三大企業 > アレクトリス・グループ > エニグマ・インサイド

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エニグマ・インサイド
企業名略称 エニグマ
所属グループ アレクトリス
本社機能施設 旧インド、西ベンガル州、ハルディア
主要事業 ・一般食品及び高級再現食品
・軍用ダミー模型類(訓練用疑似標的、精巧なマネキン等)
軍事機能 ・ほぼなし
外交 ・技仙公司をはじめとするアレクトリスグループ各社と提携関係


企業概要

旧ハルディア市に残る工場を再利用した小、中規模からなる複数の加工場を有する企業。
かつての時代における希少食材を用いた高級料理、資料で見たその盛り付けの美しさに魅せられた者たちの集まり。
食料でありながら芸術の極みにあるようなそれらを再現するべく日夜研究開発に勤しんでいる。
だが、研究の成果により外見の再現こそ完璧になったものの、肝心の味が着色料などによって台無しとなっているため、今のところその分野での利益はゼロに等しい。
試食を経験した某テウルゴス曰く「見た目はいくら見ていても飽きないが、味は飽きる飽きないの前に、まずそれを味と認識できなかった。」
一応レーション等の一般向け食品も販売しているが、再現料理の評判の影響か、売り上げは微妙の一言。

主な収入源

高い外見の再現能力を活かし、軍事訓練や高度な欺瞞作戦等において使用される精巧な軍用ダミー、所謂ハリボテを製造、グループ内の他企業に輸出販売を行っている。
その精密さは兵器の重量さえも再現するほどで、兵器や障害物などの無機物であれば遠距離においてはほぼ判別不能。
熱を持つ兵器なら相応の熱を発する機構を備えるなどして敵の解析に対しての対策を講じるが、そういったダミー兵器は欺瞞性能に応じて値段が上昇する。
最高グレードのダミーともなれば、ある程度は自走さえも可能。
また、情報さえ提供されれば特定個人のダミー人形を作成することも可能。提供される情報に応じて値引きもしてくれる。
こちらも体重、体温さえも再現可能だが、人口皮膚や眼球等の稼働部の精密さを優先する為にダミーは微動だにしないマネキン状態で、よく観察されると違和感を察知されることも。
値引きは兵器のダミーにおいても同様で、他グループの新兵器及び現行兵器の情報を提供すれば値引き交渉が可能。
これらの収入はエニグマ・インサイドにおける収入の9割を占める。そのうち3割は食品生産に消える。
情報提供によって集められたデータは厳重に管理され、本社屋のどこかに設置された何かのダミー内部に納められているとか。

また「当社の製品に使用される各個人情報、および兵器等の情報については社外秘とし、いかなる理由によるものであっても一切の提供、売却をお断りしております。」とのこと。
あくまで表向きの発表ではあるが。

戦力

社有戦力自体は小規模な警備部門を除き持たないものの、提携先の大手である技仙公司より防衛部隊の派遣を受けている。

  • マゲイア、「08式小機」6機編成2隊
  • 哨戒機、「空警-16哨戒機」3機編成1隊

これらの戦力は主に本社屋の機密情報を守るためのものであり、状況によっては工場区や市街等を見捨てる判断を下す場合も多い。
そのため、成果を惜しんだ研究班などが身銭を切ってフリーのテウルゴスを呼び出し対応に当たらせるという事態もしばしば起こる。
余談ではあるが、一部の部隊ではエニグマ社への派遣は罰ゲームや罰則のような扱いを受けており、所謂「エニグマ送り。」となった部隊はコンテナが一杯になるほどの糧食をかき集めてから出発するとか。

原案/グール・シック