ビリオンバード

名前 ビリオンバード
分類 無限鳥類
初出 267話
捕獲レベル 1以下
生息地 グルメ界


概要

一度産まれればどんな環境下であろうと、単為生殖で有精卵をほぼ無限に生み続ける幻の鳥。
寿命は数千年とも数億年とも言われており、「家畜の王様」、「億年食える鳥」などと言われた時代もあった。
卵についてはビリオンバードの卵を参照。

太古のグルメ界に生息しており、もともと飛ぶことが出来ず天敵が多かった故、対抗手段として襲われる度に無限に卵を産み落とす習性を身につけた。
しかし味が不味かったためそのうち誰からも相手にされなくなり、襲われないから卵も産まなくなり、自然に絶滅してしまった。

栄養は抜群で、肉は高たんぱく質にほどよい脂肪、羽根にはビタミンやミネラルを豊富に含み、足や爪は滋養強壮によく保存食としても適している。
足を乾燥させて細かく砕いたものを練れば米の代用品に、爪はスパイスに、羽根は野菜に、血はタレにもスープにもなり、余すこと無く利用できる。

一龍フルコースのメインディッシュに選ばれており、
彼のフルコースの他の食材は全てこのビリオンバードを孵化・成長させるためのものである。

来歴

ビリオンバード編では、会長によって封印されていたものを美食屋四天王小松が見つけ出し、孵化させる。
無限に生まれるこの食材は食材が枯渇した人間界の希望となり、ダマラ スカイ13世ユダら一流の料理人に調理され、民衆に振る舞われた。
決して最高の味とは言えぬ食材だったが、生の食材の匂い、食感、溢れ出る肉汁が人々に食べる喜びを再び思い出させた。

世界中の人に認められ感謝されたことで背中に大きな羽を生やし、極上の卵を産み落として嬉しそうに飛び去っていった。

関連項目