角鹿 彰護

つぬが しょうご


『Maggot baits』の主人公。寡黙な長身の青年。

銃器全般の扱いと格闘技に秀でた近接戦闘のプロで、全身鍛えられた筋肉の塊。
関東邪法街を実効支配する組織を壊滅させるべく、孤独な戦いを挑む。
現在は邪法街で出会った“魔女”の一人、キャロルと行動を共にしている。


フィールドコートと鉄の武装をその手に掴み、彼は腰を上げた。
大ぶりな鉈を呑んだ革鞘の金具をベルトに吊るし、フランキのショットガンを右手に担ぐ。左脇の銃帯(ホルスター)にはシグザウエルの自動拳銃。
凄愴な威圧感と殺伐の気配が、185センチ94キロの肉体から立ち昇った。
背を丸め雌伏していた巨大な虎が、不意に後足で直立したかのように。


俺がやっているのはただの自己満足だよ。それ以上でも以下でもない。誰かと比べてもらうようなことじゃないんだ』

それに近頃は、殺しに達成感すら覚えてきた……愉しいんだ、どうしようもなく。
娑婆ならただの殺人鬼だ。そんな人間を、労わる必要なんかどこにもない』



「おまえは俺の道具だ。使い道は俺が決める。どこで使い潰すのかもな」


「未来、だと……? それこそ無用の代物だ。元より、そんなものなど俺には来ない」





  • 残虐非道の徹底ぶりでは恐らくノベルゲー屈指の主人公。敵だけでなく味方にも非情なところがlight系主人公との最大の違い。作品全体の息が詰まるようなムードは大体こいつが主人公なせい。 -- 名無しさん (2017-07-26 00:45:57)
  • 「誰かを救いたかったけれど救えなかった男の末路」という意味では、ゼロインのアレクサンドルに凄く似てるな。まあライターが同じだから不思議ではないが -- 名無しさん (2017-07-26 10:20:49)
  • トシロー、アレクサンドル、ヴァルゼライドの系譜。総統はなんか違う気もするけど -- 名無しさん (2017-07-26 12:30:29)
  • 「救えなかったと思ったら、実は救えてた」はアレクサンドルかなぁ。そして墓 -- 名無しさん (2017-07-27 02:39:53)
  • セックスシーンでちょくちょく入る「グゥッ……ッ!」ってボイスで思わず笑う -- 名無しさん (2017-08-07 12:47:48)
  • この系譜のキャラでは唯一胤が遺ってるな -- 名無しさん (2017-08-07 13:47:54)
名前:
コメント:
最終更新:2021年02月19日 23:41