新都メトロ北榊線

新都メトロ北榊線(しんとメトロほくしんせん)は,新都特別市榊野区榊野町駅と同商栄区商栄本町駅を結ぶ新都メトロの鉄道路線。ラインカラーは水色(アクアマリン),路線記号はH。

路線名の由来について


沢越駅のある区と榊野町駅のある野区を結ぶことから付けられた。なお本来榊を「しん」と読むのは誤読であるが,榊野区をはじめ新都特別市周辺では(誤用がもとで)慣用的にそう読まれている。

路線概要


近年再開発の進む榊野町,政治・経済機関の集中する船津・谷町地区,大ビジネス街である駿田町を通るため,榊野町〜駿田町駅間は大変利用が多い。しかし建設時のホーム有効長の関係で列車は8両であり,新都メトロの中でも特に混雑する路線である。駿田町〜沢越間は下町にあたる地域となっており,沿線需要そのものは駿田町以南に比べ少ないが,判ノ谷市や真砂市からの通勤客の通過需要が大きく,やはり混雑する区間である。2016年より都西開発鉄道東城線との直通運転が開始され,通勤客はさらに増加した。なお駅間隔が特に短い路線であり表定速度が低いため快速運転が長く請願されており,2020年12月13日のダイヤ改正より運転を開始した。


駅一覧

※沢越〜商栄本町間については新都大海ラインの記事も参照
※所在地は全て新都特別市

駅番号 駅名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
列車
種別
接続路線 所在地




H01 榊野町駅 0.0 0.0 塔野高速鉄道SL新都環状線(SL31)・HS八真線(HS05)
EV東部縦貫軽電鉄(EV15)
MO新都モノレール(MO02)
榊野区
H02 西榊野駅 1.1 1.1 新都メトロ:新城線(R14)・夜路線(C06)
H03 南本城駅 0.8 1.9 中央区
H04 根田駅 0.9 2.8 塔野高速鉄道:AB青葉浜線(AB04) 南区
H05 東船津駅 1.2 4.0 新都メトロ:中央線(E08)
H06 船津駅 0.7 4.7 新都メトロ:豊崎線(T28)
H07 谷町駅 1.1 5.8 京橋区
H08 新都国立競技場駅 1.0 6.8 新月急行電鉄TT新都本線(TT08)
新都メトロ:奈川線(N11)・中央線(E11)
H09 梅本駅 0.9 7.7
H10 竹郷駅 0.8 8.5 常葉区
H11 北竹郷駅 0.9 9.4
H12 駿田町駅 1.0 10.4 新都メトロ:奈川線(N08)・志根線(S06)
新駿田駅]新都メトロ:常柏線(J03)
真事区
H13 本駿田駅 1.1 11.5 北駿田一丁目駅]新都メトロ:奈川線(N07)
H14 明定駅 1.2 12.7
H15 東松川駅 1.1 13.8 新都メトロ:君島線(M16)
H16 南沢越駅 1.0 14.8 北区
H17 沢越駅 1.3 16.1 塔野高速鉄道:SL新都環状線(SL11)・SO新都大海ライン(SO03)
新都メトロ:商志線(O03)・Hb北榊線(秋坂支線)(H17)
H18 中央大通西詰駅 1.2 17.3 塔野高速鉄道:SO新都大海ライン(SO02)
新都メトロ:弓田線(Y26)
商栄区
H19 商栄本町駅 1.3 18.6 塔野高速鉄道:HS八真線(HS14)・SO新都大海ライン(SO01)
都西開発鉄道TJ東城線(TJ19)

秋坂支線

駅番号 駅名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
列車
種別
接続路線 所在地




H17 沢越駅 0.0 0.0 16.1 塔野高速鉄道:SL新都環状線(SL11)・SO新都大海ライン(SO03)
新都メトロ:商志線(O03)・北榊線(本線)(H17)
北区
Hb18 秋坂町駅 1.4 1.4 17.5

運行形態


日中は榊野町〜東城寺間の列車が毎時8本(半数の毎時4本は快速),榊野町〜秋坂町間の列車が毎時4本,沢越〜秋坂町間の列車が毎時4本,また区間列車として榊野町〜駿田町間の列車が毎時4本運転されている。榊野町〜駿田町間では各駅停車が毎時12本,それ以外の区間は毎時8本となっている。

列車種別


快速 Rapid

表示は快速。日中に毎時4本,朝夕ラッシュ時は毎時6〜8本ほどが運転されている。基本的に谷町駅で先行の各駅停車を追い抜く。日中は全ての列車が東城寺駅発着だが,朝夕ラッシュ時には秋坂町駅発着の列車も運転される。全線の所要時間は28分,東城線まで含めた所要時間は48分,表定速度は47.9km/h。

各駅停車 Local

表示は各駅停車,或いは各停。各駅に停車する。待避がない列車の全線(榊野町〜商栄本町)所要時間は34分,沢越〜秋坂町間の所要時間は3分。

使用車両



沢越検車区及び都西開発鉄道の実ヶ丘検車区に配置されている。

沿革


1995/03/10 榊野町〜駿田町間で地下鉄5号線として暫定開業
1999/03/10 駿田町〜沢越〜秋坂町間開業,路線名称とラインカラーの使用を開始
2001/03/26 沢越〜商栄本町間開業,沢越〜秋坂町間を系統分離
2006/04/01 駅ナンバリングの供用を開始
2016/03/23 都西開発鉄道東城線との直通運転開始
2020/12/13 線内で通過運転を行う快速の運転を開始
最終更新:2021年02月27日 11:21