DOL研究所

騎行

最終更新:

dollabo

- view
管理者のみ編集可
プレイヤー名 砂吹キン症候群
デッキ名   騎行(きこう)

[デッキコード]
1075d6v6x6U6X747k7D7M7Q888k8p8I8N9Ib2btbP

[ユニット] × 5
No003 アサシン × 2
No108 音楽の公爵ムルムル × 3

[マジック] × 35
No135 精神の秘箱 × 2
No136 精神の宝箱 × 1
No143 未完のキューブ × 3
No144 封魔石の欠片 × 3
No147 生命の滅亡 × 1
No152 速攻反転 × 2
No158 ソーマの烙印 × 3
No161 生体転送 × 3
No163 生命吸収 × 1
No169 契約の石 × 1
No173 援軍要請の蒼玉 × 1
No174 支援要請の紅玉 × 3
No181 復活の蓮華門 × 1
No182 降魔の蓮華門 × 3
No201 水攻め × 3
No229 現世の鎖 × 1
No238 MP抽出の力 × 1
No245 悪魔の武具 × 2


解説 

よくあるムルムル継続デッキだが、設置する継続は水攻めに限定する。
水攻め発動から最初のターン開始のMP-25は、実質的にMP-50の損害に等しい。
敵は2名なので-100の損害を被る。
MPを余らせないなどの対策しなければ同等の損害を受ける。
ただし2ターン目後である。
補給作戦の毎ターン自MP+50と比較しても、初発の威力(実質-100)によって敵全員の戦略に狂いを生じさせる水攻めの効用の方が大きいと考える。

デッキ名は、中世欧州で、騎士の機動力を利用して戦略的に敵領土の村落を焼き討ちし、民間人を殺戮する戦術名から。
敵の経済基盤を破壊して弱体化させると同時に、領主に対する人心離反や要塞への難民流入を引き起こす様子(ハンド滞留)を、ムルムル-水攻めコンボに見立てたもの。

このデッキに関してのコメントは以下のテキストボックスから
名前:
コメント: