[Go↓Go↑Girls&Boys!]

【ゴーゴーガールズアンドボーイズ】

ポップンミュージック ラピストリアで登場した楽曲。
担当キャラクターは松下
2015/01/21にEXIT TUNESから発売された、歌い手・松下のアルバム「松下が二次元に恋をする15の理由」に書き下ろされた曲で追加配信曲
前述どおりEXIT TUNESのCDに収録されているが、EXIT TUNES版権曲としては扱われていない、特殊な位置づけの曲である。
ジャケットは茶々ごまが担当している。

Go↓Go↑Girls&Boys! / 松下 feat.Sota&wac 
BPM:118
新難易度
EASY NORMAL HYPER EXTRA
9 27 36→【エクラル途中】33 41
ハイライト
EASY NORMAL HYPER EXTRA
4 4 4 4
 歌い手・松下のヴォーカル曲を収録した、EXIT TUNESより発売された2ndアルバム「松下が二次元に恋をする15の理由」から曲で、発売日の翌日にDance Dance Revolution・jubeat・REFLEC BEATと同時に登場した。作詞がwac、作曲がSotaという組み合わせで、BEMANI生放送においてVENUSの「Wow Wow VENUS」を意識したフレーズ・曲調であることが語られている。そのためか、YOSHITAKAの「Hey!」ボイスも。ちなみに、前述通りEXIT TUNESのCDに入っているが、ライセンス表記からコナミオリジナル曲として扱われているため、版権曲扱いではない(ためか、キー音もある)。
 左右別フレーズや同時押しが多いものの、隣接同時がないのでそこまで難しくはない。Cメロなどの変則リズム横階段になっている配置が少々手ごたえある程度で、Lv36の中では逆詐称レベルでLv32くらいの実力でも手が届く。ただしフルコンボ以上を狙う場合、Cメロの2連打やスライドの絡む部分、「<」押しでうっかりミスを出しやすいため注意。EXはBメロがスライド気味の乱打配置になっており、全体的に押しやすい構成となっているが、Cメロパートがハイパー同様に縦連打が絡む。そこさえ注意すれば高スコアも取りやすいだろう。

ハイライト発生箇所

番号 5Buttons / EASY NORMAL HYPER EXTRA
1
2
3
4

他のBEMANIシリーズへの収録

収録元である「松下が二次元に恋をする15の理由」(初回版)に収録されているジャケットが使われている。

Dance Dance Revolution

  • 2014で2015/01/22にポップンと同時登場。
  • デモ画面でライセンス表記がされているためか、プレーシェア機能ではジャケット表示の対象外となっている。

REFLEC BEAT

  • groovin'!!で2015/01/22にポップンと同時登場。
  • 分類扱いがコナミオリジナルのため、プレーシェア機能ではDDRとは異なりジャケット表示の対象となっている

SOUND VOLTEX

  • IIIで2015/01/22にポップンと同時登場。
  • 他の機種での分類扱いに倣い「EXIT TUNES」には無く、「BEMANI」として分類されている。
  • 「♪1,2,3で」に合わせたBT同時押しあり。

jubeat

  • plusで2016/04/15より配信された「松下pack」内に収録。

  • ジャケットがハリアイ画面で表示されるが、版権曲の扱いではないため「TV・Jポップ」フォルダにはなく、キー音が存在する曲である。
  • アルバム発売元はEXIT TUNESだが、アルバムの歌詞カードの本曲ではKonami Digital Entertainmentと権利表記があるため、コナミオリジナル楽曲扱いになっている。
    ただし、ラピストリア公式サイトの楽曲紹介では「TV・アニメ etc.」の方に分類され、ポップンのプレーシェア機能ではバナーにEXIT TUNESの権利表記がされるため版権曲と勘違いしやすく、少々ややこしい扱いとなっている。
    松下が写っているためEXIT TUNESの権利表記がされると考えられる。

収録作品

AC版
ポップンミュージック ラピストリアからの全作品

CS版

関連リンク

松下(キャラクター)
Sota Fujimori
wac

-関連曲
ウィザウチュナイ-クアトロ-
[きゅん×きゅんばっきゅん☆LOVE]

-収録関連
EXIT TUNES


楽曲一覧/ポップンミュージック ラピストリア