言ったろ? 俺は、トシロー・カシマの大ファンなんだよ。俺もヒーローの力になりたい……なあ、何もおかしい部分はないじゃないか?



二つの影が交わる度に舞い散る血風と皮膚、肉、脂。


「シェリルを殺ってあいつの視線を独り占め?ハッ……させるか、下がれ人間(ヒューマン)。図に乗るな」


「添い遂げるのは────この俺だッ!」


斬り、避け、激突し、離脱しては再び交差。


「ならば、私も言わせてもらいましょう……囀るなよ臆病者(ヴァンパイア)、頽るがいい!」


「彼こそが……私の花婿。乙女の初恋、見くびるなァッ───!」


研鑽した技術(アリヤ)に追いすがり、絶叫し続ける妄執(アイザック)


「ちょっと、冗談じゃないっての………」


シェリルはその二人を目で追えない。いや、目で追いたいと思わない(・・・・・・・・・・・)
血統と年月に左右される縛血者(ブラインド)の戦いとはまるで違う、異形の闘争が其処にはあった。



アリヤ√、突如襲撃をかけてきた発情女にして、
逸脱者(向こう側)の仲間入りを果たしたアリヤに翻弄され、窮地に陥ったシェリルは……
炎の中でその命を落としたはずの、腐れバーテンダー(もう一人の逸脱者)の助けによって、かろうじて難を逃れた。

激戦が終わり────
『カサノヴァ』に居た頃と変わらない、軽薄な調子で語りかけるアイザック。


「で? あんた今まで何してたのさ、ねえ……Mr.三本指(トライフィンガー)

「まさかとは思うけど、自首する代わりにトシローのケツ掘りたいってんじゃないでしょうね?
 もしマジだと言ったら、あたしがあんたにブチ込んでやる」

だが、人間どころか縛血者(ブラインド)でもついていけない怪物同士の闘いを間近に見て、
トシローから伝え聞いた彼の真の正体に納得したシェリルは、傷つきながらも警戒を解こうとはしない。

そんな彼女を他所に、アイザックは事情が変わったとして、トシローと合流する事を決めた事、
そしてその原因となったもの、息詰まるような空気に覆われつつあるフォギィボトムの現状を生み出した存在――
先程の変態女の師匠の来訪と、彼による藍血貴(ブルーブラッド)殺しという事実を告げる。

恐るべき真実を前に、血を失っていたシェリルは崩れ落ち……アイザックに支えられる。
それでも一つだけ、新たに相棒への脅威が増えた事を理解した彼女にとって
かつて交友を持ち、今は全く底の見えない目の前の男に問わねばならない事があり─────


「……アイザック、あんたいったい何が目的なの?」


彼が連続殺人鬼(シリアルキラー)だというのなら、何故そんな行動に及んだのか。
どうして、死んだことにしたまま逃げおおせず、この混沌とした街に舞い戻ってきたのか。


様々な意図を込め、問いかけた女の言葉に対し………


「言ったろ? 俺は、トシロー・カシマの大ファンなんだよ。

  俺もヒーローの力になりたい……なあ、何もおかしい部分はないじゃないか?


その声色はどこまでも純粋で、眼差しは夢見る少年のように輝き……
嘘など欠片も籠っていない言葉で、アイザックは己の望みを語ったのだった。


そうして垣間見えた男の在り方に、シェリルは最大級の危機感を覚えていた。

こいつもやはり、逸脱者(モンスター)だと──────

凄まじい情念の重みに圧倒されながら、彼女は意識を落としていった。




  • この時の最大の危機感の中に、トシローを盗られると言う女の勘はあったのだろうか? -- 名無しさん (2019-01-13 10:21:16)
名前:
コメント: