幹企業がどのように決定されるかはグループによって異なるが、それぞれの分野での最大シェアを持つ企業や、黎明期からグループに参画してきた古参企業、また特別な技術を独占している企業などが多い傾向がある。

グループ内企業関係

各企業は大前提として他グループより優位に立つ事を目的としているが、グループ内企業同士の関係性は様々で、中には同グループ内で武力衝突や技術競争が発生する場合もある。
大抵は基幹企業、或いは筆頭企業の仲裁や調停が入るが、中には全面戦闘に発展する事態も起こりうる。
また、勢力上位の企業による下位企業への過度な圧力や、筆頭企業からの粛正なども珍しくなく、同グループ内だからといって、必ずしも志を同じくする朋友とは言いがたい。

本社機能施設

旧国家における「首都」にあたる本社機能施設は、基本的に筆頭企業の膝元である大都市に設けられており、グループ規模の意思決定機関が存在する。
基幹企業やその他参画企業もそれぞれに独自の方針決定機関を持ち、それぞれ自社の影響力の強い都市部に本社機能を置く場合が多い。

現在の三大企業

企業標準暦235年現在、三大企業の関係は非常に緊迫している。
食糧難に喘ぐクリストファー・ダイナミクス側、特に地方部では反EAAの声が無視できないほどに大きくなってきており、EAAも日々強くなるクリストファー・ダイナミクスの圧力に反発が強まっている。そして長らく半中立の立場で沈黙してきたアレクトリスの急激な軍備拡張と挑発行動。
すべての歯車は、来るべき混沌へ向けて動き始めている。
添付ファイル