ビーストアライズ

魔物の巣食う、危険な森


──魔獣の領域。
ヴァース地図上に遙か昔から存在する。
ミストグローブとの違いは、ここは明確に魔物の住処ということだ。
森だけでなく、内部にはさまざまな地形を有するという。
しかしその危険度から、全貌は明らかになっていない。

魔物、それは何者か


魔物とは守護を受けない存在である。
守護を受けない、の起源を遡れば柳の有名な失敗談に容易に辿り着く。
全ての動物が守護の影響を受けたせいで、誰も死ななくなった。
そのために、誰も肉を食べることができなくなり多くの獣が餓死した。
以後、レイラインによる守護制御などが形成されるようになった。

すなわち、守護格差である。

そして魔物とは…“先天的なレイダー”である。
世界の惡であることを義務づけられ、封じられた存在である。

目覚めよ、獣


領域に封じられし魔物が、今…覚醒する。
歴史と世界の都合により閉じ込められた彼らは、暴走する!


-ビーストアライズ―







アライズ1

だだの魔物。複数の動物の特徴を有する。雑魚。
せいぜいD~Cランクであり、一人で数体相手も余裕。

アライズ2

獣人型。ここからいきなりAランクに跳ね上がる。
強力な魔法を扱う知能、強靭な体躯。そして共通技能「呪」。
そして個体が複数存在し、同じタイプの個体は連携する。

「呪」はヴァースでも珍しい体系であり、神性や巫性で耐性を得られる。
しかし一般的な魔法耐性や精神耐性を容易く貫通する、古代にして新種。

アライズ“変異”
 :イカ頭。「呪」の対象の姿を奪う。強力な魔法使いでもある。
  所持する「呪」は犬化。厳密には家畜化だが、都市戦にあわせ犬にしている。
  接触のみならず距離で犬化させる。また、犬化した場合、それは魔物である。
  一斉にアライズ1へ変異する可能性を秘めた爆弾である。

アライズ“重力”
 :ウシ頭。「呪」は対象の言葉に軽きと重きを与える。
  挑発、軽い言葉は対象を軽くする。感情、重き言葉は対象を重くする。
  安易な命乞いなどしようものなら天高く吹っ飛んでいくだろう。
  接触のみならず距離で発動するが、接触するとより強固なものとなる。
  フィジカル強者であり、重い速い強い硬い。こっちの方が厄介。

アライズ“因果”
 :ハト頭。「呪」は対象の攻撃衝動を与え、呪いの人形が攻撃を阻害する。
  呪音により自身に対する攻撃衝動を植え付け、同時に呪いの人形を作成する。
  人形は自律軌道で盾となり、そのダメージは呪いをかけられた本人へ”因果還し”として反射を行う。
  いわゆる害悪式の いばみが型。
  代わりに本体は脆弱で、声の届かぬ範囲からの狙撃や、人形諸共せぬ波状攻撃に弱い。

アライズ“回向”
 :ハナ頭。「呪」は対象に種子を与え、やがせその姿を奪う。
  花粉自体は空中散布。回避が難しいがこのままでは無害。
  彼女、と接触することで発芽。花となり、宿主の力を奪う。
  最終的には樹木そのものにしてしまう。
  この種固有の話だが、領域拡大というよりは、世界の緑化精神で動いている。

アライズ3

より強力なアライズ2個体。ほぼ人の型をとることができるらしい。
同一個体は1体しかいない。ランクでいえばS-クラス。

アライズ“仮面”
 :鹿角の仮面。「呪」は「敵意を抱いたものへの反射」。
  攻撃がそのまま相手に直接身代わりになる。まともにやると無敵。
  そのほか、樹木に関する珍しい魔術も使うという…。

ラヴィラ

ラヴィ<… !? いや知らないから!?私違うからね!?
最終更新:2021年02月25日 23:54