基本情報

機種:Nintendo Switch
発売日:2020年5月29日
価格:6,578円(税込)
DL版の容量:13.7GB

  • 今作は移植ではなくリマスターです。そのため、開発はモノリスソフト自らが手掛けています。
    Wii版のリマスターのため、New3DS版で追加されたコレクションモード及びamiiboとの連動要素はありません。
    • また、オリジナル版(wii版、new3ds版)では”B”だったレーディング(CERO)が、Switch版の今作(DE)では”C”に上げられています。
  • セーブデータはWii版と変わらず3つですが、それとは別枠でオートセーブが追加されています。
    スキップトラベルした後などに自動でセーブされます(オートセーブ中は画面左下に「書」が表示される)。
    なお、これは任意で行ったセーブを上書きしないのでロードによるリセットは可能です。
    • オートセーブのタイミングはスキップトラベル後などが多いです。
  • 今作もNew3DS版以上にロード時間が大幅に短縮されています。(装備変更時やメンバー変更時だけでなくフィールド間のロードやムービー前のロードなども)

グラフィックの違い

グラフィックはほぼ別物レベルに進化しています。
まず目につくのがメインキャラクター達のデザインで、顔は殆ど新しく作り直されており、人によってはWii版と比べて違和感を覚えるかもしれません。
他にもモブやモンスター、フィールド諸々の質感も向上しています。
なお、ポリゴン数は大きく増えてはいないため場所によってはポリゴンの角が目立つこともあります。


新要素

上級者モード

経験値をストックし、後からそれを使ってレベルを上げられるようになる機能です。
ストックされるのはアワード報酬、クエスト報酬、ランドマーク、ロケーションなど、戦闘以外で得られる経験値が対象となります。
ストックした経験値はシステムメニューからいつでも使用できます。
また、上げるだけではなく下げることも可能。Wii版は探索に熱中しているとレベルが上がりすぎて易化することが問題視されることもありましたが、それを抑制できます。
ただし、AP、SPはストックの対象ではなくそのまま入ります。習得したアーツはレベルを下げても忘れません。
ちなみに、オプションでOFFにできます(Wii版と同じになる)。デフォルトではOFFになっています。

カジュアルモード

戦闘の難度を下げるモード。オプションから切り替えられます。
戦闘で負け続けると使用を提案されることがあります。Ver.1.1.2から、この提案をOFFにできるようになりました。
敵を倒した時の獲得経験値量に変化はありません。
以下の補正がかかります。
  • レベル差補正無し
  • 与ダメージ2倍
  • 被ダメージ半減
  • パーティゲージ増加速度大幅上昇
  • スパイクダメージ1/10(デバフスパイクは付与率が半減)

このような補正により難度が凄まじく低下し、装備を整えてなくてもLv10以上も差がある敵とまともに渡り合えてしまう程です。
初見の方でもよっぽど勝てない場合でなければあまり使わない方が良いかもしれません。
また、こちらが格上で格下の敵と戦う場合、こちら側に下方補正がかかります。(攻撃が当たりにくくなるなど)

ファッション装備

ゼノブレイドクロスにあったものとほぼ同じもので、性能はそのままに見た目だけを上書きできます。
なお、見た目は今までに手に入れたことのあるデザインから選択するため、最初から全ての見た目を選べる訳ではありません。
また、実際にその装備が手元にある必要はなく、一度登録されれば売っても問題ありません。
ストーリー進行によっては変更できない項目もあります(シュルクの武器など)。

オートラン

ONにするとスティックを倒さなくても自動で向いている方向へ走ってくれます。ON/OFFは十字キー上で切り替えられます。
メニューを開いたり、LRボタンで敵をターゲットすると解除されます。

ナビ

クエストを「アクティブ」にすると目的地までミニマップの点線でナビゲーションしてくれる機能。目標が敵であればその敵まで、アイテムであればそのアイテムまで、人と話すのが目標ならその人物まで。
これらの目的対象を表す白い!はYボタンで開く全体マップにも表示されます。
また、フィールド画面右下にストーリーやクエストの目的が表示されており、もしその目的対象がなんらかの条件で現在存在しないなら存在しないと明示されるので、無駄に探し回らなくて済みます。

イベントシアター

タイトル画面から選択でき、今までに見たことのあるムービーを時刻、天候、装備などを変えてもう一度見られます。
また、キズナトークも見ることができ、選択肢も自由に選べます。

タイムアタック

本編の所々にオレンジ色に光るオブジェクトが追加されていて、これに触れるとタイムアタックを遊べるマップに移動します。
タイムアタックではノポン・ダイセンニンが出す課題に挑み、一定ランク以上でクリアできれば特別な装備が貰えたり、ノポンクリスタルを装備やジェムと交換することができます。
PT編成や装備、アーツが自由な「フリー」と、それらが全て予め決められている「リミテッド」が存在します。
条件クリアで貰える装備はノポンクリスタルと交換して手に入れられるので、ランクを満たせなくても装備を入手することは一応可能です。

ストーリー進行具合に応じて挑戦出来る項目が増えて行き、交換出来るジェムのランクが上がるなど報酬もレベルアップしていきます。
ヒートシンクI・II・IV等の、Wii/3DS版でもデータ上に存在はしていたが入手手段の無かったジェムも交換に含まれています。

マップマーカーの追加

1つのエリアマップにつき最大で20個までマーカーをセット出来ます。
Yボタンでエリアマップを開いてRで設置、Lで削除。
現時点では倒せないユニークモンスターの居場所や、欲しい能力の結晶を落とすモンスターの居場所にセットしておく等の使い道があります。

その他(本編)

  • 『ゼノブレイド2』のセーブデータがある場合、本編のNew Game開始時に100,000Gを貰うことが出来ます(貰わないことも出来ます)。
  • 追加防具が実装。多くはタイムアタック報酬のファッション向け装備ですが、コロニー9で売っている竜頷シリーズは最序盤にしては破格の性能です。

追加ストーリー「つながる未来」

本編の戦いから1年後を描いた後日談。メリアを始めとしたハイエンター達のその後がクローズアップされています。
シュルクとメリアの他、新キャラのキノ、ネネがプレイアブルキャラクターとなっています(本編の他のメインキャラクターはいません)。

本編をやらなくてもプレイが可能ですが、既プレイ者向けのコンテンツであり、戦闘チュートリアル等が一切ありません。
このためメリアの戦い方を知らない場合、かなり苦戦します。
また、本編の戦闘を支える要素(未来視、スキルなど)が存在しないため、難度がやや高くなっています。

開始時に 本編の最終盤のムービーが回想としていきなり流れる ため、本編未プレイで始める時は注意しましょう。

つながる未来クリア後、本編のタイムアタック報酬にアーツLv上限を12に出来るアーツ書が追加されます。



変更点

UIの刷新

UIはWii版の原型を留めないレベルで刷新されています。

以下に大きなものは太字で列挙します。

戦闘

  • 画面左のキャラクターとステータス表示が縮小化。
    また、EXPバーが縮小化、SPバーが削除され、代わりにHPバーが追加されています。
  • 敵の名前、HPを表示する形式がゼノブレイドクロス、ゼノブレイド2に近いものに変更(画面上部の定位置に表示)。
    また、ゼノブレイド2のように崩し、転倒、気絶の残り時間がゲージで表示されます。
    敵のアーツ名もこのHPゲージの下に固定で表示されます。
    他にも相手にスパイクが発動している時、紫色のトゲが上下に飛び出すようになりわかりやすくなりました。
    ※ただし、ダウンスパイク持ちは転倒した時にトゲが出てくるので転倒させるまではわかりません。
  • バフ、デバフアイコンが以前は左右に1つずつ表示されていたのが上下に変更され、同時に4つまで表示されるようになりました。
  • 未来視タグのレイアウトが大きく変更。Wii版は横並びでしたが、縦並びに変更され、未来視が終わった後は画面右上に移動するようになりました。
  • バトルバレットが下からではなく中央から一瞬で表示されるようになり、エネミーをタゲした状態でメニューを開くとタゲが解除されるようになりました。また、そのためステータスやアーツバーを出さずにエネミーのHPバーだけ出せるようになる小技もできなくなっているようです。
  • 納刀時にエネミーのターゲットウィンドウを出してない状態で敵から攻撃を受けてもターゲットウィンドウが出ないようになりました。
  • バックスラッシュやスリットエッジ、天地剣などのアーツが特効になるような状況ではCHANCE!と一瞬表示され、そのアーツに「!」マークが付くようになりました。
    この表示はオプションでOFFにすることもできます。
  • 偵察型機神兵やスカウト・フーディーなどの仲間を呼び寄せるモンスターは気づかれた時に新SEが追加され、探知されたエフェクトが出るようになりました。
  • バフ、デバフアーツのアイコンが一新されました。(モナドアーツは漢字に、色がなくなったため物理・エーテル関係のアイコンも全て変更されました)
  • バインドのエフェクトが大きくなり、アーツ封印も白丸に赤×だったものが紫色の鎖のようなものになりました。(2のブレイド封鎖に酷似)
  • パニックのエフェクトが大きくなって赤色の闇のようなどす黒い色だったのが橙色の明るめな色になりました。
  • 画面右側の操作ガイドに、現在の命令がハイライトで表示されるようになりました。また、集中・集合命令をかけた時の青い矢印が消えました。(そのため操作表示を非表示にしている場合は注意)
  • アーツのリキャストの残り時間の表現が、オリジナル版ではアーツアイコンが下から明るくなっていくものでしたが、ゼノブレイドクロスのようにアイコンの周囲のゲージになりました。
  • カルナとメリアのタレントゲージがMAXになった時に専用のエフェクトがアーツアイコンに発生するようになりました。(そのため、クールダウンのゲージの減少が若干見づらくなっています)
  • タレントアイコンを縁取っていた装飾が削除されました。(バトルソウルや背水影技のアイコンのデザインに変化はありません)
  • アーツを外しても黒い小さな丸が表示されるようになっています。(オリジナル版では半透明だった)
  • オリジナル版にあった、距離が離れている、方向が違うなどの時に出ていた灰色の斜線マークが削除され、リキャスト未充填時の同じようにアイコン自体が灰色になるようになりました。(そのためリキャストが足りないのか距離が届かないのか判別付きづらいですがアイコンの周りのゲージで判断できます)
    この影響でカルナ、メリア、モナド装備時のダンバンのタレントアーツとモナドアーツの表示の仕方がオリジナル版と変わっています。
  • スパイクを受けた時にSEが発生するようになりました。
  • ダンバンの気絶起こしモーションが変更されました。(刀の柄でつつくのが、手を差し伸べる?動きに)
  • 戦闘不能中はそのキャラから白い光が出るようになりました。
  • 仲間へのコマンド優先度が励ます>未来を教えるになりました。
  • イタダクもでアイテム入手後のウィンドウに同じ素材アイテムがある場合個数分並んで表示されていたものが一つに統一されるようになりました。
  • 8章のハイエンター墓所でストーリーボスとして戦う「オルガ・ルファス」戦のBGMが戦闘!から行く手を阻む者になりました。
  • レベル表記が???の敵でもエネミーアイコンの表示に限ってレベル差の色が適用されるようになりました。
  • 桜花乱舞が敵に弾かれる場合でも、ボタンチャレンジのサークルが出現するようになりました。

メニュー

  • Wii版ではメニューを開いても何か項目を選択するまではゲームは動いていましたが、今作ではメニューを開いた瞬間から停止してメニュー画面に移行します。
    メニュー画面では各項目の他、パーティメンバーが表示されています。
  • セーブ、ロード、オプションなどシステム的な項目は専用のシステムメニューに移動。システムメニューには+ボタンで移行します。
    チュートリアルもここにあります。
  • 装備変更に「お気に入り設定」が追加されました。
  • メニュー画面、宝箱のウィンドウ、バフ説明などの画面を開いている間もフィールドの環境音が聞こえるようになりました。(メニューを開いた時のBGMのボリュームを小さくなりました)
  • ストーリー戦闘になった際、メンバーの加入離脱に変化がなくてもほとんどの戦闘で最初にメンバーチェンジ、アーツセッティングなどの画面が開けるようになりました。
  • 新しいスキルラインが解放された時にそのスキルラインが光る演出が入りました。
  • 新しいアーツ、スキルを習得した時や、新しいファッション装備が追加された時などは赤い●で強調されるようになりました。
    これはその当該項目を確認すれば消えますが、一々消すのが面倒な時はオプションでOFFにできます。
  • 習得済みのアーツ書を入手した場合にはアイコンに星マークがつくようになりました。
  • アーツ書を購入した場合、アイテムボックスからは習得できなくなり、代わりにアーツセッティング画面を開くと自動で消費されるようになりました。
  • アーツレベル上げの時に習得APが足りなくてもAボタンでアーツの成長度を見ることができるようになりました。
  • 誰も装備していない装備品にジェムが付けられている場合、そのジェムを装備しても警告が出なくなりました。
  • クエストログからコロニー6復興に必要な素材を確認できるようになりました。
    なお、実際に復興を進めるには直接赴いてジュジュと話す必要があります。
    • なお、ナビゲーションには対応していません。アイスキャベツやクロマメレバーなどの極端に見つけづらいコレクションアイテムは引き続き自力で探す必要があります。
  • クエストで断る選択時のSEが変更。
  • キズナグラムから物々交換で入手できるアイテムを確認できるようになりました。ただし、おまけについては確認できません。
    また、特定のキャラに注目設定することができ、設定するとマップにそのキャラが虫眼鏡のマークで表示されます。
  • メニュー関連の操作がやや煩雑ですが、Bボタンは1階層戻る、Xボタンは一気にゲームに戻る、という形で統一されています。
    Yでマップが見れますが、Bを押すとエリア選択画面に戻るので直接ゲームに戻りたい時はXを押しましょう。
  • 装備変更画面でYボタンのキャラビュワーを使わなくてもキャラを回転させられるようになりました。(ズームは従来同様Yボタンで移行する必要がある)
  • 装備変更画面のキャラビュワー時に操作説明の表示が消せなくなりました。
  • エリアマップが縮小、拡大できるようになりました。
  • エリアマップでスキップトラベル不可能時にマップ上にスキップトラベル不可の表記がなくなりました。
  • メニュー画面を閉じてもジェムやクエストのソート設定がリセットされなくなりました。
  • 操作や表示設定がゼノブレ2同様、全セーブデータ共通になりました。
  • キズナグラムで仲間キャラの情報が見られるようになったため、リキやメリアの年齢をゲーム内で確認できるようになりました。
  • 渡したことのあるプレゼントは、キズナの増減量が表示されるようになりました。
  • クルミグレープなどのアイテムでクエストが分岐する場合、すでにアイテムをもっていてもそのアイテムは完了するまで消費されず、後から捨てられるようになりました。
  • オリジナル版にあったチュートリアルのCGが削除。(キャラのバトル解説などはテキストだけに)
  • キャラのジェムクラフト開始モーションが変更されました。(オリジナル版はクラフト完了時と同じモーションだった)
  • ジェムクラフト中、HEATになった後も純度の表示が消えなくなりました。
  • ジェムクラフト終了後にジェムクラフトを続けるかどうかの選択が出なくなりました。
  • ロード時間が短縮されたためか、ジェム爺のローディング画面が見れなくなりました。
  • 高速化中でもジェム完成時のボイスが発生するようになりました。
  • ジェム完成時のランクアップ、分裂時にボイスが発生しなくなったため、大ボーナス発生時ボイスが聞けなくなりました。(全キャラ2パターンずつ用意されていた)
  • タイトル画面のフィールド映像が流れた後、タイトル画面に戻る時の暗転時にモナドの読み込みが現れるようになりその間は操作が利かなくなりました。
  • プレイアワードに項目ごとに難易度(唐辛子のマーク)が表記されるようになりました。
  • 一部プレイアワード条件テキストはやりこみ度にかかわらず一貫して非表示なため、オリジナル版では見ることができなかったモンスター大漁討伐系のアワードの「サーチ&デストロイ!」が見れるようになりました。
  • コレペディアのレイアウトが大幅に変更され、各エリアのスクリーンショットが追加されました。
  • キズナグラムなどの、特定の過程をクリアしないと解放されないメニューは選べるようになるまでメニューには表示されなくなりました。

フィールド

  • 時刻の表示形式が変更され、ミニマップの下にデジタルで表示されるようになりました。
  • ランドマーク、ロケーション初訪問時の地名が画面中央に表示されるようになりました。
  • Lスティックを押し込むとミニマップが拡大されるようになりました。
  • 「砂塵」「嵐前」といった新たな天候が追加されました。
  • キズナグラムに登録される住人がマップ上では緑色(原作では青色)で表示されるようになりました。
  • クエスト受注後もそのクエストをクリアするまでは依頼者の頭上の!マークが残るようになりました。
  • 宝箱や住人の名前の表示がLRボタンで切り替えられなくなり、Bボタンで消せなくなりました。
  • 歩きながらエーテル鉱床が採集できるようになりました。
  • "時間設定で時間を変更"した時やセーブデータをロードした場合にもdaytimeとnighttimeの表示が現れるようになりました。
  • 別エリアをまたぐときに画面がフェードアウトした時点で操作キャラの移動が勝手に停止するようになりました。
  • 草木のグラフィックが2Dではなく3Dになりました。
  • 監獄島やコロニー9の丘公園の階段が立体的になりました。
  • テフラ側からガウル平原に突入する際などに、BGMがフェードインしなくなりました。
  • NPCのモンスターに近づいた時、「キャリー・アルマ」「アルマ」「ラケリト」といった名前が表示されなくなりました。
  • テキストの「コロニー9」や「!?」が"9"や"!?"のように全角に。
  • キズナトーク画面を調べた時にキズナが足りない場合は現在のキャラ間のキズナが表示されるようになりました。

イベントシーン

  • 光源処理や煙などのエフェクトの一部軽減・削除されました。
  • ムービーシーンにモーションブラーが使われるようになりました。そのため、原作でと違って見づらくなっているシーンもあります。(ラセン谷の戦闘シーンや墓所で落下するリキの顔など)
  • 会話イベントシーンでAボタンを押したりムービーを途中でスキップすると、ゼノブレ2同様飛ばしたあとでも音声や映像が途切れずフェードアウトするようになりました。
  • ムービー中のロード時間が大幅に短縮されました。(そのためキャラのボイスやSEが発生している間にイベントに突入することも)
  • 2章のコロニー9到着時の会話イベントシーンのBGMが"行く手を阻む者"から"危機"になりました。(イベントシアターでの場合)
  • 3章開始直後の会話イベントシーンの時間帯が昼固定になりました。(オリジナル版では直前のムービーシーンから引き継いで夕方だった。3章冒頭の本来戻されるはずの時間帯が戻されず昼になった?)
  • ラインが蜘蛛に捕らわれるシーンのSE変更。
  • 3章でラインが蜘蛛に追われているシーンでラインの台詞に字幕が付きました。
  • 4章、ガウル平原突入直後のイベントシーンでBGMが途切れなくなりました。機神界フィールドなどの他のエリアのカットイン後のシーンは原作の時のままでBGMが途切れます。
  • メインキャラクターの話すモーションが違和感ないものに修正されました
  • イベントシーンで、ダンバンの武器の扱いが多少変更されました。(プロローグのシーンではモナドⅠ固定に、モナドがシュルクの手に渡るシーンはシュルクの武器ではなくモナドⅠをダンバンが持っています)
  • プロローグのフィールドシーンでも変更が加えられています。(監獄島の障壁がない、夜なのに虹が出るようになっている など)
  • オカの口が動くようになりました。
  • 高画質画だけでなく元から作り直されているシーンもあるため、エギルの記憶のシーンが見やすくなっています。
  • プロローグの兵士の「七十一式対人機神兵の数は想定不能~」のシーンで顔が後ろに振り向かなくなってる、13章のガドの振り向く前の顔の角度が違うなど一部シーンの動きも手が加わっています。
  • ゾード戦後のラインの「望まない未来を視たなら~」のシーンがセピア調の回想になりました。
  • 「反モナド場発生器」のシーンでディクソンが軍刀を背負わなくなりました。
    • また、最後に流れずハズの行く手を阻む者が流れず、ムービー終了まで「危機」が継続するように
  • 17章の「いい加減あきらめろや!」の後に画面がフェードアウトするタイミングが変わりました。
  • 11章最後のムービーで、エギルの顔が映るシーンがセピアカラーではなくなりました。
  • なお、15章でジャンクスが機神に再突入するシーンで機神の剣が2本になってしまうのまDEでも修正されていません。
    • モデルが変わって影響で、シュルクやダンバンなどメインキャラは顔が大きくなりました。(ただしメリアは小顔に)
    • モデルが変わったせいか、キャラの髪の動きが硬く?なりました。(靡いた状態のまま空中で止まったり。)
    • ダンバンの髪の長さが長くなり、ディクソンは短くなりました。
    • リナーダの手先の爪がなくなりました。(オリジナル版や、公式イラスト、モナドアーカイブズやコレクターズセットの資料にある設定画の手はちゃんと爪がある)
    • モデルが変わった影響でシュルクの目元や7章冒頭の「皇都には戻れぬ」のところで隠れていた目が見えてしまうように。

挙動の変更

UIだけでなく、一部ゲーム性に関わる挙動も変更されています。

戦闘

  • 方向指定の特攻判定がWii/3DS版はアーツ発動時に判定されていましたが、DE版はアーツの命中時に判定されるようになっています。
    発動からダメージ発生までの遅い「カムカムだも」等でかなり分かりやすく、特攻判定がやや取りにくくなっています。
  • 対象から背を向けて攻撃アーツを使用した場合、キャラが自動で対象の方向を向くようになりました。
  • オリジナル版に比べて戦闘中断判定がシビアに。(ハメ技対策?)
    • 敵がオートアタックやアーツの詠唱を30秒以上できなかった場合戦闘から離脱するようになりました。
  • キャラの吹き飛びの仕方が吹き飛びレベル問わず垂直に。(そのため吹き飛ばされて崖から落ちることはほとんどなくなりました)
  • 抜刀中の挙動が変更されました。
    • 抜刀直後にも命令が下せるようになりました。
    • 抜刀中も落下時に落下モーションが発生するようになりました。
    • 非戦闘状態で抜刀している際、コレクションアイテムが拾えるようになりました。
    • 抜刀中でも非戦闘状態だとパーティーゲージが減るようになりました。
  • 納刀中の挙動が変更されました。
    • 納刀中に移動する際、ダメージを喰らうとキャラの移動が停止するようになりました。
    • 納刀中に味方がノックバックやデバフを受けた時に操作キャラも勝手に抜刀するようになりました。
    • 納刀しても超ハイテンション時はテンションが下がらなくなりました。
    • 納刀しても戦闘中は召喚したエレメントが消えなくなりました。(バフ効果も残ったまま)
    • 納刀してもリキがイタダクもで得たステータス上昇効果が消えなくなりました。
    • 敵がチェインアタックを使用可能になった際に納刀しても赤い線が消えなくなりました。
    • ロックオン中にもジャンプできるようになりました。
    • ジャンプ中は攻撃必中の仕様の判定が厳密になりました。
    • ジャンプ中はガードが発生しなくなりました。
    • 戦闘中に操作キャラが納刀した場合、CPUのラインがすぐにガードシフトを解除するようになりました。
  • おびきよせの仕様が変更されました
    • 一定距離を離れるとミスになるようになりました。(ミスだと敵に探知されない)
    • おびきよせの動作中にバトルパレットを閉じるとダメージが与えられなくなりました
    • おびきよせしてもキャラもモーションが連続して発生しなくなりました。
    • おびきよせしてもゼノブレ2同様、必ずヘイトリングが操作キャラにいくようになりました。
  • 未来視の挙動が変更されました。
    • 未来視発動時、「未来を教える」でシュルクにモナドアーツを使わせた場合、「モナド発動」のモーションがキャンセルされなくなりました。発動モーションを待ってから選んだほうが間に合う場合が多いです。
    • 未来視演出中にカメラを動かしても未来視解除後にカメラが反映されるようになりました。
    • 未来視演出中に行動者のキャストモーションが発生しなくなりました。
    • 未来視の通常モンスターのアイコンのデザインが複数存在していましたが、ゼノブレ2のものに変更され、1種類になりました。(主要エネミーのアイコンも変更されています)
    • 操作キャラが戦闘不能状態でも未来視が発生するようになりました。
  • 集合命令をしても味方がプレイヤーの方に向かなくなりました。
  • モナド発動を連続で使用した場合、キャラが平行移動しなくなりました。
  • チェインアタック中にモナド発動を使用してもすぐにアーツを選択できるようになりました。
  • 敵のチェインアタックが始まるとき、敵に付与されたロックオンとそれを付与する味方のオーラが解除されていましたが、解除されずにチェインアタック終了後も持続するようになりました。
  • 敵を倒しても完全に消滅するまでは当たり判定が残るようになりました。
  • ストーリーボスの七一式機神兵2戦目で、距離が一定距離以上離れていても七一式機神兵の攻撃が当たるようになりました。
  • ノックバックや吹き飛び攻撃で戦闘不能になる場合、キャラがその効果を受けなくなりました。
  • ノックバックや吹き飛び時にもクリティカルボイスが発生するようになりました。(ノックバックや吹き飛び、ダメージを受けていなくてもそのアーツにその効果があれば発生する)
  • フィールドのギミック起動中もキャラが動くようになりました。
    そのため、演出中も戦闘が始まったり敵がアーツを使用したりダメージを受けたり未来視が発生したり戦闘不能になるようになりました。
    そのためクエストを受けた後でもかなりギリギリまで近づくまで出現しなかった崩壊のエキドナが灯台のクエスト受注中の話の間に現れるようになりました。
  • 突発キズナ成功後にボイスが発生してもその間にすぐにチェインアタックが使えるようになりました。
  • オリジナル版にあった処理落ちがなくなったため、突発キズナのボタンチャレンジが前とすこしタイミングが変わりました。
  • 突発キズナ表示中にノックバックを受けたり励ますなどのコマンドが発生しても演出がキャンセルされないようになりました。
  • 桜花乱舞のボタンチャレンジ中に未来視が発生しても桜花乱舞とそのボタンチャレンジがキャンセルされなくなりました。(なお、桜花乱舞中にクエストクリアウィンドウが発生した場合は、桜花乱舞は失敗扱いになります)
  • クールダウン中もチェインアタックが使えるようになりました。
  • マクナ原生林のラケリト・マムートを橋の上から攻撃しても登ってくるようになりました。
  • アートルム・ホッグスや残虐のグラーヴァ、太古のデイダラや六四式機神兵の移動モーションが不自然ではない速度に変更されました。
  • コピス・クロードやペルラゴス・エキドナのようなモーションを挟んで戦闘に入るモンスターは敵に探知された(モーションが発生した)時点で戦闘警戒状態になるようになりました。
  • 転移装置をまたいで戦闘になる場合(機神界中枢のヤルダバオトや○○〇)にキャラが転移し終えてから敵が探知するようになりました。
  • 戦闘不能から復活直後にもダメージをくらうようになりました。
  • ボス戦のアンドスの「ペサードアタック」やムムカの「殺戮大蓮華」といった没アーツor使用条件が限られるアーツが普通に使用されるようになりました。
  • エーテルダメージを受けた際、レジストされた場合にも0と表示されるようになりました。(オリジナル版では吸収ダメージ除く被ダメージボイスが発生する場合のみ数字が表示されていたが、変わっている)
  • 機神兵攻撃が通じない場合でもダメージ増加の特効が発生するようになりました。(バックスラッシュだと2、モラッタもで3ダメージ与えられる)
  • 機神兵に通常武器で攻撃してダメージが1になる場合、疾風刃などのDOTダメージが0になりました。(以前は1だった)
  • モナドエンチャントの追加ダメージがアーツにも適用されるようになりました。多段アーツは1HIT毎に追加ダメージが発生します。
  • 追撃ジェムのDOTダメージとアーツのDOTダメージが重複するようになりました。
  • 最寄りのエネミーをターゲットする操作が廃止されました。
  • モンスターの追跡が解除されやすくなり、壁ハメがしづらくなりました。(豪雪のベリガザスや無謀なゴドウィン、治安のトーキドンなどがわかりやすい)
  • 敵がアーツ使用中でも転倒と気絶が入る ようになりました。
  • アーツ使用中に敵がいなくなって戦闘が終了した状態でもキャラを回転させれなくなりました。
  • ストーリーボス撃破後のイベントシーン以降のタイミングが少し遅く。(オリジナル版は敵のHPが0になった瞬間すぐ画面がフェードアウトした)
  • 転倒中に転倒効果を受けても転倒始動モーションが発動しないようになりました。
  • 要塞型機神兵と戦う際、下に潜り込んで正面から攻撃しても天雷が使えないようになりました。
  • 敵のボイスが味方ボイス同様、バフ、デバフ確認を開いても途切れなくなりました。
  • 敵を倒していなくても(追跡を振り切っても)戦闘終了ボイスが発生するようになりました。(オリジナル版は戦闘状態の全ての敵のHPが0になった場合の戦闘終了時にしか発生しない)
  • 戦闘終了の時点で戦闘不能になっているキャラも戦闘終了ボイスが発生するようになりました。(瀕死時など)
  • 最大HP減少のデバフを受けた際のHPゲージの挙動が変更されました。
  • 11章、黄金のフェイス戦で戦闘開始時にカメラがネメシスの方に向かなくなりました。
  • 一部モンスターのデバフ耐性が変更されました。(悪魔王ドラゴニアなど)
  • 揮発ヘイトの1秒ごとの減少量が60から75に変更されました。
  • 崩し状態になっていない敵に崩しヒット時転倒効果のアーツ(ワイルドダウンなど)をヒットさせてもテンションが低下しなくなりました。同様に転倒状態になっていない敵に転倒ヒット時気絶効果のアーツをヒットさせてもテンションが低下しなくなりました。
  • メリアのエレメント発射のアーツヒールの判定が2回からエレメント着弾時の1回のみに変更されました。
  • 敵の攻撃を回避またはガードしたときのモーションをアーツを使用することでキャンセルできるようになりました。
  • 味方のHPが敵のHP吸収の吸収量よりも少ないときHP吸収が失敗するようになっていましたが、この状況でも成功するようになりました。味方はHPを1だけ残して戦闘不能になりません。
  • 敵と非戦闘時にメリアのヒールギフトを開幕最大HP上昇のスキルを使ってHP20%以下で使うと戦闘不能後すぐにHP1で復活するようになっていましたが、HPを1残して戦闘不能にならなくなりました。
  • 物理アーツを回避する未来視の後、納刀してジャンプすると命中する結果タグに変わり、着地するとまた元の回避する結果タグに戻ります。
  • 即死をシールドバレットで耐えたとき、キャラクター頭上のデバフ表示およびデバフの説明表示がでてこないようになりました。
  • 敵のアーツがヒットする直前にチェインアタックを開始した際のデバフに関する挙動が変更。
    • 気絶がヒットしてもオーラが解除されなくなりました。
    • ノックバックと吹き飛びが無効化されるようになりました。
    • 即死がヒットするとテンションが低下するようになりました。
    • 転倒、気絶、スリープ、パニック、アーツ封印のヒット時、キャラクター頭上のデバフ表示およびデバフの説明表示がでてこないようになりました。
  • 敵が水中判定の場所の近くまで追いかけてきたとき、すぐに戦闘状態を解除せずに陸上判定の場所で戦闘状態を続けるようになりました。
  • デバフ「ロックオン」の「自身もターゲットを変更できなくなる」効果が無くなりました。
  • 「エンゲージ」「戦眼」「ロックオン」で自身にもロックオンが付与されるようになりました。
    • アイコンとしては表示されません。
    • 扱いが「バーサーカー」や「スピードシフト」の物理耐性減と同じで、ロックオン抵抗で予防はできますが、オーラ発動中にキュアバレットなどでデバフを回復はできません。敵にロックオンされるとデバフのアイコンが表示されテンションも低下しますが、自身のオーラと自身と敵にかけたロックオンは消えません。味方が敵にロックオンをかけると敵にかけたロックオンが上書きされヘイトは味方に移りますが、自身のオーラと自身にかけたロックオンは消えません。「オーラを解除する」「気絶させられる」「(味方の)チェインアタックを開始する」のどれかをすると自身と敵のロックオンが解除されます。
    • ロックオン抵抗があると自身へのロックオンがレジストされるので、攻撃の対象をロックオンをかけた敵以外に変更できます。また、オーラを解除しても敵にかけたロックオンは解除されず効果時間が終了するまで持続します。
  • 敵が範囲攻撃をするとき、バトルメンバー全員に対して同じ倍率で攻撃するようになりました。

フィールド

  • 仲間の挙動が変更され、ゼノブレ2のようにプレイヤーが少しでも動くとプレイヤーの後ろに回ろうと動き回るようになりました。(そのため味方キャラに接触したり崖から意図的に落とすことが困難に。(立ち止まった時に仲間がプレイヤーと同じ方向に向きづらくなった)非操作キャラの真正面に狙って立つことも難しくなりましたが、こちらは操作キャラをジャンプで移動させられれば可能です。
  • カメラが一人称視点が可能なほど近づけられるようになったため、ビュワー機能よりも実際にカメラを弄ったほうがキャラに接近できるように。(wii版やnew3ds版だとフィールド上でカメラを近づかせるよりもビュワーで見たほうが接近できた)
  • 非操作キャラにも移動速度の補正が反映されるようになりました。
  • ジャンプの挙動が変更されました。
    • ジャンプ中は進行方向ではない横や後ろに真っ直ぐ跳べないように。
    • 空中にいる間は地面の起伏の影響を受けなくなりました。
    • キャラの落下速度が速くなりました。
    • ジャンプ中の軌道の調整がオリジナル版と少し変わりました。
    • ジャンプ力が低下しました。多くの柵がジャンプで越えられなくなっています。(エルト海のハイエンター墓所の入口の柵など)
    • ジャンプ中は転移装置が反応しなくなりました。
    • リフト稼働中にジャンプをしても上に飛ばなくなりました。
  • キャラに話しかけた際の操作キャラの動きが違和感ないものに修正されました。
  • 敵との距離が離れていた場合、宝箱が操作キャラと同じ座標に落ちるようになりました。
  • モンスター同士が押されるようになりました。
  • ダンバンの天下無双や、メリアの走るモーションの時に口を開けなくなりました。
  • 序盤のフィオルンと再加入後のフィオルンの泳ぎモーションが若干変更。(オリジナル版では序盤フィオルンは左右を向いてしっかり息継ぎをし、再加入後のフィオルンは顔を水面につけて泳いでいたのが、DEでは序盤フィオルンは正面を向いてクロールし、再加入フィオルンは息継ぎして泳ぐように。)
    • なお、落ちた腕の水面では、水面が他のエリアより高い処理になっているのか、再加入フィオルンも含めてどのキャラも水面に顔が沈んでしまう模様?
  • 再加入後のフィオルンの走るモーションが変更されました(無印では腕を縦方向にのみ振っていたのが、メリアのように横方向に振るように)。
  • 同じエリア内での移動ではロード待ちが発生しなくなりました。
    • 転移装置での移動が多いエルト海では違いが顕著です。
  • キャラの既存の待機モーションがDE用に一新され、加えて新規モーションが4種類追加されました(メリアは5種類)。
    そのため、ゲスト時のダンバンとディクソンのモーションが共有ではなくなりました。
  • 落下ダメージ時に地形ダメージと同じSEが発生するようになりました。
  • 非戦闘時にもHPが減少した際にキャラのボイスが発生するようになりました。
  • 採掘場の採掘基地やハイエンター墓所、監獄島の檻などのフィールド上の一部デザインが一新されました。
  • ザトールのモーク水門の隙間などがすり抜けられるようになりました。
  • ガラハド要塞や中央工廠最上層の長い鉄の足場の左右前面に転落防止用の柵が付けられました。
  • コロニー9のジェム爺の露天商奥の崖やラグエル大橋付近の崖の壁面に段差が作られ、着地判定がでるようになりました。
  • カルナやダンバンなどのプレイアブルキャラのNPCに話しかける際、全キャラにボイスが1種類追加されました。
  • 住人の名前や宝箱の名前が出ている時にエネミーをターゲティングするボタンを押しても、ほかの住人や宝箱に切り替えられなくなりました。
  • 時間帯が変化したり、自分で変更しても住人の会話の内容の順番がリセットされなくなりました。
  • 操作キャラでなくとも、ジャンプ時にボイスが発生するようになりました。
  • パーティーメンバーを変更した際に、HPが全回復するようになりました。
  • キャラのジャンプ、落下中のモーションも手が加えられています。(ラインやリキがわかりやすいです)
  • モンスターの鳴き声や武器のヒット音、クエスト演出などのSEが原作よりボリュームが小さくなりました。
  • キャラやモンスターが画面に近づきすぎた時、オリジナル版のように透過されるのではなくその前に黒く塗りつぶされるようになりました。
  • ボイスの仕様が変わり、発生している最中に宝箱を開いたりメンバーを入れ替えたりスキップトラベルしてもボイスや会話が途切れなくなりました。
  • 洞窟内では新たな環境音が発生するようになりました。
  • 機神界フィールドの第3リフト 4Fに上から飛び降りて行った時にリフトの奥に壁判定が作られ、奥に進めないようになりました。

システム

  • シュルクがモナド入手後、操作キャラがシュルク固定となり2章が終わるまで変えられなくなりました。(ラインとダンバンの順番も変更不可)
  • 再加入時のフィオルンの所持APに15000が追加されました。(オリジナル版は序盤の数値がそのまま引き継がれていた)
  • 加入時のレベルが高いとセットされているアーツの配置も変化するようになりました。(オリジナル版は習得レベルの低いアーツから順にバレットが埋まっていった)
  • キャラクターのキズナが一段階変動した際に通知が出るようになりました。

BGM

多くのBGMがアレンジされています。あまり変わっていないのもありますが、敵との対峙、名を冠する者たち、行く手を阻む者などは変化が大きいです。(大剣の渓谷など、新たな旋律が追加されている曲もあります)
バトルBGMとフィールドBGMについてはオプションからオリジナル版と切り替えられます。

また、追加ストーリーのナカマトークで未使用曲だった「希望」が使われています。

2周目引継ぎ

引き継ぎのやり方が異なります。ゼノブレイド2とほぼ同じ仕様になります。
  • ラスボス撃破後のセーブデータをそのままロードすると、引き返し不可ポイント直前に巻き戻され、継続して冒険ができます
  • 2周目はタイトル画面で「Advanced New Game」を選び、クリア後マーキングのあるセーブデータをロードすることで開始できます。
  • アイテム、モナド以外の装備品等はすべて引き継ぎされます。

バグ修正

  • 武器攻撃力の最大値は実際には最小値+99までしか発揮されないバグが修正。
  • ジェムやスキルによる移動速度アップの効果が29%以上は反映されないバグが修正。
  • マグ・メルドの遺跡にある自動ドアのキャラによる押し出しすり抜けバグが修正。
  • ハイエンター墓所で光の橋が消えて進行不能になるバグが修正。
  • 落ちた腕のラインとカルナだけの地点で詰んでしまうバグが修正。(メンバーを変更した際にHPが全回復するようになったため)
  • ザトールのゴゴール経験値稼ぎバグが修正。
  • カルナの献身スキル「迅速なる治療」、リキの陽気スキル「お日様大好き」臆病スキル「お星様超もエ」が回復アーツに対して効果が無かったバグが修正。
  • ユニーク装備と同効果のジェムを同時に装備した場合、効果が加算されていなかったバグが修正。
  • 序盤のフィオルンのフリーズバグが修正。
  • 監獄島クリア前、モナド1の状態でのモナドブレイカーが人間の敵に通じていたバグが修正、アカモート及び墓所でのイベント戦闘でシュルクが人型の敵相手にダメージを与える手段が無くなりました。
  • 監獄島関連のイベントが流星雨で見られなくなりました。
  • 滑り床の挙動が変更され、ジャンプしても坂登りできなくなりました(機神界フィールドなど)。
  • アーツセッティング画面のメリアのパワーエフェクトの対象表記が正しいものに修正されました。
  • 花粉工場の上の家にいた近づくと消えるノポンが削除。
  • 8章、白翼宮でのNPCのラインのおかしい動きが修正。
  • フィオルンのパワードレインの半永久的に筋力吸収できるバグ。(DEでは途中で途切れるように)
  • ヤルダバオトの「巨神斬り」での未来視発動までの時間が実際は180秒だったのが、120秒に修正。
  • 攻撃力安定や攻撃力強化のジェムとスキル「攻めの素質」を同時につけているとき、ジェムとスキルの効果を乗算した値ではなく加算した値をステータス画面のオートアタックの値として表示していたバグが修正。
  • サモン・アクアの召喚時および発射時のアーツヒールにもスキル「水の静けさ」の効果が乗っていたバグが修正。
  • サモニングコピーでアーツヒールが発生しないバグが修正。
  • (New3DS版でのみ確認)未来視のカウントダウンが終わり敵がアーツを使っているタイミングでチェインアタックを開始するとチェインアタック中にも時間が進んでしまうバグが修正。
  • 敵のチェインアタックが始まる際に、バトルメンバーのテンションが100上昇する(上昇量が味方がチェインアタックを始めたときと同じ)バグが修正。
  • 豪雪のベルガザスの大連邦スタンプの吹き飛びの判定が最後の一撃だけになるように修正。
  • カルナがアーツを連続して使うとヒールバレットなどを自身を対象に撃ったときのモーションが自身以外の味方に撃ったときのモーションになっていたバグが修正。通常時と同じく真上に向けて撃つようになった。
  • 集合命令中に未来視の対象になった仲間が演出後に攻撃を始めてしまうバグが修正。


その他(表現規制や見た目の変更)

  • 表現規制の都合か、血痕が黒色に置き換えられている部分があります(何故か赤色のままの所もある)。
  • アルヴィースが首からかけていた鍵が全く別の赤いアクセサリーに変わっています(ゼノブレイド2のホムラ/ヒカリ、メツのコアクリスタルに酷似)。
  • カルナとヴァネアの胸の揺れが控えめに。
  • スピード装備のフィオルンの尻の割れ目がなくなりました。
  • フィオルンの髪飾りの大きさが大きくなりました。
  • 各キャラの重装備やフィオルンのパワー装備のデザインが変更されました(Wii版と比べ、小柄になり主張が弱くなった)。
    ちなみにWii版のデザインは名前の末尾に「L」が付いた重装備に引き継がれています。(そのためダンバンがマクナ装備以外でも髪を束ねるように)


New3DS版関連

New3DS版から引き継がれた要素

  • Wii版では「99:59」(99時間59分)でカウンターストップしていたプレイタイムが「999:59」まで表示可能になりました。
  • 宝箱からアイテム入手時、カーソルを合わせると説明文が表示されるようになりました。(Wii版は装備や結晶の性能のみ)
  • Wii版ではAM/PM表示だった時刻変更画面が24時間表示になりました。(例:「pm 7:00」が「19:00」に変更)
  • 物々交換でアイテムを選択するときに、種族や性別が表示されなくなった。(→Switch版では 一応アイテム選択後には住人のアイコンが表示されます)

New3DS版にあった変更点

キズナグラム選択時のSEが若干高く →修正済み。
昼にリキの家の前にいる黄色子ノポンの名前がリキの息子→娘に。(誤植?)  →修正済み。
会話イベントの回想シーンがセピアカラー→白くぼやけた色に? →修正済み。
クリティカル・回避時の突発キズナ後の全キャラの台詞を変更。 →修正されていない。

小ネタ

New3DS版同様、煙などのエフェクトが少なくなった影響で、イベントシーンのマップやキャラがはっきり分かるように。
以下、具体的なシーンを記載。(終盤のネタバレのため白塗り)
  • 機神界中枢のヤルダバオト戦後、エギルのアガレスとの回想シーンで背景(いわゆる巨神の左肩)が見やすく。
    また、ディクソンの射撃に対し、エギルのセリフ「き 貴様はー」後に一瞬挿入される回想シーン。
    ロウラン(?)が左側に、アルヴィース(?)がザンザの右足の奥の方にはっきり確認可能に。場所は監獄島と思われます。
    特にロウランと思われるキャラはWii版では光りすぎて、ほぼ分からない状態でした。

イベントシーンなどを静止画でじっくりみたい方へ
「プレイ中スクショや動画を撮り、にHOMEボタンを押す → 写真マークの『アルバム』をクリック → その中から見たい画像をクリック」


操作方法

天候の操作

時間を変更することで操作できます。(同じ時間に設定してもOK)

通常モンスター、ユニークモンスターのリポップ

スキップトラベルor一度ゲームを終了→ロードで即復活します。

コレクションアイテムのリポップ

一度ゲームを終了→ロードで即復活します。



バグ情報

再現性の高いバグが多い。

DEで新たに確認されたバグなど(未だに修正されていない)

  • 住人が空中を歩いてしまう。(コロニー9や脱出艇キャンプ、アカモートなどのさまざまな場所で確認)
  • 住人が地面の下に埋まってしまう。
  • サイハテ村のノポンが柵の外に出てしまう
  • 非リアルタイムイベントシーンのリキやキノの口の動きやフィールド上での歩き方がおかしくなる。
  • 戦闘中、モンスターやCPUがその場で意味なく回転し続けたり、後退したりする。
  • 戦闘が終了してもメリアのエレメントが表示されたままになってしまう。
  • 街の中でもフィールドBGMや名を冠する者たちが流れてしまう。(モンスターの描画距離が広範囲化&モンスターの当たり判定が変わり、勝手に落下しやすくなって画面外の遠くで落下死亡によって戦闘が勝手に開始されてしまうのが関係されていると思われる。)
  • イベントシーンなどの間の読み込みが終わらなくなってしまう
  • ムービー中に映像が止まって音声だけ流れてしまう
  • ムービーシーンの回想や夢の中で使用されるセピアやモノクロカラーがとれてしまう。(5章のカルナの夢や12章シュルクの夢)
  • クエストの未来視中に非操作の味方キャラが映ったり乱入してしまう。
  • 5章採掘場のゾード2戦目前のムービーでリフトが表示されなくなり、床が透明になるバグ
  • クエスト「裏切りのバーン」のシーンでバーンの向いている方向が正面ではなく横を向いてしまう。
  • イベントBGM関連
    • イベントシアターで2章の街到着時のシーンで行く手を阻む者ではなく危機が流れる。
    • イベントシアターで見ると7章の勇者リキのムービーシーンの後に使われるBGMが伝説の勇者リキではなく、サイハテ村のBGMになってしまう。
    • 12章最初の再会シーンのBGMが落ちた腕になってしまう
    • 「真のモナド」の夢の中のシーンでBGMが流れない
    • 「反モナド場発生器」で危機が流れ続け、行く手を阻む者が流れない
    • 「エギルの最期」で画面が切り替わった後、BGM「悲しみ」が流れなくなり、天候が晴れになる(本来は嵐前)
    • 巨神脚、コロニー6、燐光の地ザトール、監獄島などのカットインでBGMが流れない。
    • 監獄島のカットインムービー再生時に扉の開く音が聞こえてしまう。
  • 「機神の目覚め」のシーンでカリアンの服の解像度が極端に低下する場面がある
  • 15章の機神界中枢のスクリーンが展開されるシーンで、いないはずのディクソンが映ってしまう。
  • 4章七一式機神兵や11章黒いフェイス、14勝の緑のフェイスのイベントシーンで敵が分裂してしまう。
  • 1章フィオルン操作時にダンバン邸から壁抜けしてしまう
  • 落ちた腕のラインとカルナだけのシーンで先に進めずに詰んでしまう(オリジナル版のバグとは別物)
  • 2回目の監獄島で空位の玉座に上がれずに詰んでしまう。
  • サイハテ村の御神体の間で高い場所から湖の岸の側面に滑り込むようにして落ちると床抜けして下に潜れてしまう。
  • コロニー9の橋の上の住人やアカモートの会話のテキストで誤字。
  • 敵のレベル表記が10桁になってしまう。(パナソワ・スパイドで確認)
  • その味方が死ぬと同時に回復が発生するとHPが残った状態のまま死んでしまう
  • 街の評判が下がる時のSEがキズナが下がる時ではなく上がる音が使用される。(評判やキズナが逆に上がってしまう?)
  • 5章のディクソンが一時加入する戦闘で、ミス発生時の突発キズナで違うキャラの名前を呼んでしまう(シュルクにライン、ダンバンにカルナ など)海外版でも同様のようです。
  • 厳密にはバグではなさそうですが、敵味方共に待機モーション発生前後にキャラが不自然にガクっと動きます。
  • 貧乏評論家のクエストですでにこなした過程のナビが表示され続ける。
  • また、クエストのナビゲーション機能でまだ存在が明かされておらずマップにも表示されないテフラ洞窟のルートを通って表示されることがあるようです。
  • クエスト「高利貸しの企み」を完了してキング・スクイズ失脚後、夜にキング・スクイズの隣にいたNPCが昼になってもいなくならない。
  • クエスト「危険な野望」で本来BGMが流れないよう設定されているシーンでフィールドBGMが流れてしまう。(恐らくつながる未来ではこのクエストのように専用会話シーンが多数登場し、そこではBGMが流れるようになったため?)ページ名またはURL
  • クエスト等の未来視で関係のないキャラが映ってしまう。
  • 「鉄壁の守護」「邪気の拒絶」とスパイク防御ジェムの合算で100%を超えた場合、カウンタースパイクとダウンスパイクでスパイクダメージ発生時に超過分×スパイクダメージ値分のHPが回復してしまう。(このとき9ダメージを受けているようにスパイクダメージが表示される)
  • 致死ダメージ以上の高さから落下して着地した瞬間に未来視や突発キズナが発生すると死亡しない。(Switch版からなのかどうかは不明)
  • パーティゲージ不足による操作キャラの復活不能で敗北が確定している場合も未来視が発生するようになった。
    敗北確定すると一定時間を置いてランドマークに戻されるが、未来視発動中は時間経過がカウントされないらしく再開まで余計な時間がかかるようになってしまった。
  • ゲーム内ではオリジナル版から一貫して「熱波」「ダイアモンドダスト」と表記されていた天候がシアターでは「熱帯」「雪」と表記されているなど、細かい表記ゆれがあります。
  • 17章でメリア単独時に意識のあるシュルクに話しかけれてしまう。(この時限定でシュルクの会話ボイスを聞くことができる)
  • 帝都ガド戦でガドをチェインアタックで崩し→転倒→気絶させてしまうとガドがフリーズして何もしなくなってしまう
  • 戦闘中などに住人やモンスターのモーションの速度が極端に低下してしまう。
  • フィオルンのスキル「活力爆発」習得後にタレントゲージが挙動不審に。ダブルアタックでもなんでもないフィオルンのオートアタック1HITで40%程回復したり、タレントアーツでタレントゲージが増加したり。
  • 集合命令から集中命令した際に味方がしばらく(5秒ほど)何もしなくなる。
  • メリアに「闘気持続」と「情熱オーラ」をリンクした状態でエレメントバーストが発生すると、逆にエレメントバーストに10秒の制限時間が付き、オーラ終了の時点でタレントゲージがMAXだとエレメントバーストが再度発生してしまう。(また、その際に情熱オーラの効果でパーティーゲージが上昇する)
  • チェインアタックでの表示上のトータルダメージが1000万以上は表示されない。(1000万を超えると100万の位が9で固定になる)
  • オリジナル版ではほぼ見られなかったモンスター同士で押されて、モンスターが不安定な足場となったモンスターの上に乗って荒ぶる現象が発生する。
  • 偵察型機神兵などが仲間に知らせに行く際に地形にはまってしまう。
  • クエストで未来視が発生した際、一瞬だけ未来視のフィルターが外れてしまう
  • 戦闘不能抵抗ジェムを付けた場合、全て未来視内では発動せずに死んでいた(ドクロマークが付いた)が実際には発動して生き残ってしまう。
  • コレクションアイテム収集系のクエストをタイムアタックのノポンクリスタル交換で達成した状態でリミテッドの課題を受けると、
    ロード中にクエストが完了し、フェードインした直後にクエスト完了の画面が表示される。これを数秒待ってから閉じると タイムアタックが始まらなくなる。
    この状態で全滅するか、或いは敵を全員倒すと、特殊な状態で自由に行動できるようになる。
    なお、以下のように 非常に危険性の高いバグであるため、試さないことを推奨。試す場合はしっかりとバックアップを取っておき、絶対にセーブはしないこと。
    • キャラクターがリミテッドのメンバーで上書きされる ため、装備、アーツ、スキルなどがタイムアタック用の物になり、 さらにメンバー以外のキャラクターが消滅する。
      • 消滅したキャラは、その周回では 2度と復活しない。
        2週目でなら加入させることができるが、バグを発生させた時にリミテッドのメンバーだったキャラは一部リミテッドの状態を引き継ぐ。
      • 2週目で復活したキャラはアーツがバグっており、 セットされているアーツを外すと再びセットすることができない。 アーツが1つも無いと「アーツがセットされていません」と警告が出てセッティング画面から戻れなくなるため、 アーツを全て外すと詰む。
        また、他のキャラの一番上のアーツをセットできたりする。
        アーツリストのないキャラのアーツ画面→ZRとやればつながる未来のキャラも含めた全キャラのアーツをどれが1つランダムでセットできる(ノポンジャーのアーツも含む)
    • 装備画面を開くと エラー落ちが発生する。
    • 「迷霧と忘我の果てのノワール」でこのバグを発動させると、本編のキャラクターで巨神肩を探索できる。
  • 「食いしばり」「極限見切り」「傷無き英雄」などの残りHPの割合が発動条件のスキルが、 ジェムやスキルで強化された最大HPではなくレベルによって決まる素のHPを参照して発動してしまう。
  • 未来視が終わり未来実現までのカウントダウンが始まるタイミングで、 一瞬「未来視でダメージを受けたキャラの残りHPを参照して食いしばりなどのスキルが発動した場合」の結果タグに変わり 、すぐにもとの結果タグに戻る。
  • ラールゴ・セルラと能動のインプルソの「養分吸収V」のHP吸収が対象の最大HPの50%から100%に変更され、極端に強いアーツになってしまっている。また、このアーツのHP吸収によるHPの減少では未来視が発動しないので、HP最大の状態から未来視無しでいきなり残り1になることがある(「捕食」などのHP吸収のみのアーツでは正常に未来視が発動する)。
  • オートアタックのジェム効果のデバフがレジストされたときに、テンションが超高い状態でなくてもレジストされたことによるテンション低下が発生しない。
  • 未来視の演出中にも時間が進んでしまう。
  • カルナのガードモーションだけアーツを使用してもキャンセルできない。
  • サモン・アクアのエレメント発射時、HPを吸収するときにメリアのテンションが低下してしまう。
  • オーラバーストの揮発ヘイトが無くなってしまっている。
  • 回避モーションがオートアタックやカウンターでキャンセルされない。回避モーション中にさらに攻撃を回避しても新しい回避モーションにならない。
  • 雷刃砲脚の揮発ヘイトが無くなっている。
  • スピアブレイクのスロウのデバフが成功した場合になぜか獲得する揮発ヘイトが2倍になる。

バージョンVer.1.1.2で、修正が確認されたバグ

 修正内容の詳細は下のアップデートのページにて。


  • 戦闘中に気絶状態で戦闘が終了するとそのまま気絶が解除されずに操作不能になってしまう →オートランで水辺に突入すれば解決する
  • 15章のジャンクスの飛行シーンでその後機の律動が途切れてしまう
  • (BGMをオリジナルにした場合のみ)「敵との対峙」のみオリジナルではなく、アレンジが流れてしまう箇所が存在(現在確認したのは5章、9章、10章,11章)
  • 仲間が梯子に捕まった状態で壁に向かってそのキャラと操作キャラを入れ替えると操作キャラが押し出されてしまう。
  • 上級者設定でレベルを下げて引き継ぎプレイをした場合、引き継ぎ先のデータでのそのキャラのキズナコインの最大値が減ってしまう
  • 周回プレイでダンバンのキズナコインが60000枚程度入手出来てしまう(他にもメンバー間で100枚ほど差が出てしまうことも)
  • フィオルンのオートアタックに ジェム・スキル効果によるヘイストが乗らない 。スピードシフトによるヘイスト効果はちゃんと発揮される。
    • 正確には効果が出ているものの、ヘイストジェム・スキルによる効果の場合はモーションが短縮された時間分の硬直が別途で追加されるため、オートアタック間隔が全く変化しない。
    • 有志の検証の結果、ヘイストジェムの効果が無いのではなく、数値が低い内はヘイストの効果が分かりづらいだけであることが判明。
      ヘイスト50%程度では通常2回攻撃やダブルアタックの間の時間は短くなるものの、次の攻撃までの間隔は殆ど変化が無い。
      ヘイスト100%くらいまで上がれば次の攻撃まで間隔も短くなってくる。
      スピードシフトIの50%とヘイストジェム50%は同等の効果量。
    • Ver1.1.2で修正された が、公式の告知によればシュルク、ライン、ネネを除くフィオルン以外のキャラもヘイストやスロウのかかり方に不具合があった模様。
  • 16章、機神界中枢の〇〇〇戦後、フィオルンが装備していたスロット3の武器のスロット数が1になってしまう。
  • モナドIII入手直後にメニューに入り、ジェムやスキルをあれこれいじってからメニューを抜けるとエラーでゲームが終了する。
  • ラスボス戦時、戦闘に入る前に時間変更を行うと確定でエラー落ちしてしまう。

Wii版から存在したと思われるが、DEでも未修正のバグ

DEからかどうかは一部要検証。

  • カルナだけ全デバフ抵抗を100%にすると、戦闘中どの状況でもキュアラウンドを使用しなくなる(キュアバレットは使う)
  • ラストスタンドが未来視中の演出でもPTゲージが回復してしまう。
  • ライン、カルナ、リキ、メリアのNPCはオートアタックがヘイストがなくとも間隔0で発生してしまう。
  • 機神兵に弾かれると「物理耐性減」のジェムが発動しない。(仕様?)
  • 開幕攻撃強化はモナド発動を挟むモナドアーツには効果がない。
  • 監獄島のグラビナ橋付近にいるバベリ・ボーグの戦闘時の挙動がおかしく、戦闘が解除される。(ルート目的地点に到着する前に戦闘状態に入ったり、3番目のボークが他のボークの位置から離れすぎていることが原因?)
  • オーラバーストのアーツ説明にはヒット時25%の筋力ダウンと書いてあるが、実際には天地剣やパワードレインと同じで20%である。


New3DS版から新たに発生したが修正されていないバグ

以下の会話はゼノブレイドのwii版、及びwii版やNew3DS版の攻略本、モナドアーカイブスには正しい順番で再生、記載されているはずの会話が、
New3DS版では異なる順番で再生されてしまうもの(New3DS版、Switch版ともに確実に違う順番で再生される)。

↓太字が順番が実際と逆な部分。
  • シュルク・ライン・フィオルンの戦闘後会話のボイスの発生順序がおかしい
ライン:「どうだ! 俺様の力を見たか!?」
シュルク:「あははっ! ラインらしいや!」
フィオルン:「もう! すぐ調子に乗るんだから!」

  • ダンバン・リキ・メリアの戦闘終了後のボイスの発生順序がおかしい
メリア :「ああ……何時にも増してフワフワだ」
ダンバン:「良い感じのモコモコだな」
リキ  :「ふ、2人とも、リキを見る目が怖いも~……」


その他

グラフィック関連(ネタバレ含む)

+ ...

フィールド・ムービー関連

  • ムービーや会話イベントシーンでオリジナル版以上に各個でのぼやけが強調され、追加されました。
  • 天候「熱波」がかなりわかりやすくなりました。(色彩が色褪せ、明度も上がりキャラの輪郭が二重三重にブレるように)
  • ムービー内の環境音やボイスなどの音質も改善されました。(2章襲撃中の逃走する街の人の声や遠くの防衛隊長の声が聞き取れるように)
  • ヴァネアがネメシスを組み立てるシーンやゾードと機神兵の通信シーン、ヤルダバオト初登場シーンがかなり明るくなりました。
    • 前はゾードのシーンはカットを重ねるごとにだんだん姿が露わになっていました。また、ヴァネアとフェイスユニットの姿がはっきりと見えるようになっています
  • 巨神胎内や記憶空間特有のぼやけた演出が削除。
  • 機神の大剣から人々が墜ちていくシーンが人が細かくなりわかりづらくなったところも
  • 「シュルクの選んだ途」の回想の背景が見えやすくなって巨神の頭が見えるようになりました。(巨神肩だと思われる)
  • 巨神胎内の壁の透けた部分が奥がはっきり見えるようになったため、復活前でも心臓が見れるように
  • 巨神胎内の道に生えている白い柱上の植物がゆらゆら揺れるようになりました。
  • マクナ原生林⇔ヴァラク雪山入口の地形が少し豪華に
  • 遠くからでも巨神の脚からコロニー9や落ちた腕が見やすくはっきり作りこまれており、
    マクナ原生林の向こう崖からもヴァラク雪山の入口が見えるようになっています。
  • 全体的に光や煙の演出が削除。
    • ガラハド要塞でのヤルダバオトのオーラやモナドエンチャントやモナドスピードのエフェクトを比較するとわかりやすいです
  • ザンザモナドの色が暗くなり、闇っぽくなりました。
  • モナドの文字はいずれも統一されて両面からでも読めるように変更されました。(17章ラストの「神」の文字だけは原作のまま片面だけです)
  • また、エルト装備や重装備と言った機械っぽい見た目の武器防具はエーテルライン等が発光するようになっています。
  • 7章冒頭のメリアと従士達のシーンで、メリアの最後のバーストエンドの時のエフェクトの光がバーストエンド状ではなく、護身杖の先端の形の光に変更されました。

キャラクターの表情

  • 通常の会話イベントシーンでも表情が変化するように。(コロコロ変化するリキがその恩恵が大きいです)
  • キャラの瞳がテクスチャ貼りではなくポリゴン仕様になったため、表情がわかりやすくなり、目を見開いたりするシーンがより強調されるように。
    • 2章シュルクの「そこかーっ!」や14章エギルの「うぉあああっ!」
    • 16章ザンザの「このザンザと世界を分かつものなのか!?」
    • 17章ロウランの「ザンザ様にとって不要な存在今この手で刈り取ってあげるわ」など)
    • 16章でメイナスが攻撃を受け止めた時のエギルの悲しい表情も強調されています。
    • そのせいか、一部オリジナル版との表情の違いに違和を感じる人もいるかもしれません。
  • メリアや後半のザンザの瞳が鮮明に。
    • 他にもシュルクの未来視の瞳の光がやや抑えられ、メイナス時のフィオルンの瞳からはハイライトがなくなりました。
  • 未来視直後の画面が白くなるタイミングが変わり、直近の表情が見えるように。

  • 元々の眼力が強くなったのか、本来強調されるところが控えめに。
    • 7章のメリアと衛士のシーンのメリアの瞳
    • 9章の「フィ、フィオルン」のメカルンの瞳
    • 14章フィオルンの「シュルクを殺させはしない」の後など

  • 表情が新たに付け加えられている個所もあります。
    • 2章でフィオルンの血をみたシュルクの表情の変化
    • 2章黒いフェイス2戦後の顔つきの攻撃を受け止めた後のシュルクの表情の変化。
    • 10章で量産型フェイスが降ってきた時のアルヴィースの表情

  • オリジナル版と違いが明白なものも
    • プロローグの「ディクソン、残りの兵を頼む」~「ダンバン、まさか貴様」の一連のダンバンの食いしばった余裕無さそうに無理をした顔
    • 1章で運搬ケースを届けたフィオルンから受け取ろうとする時のラインの顔
    • 2章最後のコロニー9を旅立つ時のムービーの最後に映るディクソンの表情
    • 15章フィオルンの「シュルク ダメー!」や17章アルヴィースの「待っているよ」
    • 16章ザンザの「これが因果の流れだ」の後にシュルク達を一瞥するシーン)

イベントシーンの違いの詳細

尚、手のモデルが新しくなってる関係でラインの腰に手を当てる、シュルクが頭をかく、カルナが頭を抱えるなどのモーションは基本的に作り直されている。他にも座り込んだシュルクの上半身の向きや、メインキャラの話すモーションなども。

  • 12章
    • 「最初のキス」
      • 光りを発するネメシスのエフェクトが弱まる
      • wiiだと胸のモナド触っていたがDEはその手前で止めている
      • シュルクがメイナスモナドを握った時に煙が出ていたのがなくなる
      • シュルクが水筒の水を飲むカットで位置が微調整
      • フィオルンの武器が消え、位置も調整される
      • イベントシーンでは鳥や蜻蛉、蝶々が現れなくなる
      • wii版だと背景の機神兵の残骸が消えてエーテルギアが映っていたのが修正
      • このシーンは途中からシュルクとフィオルンの位置が調整されている
      • 「おかえり フィオルン」の一連のムービーでフィオルンがフラップを背中に装備するように
      • 「どうするの?これから」と「皆を捜さなくちゃ」でシュルクの位置が微調整
    • 「僕が君を護る」
      • フィオルンが「シュルク――」と呼び止めるカットでフィオルンの位置が手前側に寄る
      • 「ごめん 少し身体の~」でフィオルンの位置が修正
      • フィオルがダウンした時のモーションが微妙に変更されている
      • 「モナドの光が!」のところのカットが完全新規に
    • 「ラインとカルナ」
      • フィオルンがカメラが寄ったところで目を閉じてたのが最初からに
      • ムービー開始直後のカルナの位置、向きが変更
      • ラインが猫背気味なのが修正
      • このシーンは全体的にカルナの位置が微調整されている
    • 「シュルク発見」
      • 「誰か戦ってるんだ! この先で!」のシーンでラインとカルナの位置が微調整
      • シュルクの台詞に合わせて口パクが修正される。また、モーションも微妙に違って後ろの強襲型も微妙にズレる
    • 「再開の喜び」
      • シュルク達が座り込んでいるシーンで、女性陣微妙に位置が微調整されシュルクは上半身が変わっててラインは向きが修正
      • ラインの座り方がwiiだと変な感じだったのが修正
      • フィオルンが立ち上がる時のカルナの顔の向きが微調整
      • 「大丈夫 お兄ちゃんにはやく会いたいし」で最後の1フレームでフィオルンがシュルクの方向いていたのがなくなる
      • ラインの立ち上がるモーションが変わった関係で最初のフレームの立ち上がる時が違う(ラインの立ち上がるモーションがかなり変わった)
      • wii版では何故かカルナにだけあった武器がDEでは修正
    • 「ダンバンとリキ」
      • シュルク達4人が歩いている背後のシーンで各キャラの位置が微調整(背景とカメラ位置はそのまま)
      • フィオルンとシュルクの「あ」「どうしたの?」のカットでフィオルンが若干左に、シュルクが右側に移動
      • フィオルンの「何か―― 聞こえる」のカットでフィオルンの位置が若干左に移動
      • フィオルンが低い音に警戒するシーンでラインの動きに微調整
      • シュルク、フィオルン、ライン、カルナがマシーナと遭遇するシーンのマシーナ達の動きが微調整

      • wiiだとリキ→ダンバン→メリアと順当に立ち止まっていたのがDEではダンバン→メリア→リキの順に。(そのためDEでは「止まるも」と言う前に止まってしまっている)
      • 流石に近すぎに見えるのか、メリアの焚き火の位置が修正(それでもまだ近いが)
      • 「シュルク達、この辺りには」のメリアの位置が微調整
      • 「昨日、探検してた時に見つけた~」の時に巨大な機神兵の残骸が見えるように

      • マシーナの隠れ里到着時に、最後にシュルクに声をかけられてメリアが顔を向けるところが驚きの表情に
      • リキの頭の毛の靡き方が変更
      • フィオルンが登場した時の腕の位置が微調整
      • ダンバンとフィオルンが抱き合うシーンで、フィオルンの顔がめり込まないようになり、ダンバンの武器もマントに貫通しないように。

      • ジャンクスに入った後のシーンでブリッジドアが閉じずにそのままに。

      • ディクソン、オダマ、ドンガ達がアカモートに来るシーンで、終わり方や、カメラの移動軌道が変更。
      • カリアンの話の時に違う方向を向いていたノポンが皆正面を向くように。

      • 章をまたぐとジャンクスのドアが閉まるようになるが、表示灯は開いた時のまま。
      • ジャンクスにディクソンが登場する時、背後のドア開いてからカメラが切り替わるのが、DEではカメラが変わってからドアが開くように(ドアが開くのを待つためか、ディクソンの位置も遠くなった)

      • 中央工廠で最初にエギルが映るシーンの記憶が映る直前に目を伏せるように
      • その後のガラハド要塞のシーンでは一瞬謎の光で消されて全く見えなくなった
      • 回想シーンのムービーもコマ撮りではなくなった。
      • 回想が終わった後も伏し目から始まるように
      • 「必要なのは、闘争本能のみ」のところで目が光っていたのが、伏し目に変更。(周りの機械も増える)
      • この男の手で葬るのも一興のところのエフェクトが強めに。

      • 「巨神界と機神界か」のところで巨神の顔が見えなくなった。


ユーザーインターフェース関連(ネガティブな情報)

  • 元のゲーム音量がオリジナル版に比べてかなり小さい
  • エリアマップボタンが物々交換同様Yボタンになったため、誤操作しやすい
  • 装備をワンボタンで外せなくなった
  • 物々交換後にいちいち交換したアイテムが表示される
  • アーツレベルをセッティング画面の上のバトルパレット欄から直接上げられなくなった
  • カメラの移動加速度が変更されて微調整が難しくなった。(元々の速度がかなり速いものに)
  • キャラの待機モーションが追加され、個性がかなり出るようになったため、話の最中に話を聞いてないように見えることも。
  • ライティングの変更により、巨神胎内など一部エリアのコレクションアイテムが非常にわかりづらい

アップデート



  • モナドIII入手直後にメニューに入り、ジェムやスキルをあれこれいじってからメニューを抜けるとエラーでゲームが終了しました -- 名無しさん (2020-06-20 23:48:46)
  • 落ちた腕で残骸の海岸?当たりからジャンクスにスキップトラベル、その後クエストの為にレイに話しかけたらジャンクスの上に戻れなくなったのでサイドジャンクスにスキップトラベルしたらBGMが突然フィールドのものになったんですが同じようなことになった方いますかね…? -- 名無しさん (2020-06-21 13:42:09)
  • Switch版はLRとZLRの操作がアーツや交換などによって微妙に異なるのがややこしいな… -- 名無しさん (2020-06-21 14:30:39)
  • 周回プレイでキズナコインの最大値が減るバグ。 自分もなったんですけど、同じ条件だったはずのラインがいつの間にか回復してたので、回復方法が何かあると思われる(まだリキ、カルナ、ダンバンは減ったままなんで再現出来てないんだけど) -- 名無しさん (2020-06-29 15:48:27)
  • 原作でもそうだったのかの検証はできていませんが、カルナだけにデバフ耐性100%つけたらどの状況でもキュアラウンドを使用しなくなりました。(キュアバレットは使う)  -- 名無しさん (2020-06-30 10:46:22)
  • Wii・new3DS版ではどうか調査してないので、DEでの現象かは断言できませんが。ラインのアーツ、シールドバッシュの実際のリキャストが、表記よりも大幅に早くなってるようです -- 名無しさん (2020-07-07 02:48:49)
  • DEしかやったことないので分からないのだが、本編クリア後のスタート画面の「原っぱにあるモナド」から「仲間達」に変わるのってリメイク前から? 繋がる未来クリア後は仲間達にネネとキノも追加される点を書きたいんだけど -- 名無しさん (2020-08-05 23:43:13)
  • ↑桟橋にみんな集まってるスタート画面はDEからですね。Wii版にはありませんでした。 -- 名無しさん (2020-08-06 01:10:54)
  • サイハテ村からチリが消えました… -- 名無しさん (2020-08-09 09:51:30)
  • ↑すみません途中送信してしまいました。どの時間帯に設定してもチリが現れず、クエスト母の死を超えてが進行不能になってしまいました…。誰か同じ現象になった人いませんかね? -- 名無しさん (2020-08-09 09:54:15)
  • テフラ洞窟入口下の湖で探索していたらBGMが音割れし始めました。その後セーブしてゼノブレイドを終了し、もう一度ゼノブレイドを起動しても音割れが直らず、Switchの画面を消灯したらSwitchが再起動を始めました。Switch側のバグかゼノブレイド側のバグかは分かりませんが念のため書いておきます。 -- 名無しさん (2020-08-22 12:39:11)
  • クエスト「センニンのお供え」の受注を断ったら、リーダーと仲間のキズナが上がりました。最初は3番目のキャラとそうなるのかと思ったのですが、ロードしなおしたら上がる相手が2番目のキャラに変わりました。DE以外では分かりません -- 名無しさん (2020-08-26 12:27:45)
  • 水辺近くで戦闘、チェインを発動し、何らかの方法で水辺に押し出し抜刀状態を強制的に解除させるとチェイン中にも関わらず押し出されたキャラは普通に戦闘を続ける。(チェインに参加はするが他キャラの行動中にアーツを使うなど) -- 名無しさん (2020-09-15 21:23:25)
  • マクナ原生林でメリア初加入直後、天候の操作ができない?それに伴い、陽炎のフォルテが現れない?(要検証) -- 名無しさん (2020-12-07 09:11:43)
  • 「極限見切り」などのHP50%以下で発動するスキルが最大HPでなく、レベル時の初期HP(要はジェムとかビルドアップを参照しないHP)の50%以下で発動する模様?低レベル攻略時にWii版と明らかに挙動が違うので修正要望飛ばしたけど1年経とうとする今でも修正なし… -- 名無しさん (2021-05-03 05:14:14)
  • 貴重品の「ガルバ製修理キット」がクエスト「壊れたエーテル炉2」をクリアしても手元に残った。new3DS版のほぼ同じ進行状況のデータを確認したらなかったんで多分バグだろうが再現性は不明。 -- 名無しさん (2022-01-16 08:28:40)
名前:
コメント:

最終更新:2022年01月16日 12:49