ルフィ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

レイディック没後のロードレア内乱において、ヴェリアロードレア国主を争ったデイズの娘。
ヴェリアの人生を狂わせ、ロードレアを滅亡に導いた、蜉蝣戦記稀代の悪女として知られる。

698年、この時15才のルフィは、母と共に父デイズの補給拠点であったエルグライ城に居たが、ヴェリアの策によりミルフィー軍に襲われ城は炎上、母は殺害され、父も追って戦死する。
一人生き延び孤児となったルフィが、この時胸にどのような思いを秘め、またヴェリアと出会うまでの7年間どのような人生を送っていたのかは、想像する他ない。

やがて705年、アレス戦死の報を受け酒びたりとなっていたヴェリアとルフィは街角で出会う。以降ヴェリアは酒とルフィに溺れ、彼女の言うことを真に受けて実行することとなる。
707年、ヴェリアが陣中にて病没した直後、敗走するロードレア国軍の狂乱した兵士らに斬り殺された。

人物

  • 容姿はアレスに酷似していたと言われており、酒びたりの日々を送っていたとは言え、ヴェリアがルフィをアレスと同一視するかのような言動を繰り返していた事から、信憑性は高いと思われる。しかしながら「悪女」としてのイメージが余りにアレスのそれとかけ離れているため、戯曲などでルフィを演じる女優は、あえて妖艶な化粧と衣装を施され、妖女のイメージで描かれるケースが多い。
  • ヴェリアに対しては、ひたすら甘えていたが、それ以外の者に対しては徹底的に冷たく、いわゆるサディストな一面もあった。リディに対しては、彼女の無表情が気に入らないと、ひたすら苛め続けた。
  • 軍議の席に突如現れたルフィが「ベルザフィリス国とロー・レアルス国が戦い始めたのだから、相打ちして果てるまで見守りましょう」と言い、ヴェリアはもはや覇気を失い空ろとなった目で「アレスならそう言う、今は動かないことだ」と言い軍議を終わらせた。バイアラスは去っていく二人を見て、呆然としていた。そして、アレスがそんなことを言うはずがないと洩らすと、静かに軍議の席を立ったという。この時、ルフィの可愛がっていた愛鳥が風邪をひいていた為、ヴェリアを外へ出したくなかったルフィがその様な発言をしたと言われている。
  • この二人が偶然出会ったのなら、話が少々出来すぎている気がする。そこで、後世に囁かされたのが「復讐説」である。ルフィは最初からデイズの旧臣、またはルフィ自身の意思により、自分の両親の死の原因をつくったヴェリアを惑わすために、彼に意図的に近づいたという説である。その説の真偽はわからないが、ルフィが稀代の悪女として歴史に名を残すことだけは紛れもない事実である。

関連項目