キアシス

項目   情報      
所属地方 エルメキア地方
都市名  魔導都市キアシス
都市規模 大規模
主要種族 人間、天使など魔法を扱える種族が多い
統治形態 議会制
気候   おだやかな温帯

リーズベルト魔法学園のある都市。魔法使い達の町といっても過言ではない。
新たに魔法を学ぶ者、魔法を探求する者…多くの魔法関連技術が此処に集まる。
反面、バトル気質は少なく大人しい都市ではある。そうした者は出奔していくのだ。
なお抗魔金属が大嫌いであり、所持が確認されるとすごい勢いで魔導警察が動く。

また、この都市の外れにある天空エレベーターで空へ行くことができる。
空にはスカイロードという天空都市が存在し、キアシスはその入り口でもあるのだ。

ランドール鉄道が通ったため、他都市とのリンクが成立。以前よりも行き来しやすくなった。

―都市情報(地域情報)―


喫茶エンドレスマジック(通称EM)

キアシス中心地の路地にある広めの喫茶店。
昼は周りの大学の学生が食堂代わりに使ったり、なんだか賑わっている。
夜はバーのような雰囲気に。研究に疲れた研究者や、街の酔っ払い、カップル、なにやら取引しているあやしいグループなど客層は多彩。
内装はフラスコや奇妙に発色する謎の液体が棚に並んでいるような、古き良きファンタジー科学内装。

リーズベルト魔術学院

ハ○ー○ッター。単位制大学のようなもの。入学に年齢制限は無い。

天空エレベーター

空に続く魔法式エレベーター。かなりの高度まで運んでくれる。
スカイロードへの物資運搬の要でもある。もちろん観光客もどうぞ。


統治形態


キアシスの統治形態は議会制。
だが、魔法という特殊な能力が主となっている都市であるため、
ここに元老院、大学連合という異なる二つの団体が統治に関係してくる。

  • キアシス市議会
キアシスの平和と自らの利権のために市の実質的な運営を行なっている。
メンバーは魔法使いに限られない。また、キアシス出身者以外も議員に属している。
キアシスの魔法使いは、他の街との外交に興味を持たない者が多いため、
そこを利用し、旨い蜜を吸おうと企んでいる団体とも言える。
だが、キアシスは魔法都市。魔法関連の名家や研究施設がもともと強いため、それらよりもやや弱い位置にある。
議会の最終決定を、大学連合・元老院が素直に聞くかは彼ら次第である。

  • 大学連盟
リーズベルト、雲が丘を初めとしたキアシスにの大学・研究組織の連合。
都市運営に関わるところでは、研究の実施、応用や展開、利用の仕方などを決定している。
意思決定機関は16名ほどの研究者からなる。
元老院との対比をつけるため、年齢・実力・派閥を問わず、幅広く選出されている。
また、決定機関は魔法に没頭する研究者から組織されているため、奇人・変人が多い。
都市運営よりも自らの魔術に興味を持つ人間が多くいるため、中身のない会議ばかりしている。
そして、多くの大学から組織されているため、一枚岩ではない。
元老院派、議会派、過激派、穏健派さまざまである。

  • 元老院
太古から存在する、名家の代表者から組織された機関。
数百年前のキアシスは元老院で構成される一院制だったが、
公共利益を考えない腐敗政治が進んだため、キアシス議会が発足し、大学が自治を求め独立した。
家柄を重視するキアシスでは現代もその勢力は衰えきってはおらず、
商業や雇用に関する力を保持しており、また政策決定に大きな影響を及ぼすことも多々ある。
魔術によるある程度の延命が可能なため、メンバーの高齢化が進んでいる。
また、議会・大学連盟と比べて、キアシスの伝統と家柄を重んじる風潮にある。
議会・大学連盟にあれこれと注文をつけることが多いが、承認されるか、それともうまく受け流されるかは彼ら次第である。


魔道警察

キアシスの治安を守るおまわりさん。
市議会、元老院、大学連盟のいずれにも所属しておらず、自立を保っている。
たいして役に立たないことも多いが、市民の安全を第一に考えている。
なお、キアシスという土地柄もあるのか抗魔金属に強い憎しみを抱くものが多い。


更新履歴:
2/8 魔導警察ざっくり追記
1/29 統治形態追加
1/10 EM追加
最終更新:2019年02月08日 03:28