DOL研究所

最終更新:

andoryu

- view
メンバー限定 登録/ログイン
プレイヤー名 アンドリュー
デッキ名   ∞
デッキコード[デッキコード]
1064y5B5C1a6v6B6H6T6W7D7N7S7X888n8I8M9paLbkbucv

[ユニット] × 7
No003 アサシン × 1
No095 ガーゴイル × 1
No116 戦女神ヴァルキリー × 3
No117 冥府の神ヘル × 1
No025 化身カルキ × 1

[マジック] × 33
No135 精神の秘箱 × 2
No137 心削りの石 × 2
No139 補充の緑泡 × 2
No143 未完のキューブ × 2
No144 封魔石の欠片 × 2
No158 ソーマの烙印 × 3
No162 魔道転送 × 1
No163 生命吸収 × 3
No165 生贄の儀式 × 2
No169 契約の石 × 1
No174 支援要請の紅玉 × 1
No181 復活の蓮華門 × 1
No182 降魔の蓮華門 × 2
No195 光界呪 × 2
No223 戦神の恵み × 2
No235 特攻の剣 × 1
No238 MP抽出の力 × 2
No259 光の領域 × 2



解説
ヴァルループをするデッキ。

デッキのコンセプトとしては
ヴァルキリーは復活の代わりとして
中盤で墓地のユニットを回収するために
用いるために主に採用されることが多いため
例えば手札にヴァルキリーが来た時などに
盤面では強く出れるがその効果を使用できない理由から
出すことを渋るケースがある。

そういった問題を解決する策として
「ヴァルを単純に3積みすれば解決するのでは??」
といった方法をとったデッキ。

ヴァルキリーを軸とするので光中心で
ヴァルと相性が良いヘルを採用し
光でヘルなので恵み入るじゃんと思って恵み構築になっている。

基本的な展開はヴァルをだしてMPをやりくりしながら
生贄などで連撃を狙っていく感じ。

抽出も入っているところから
小型系(ビフロンス軸など)に強く出れるのが強いが
デッキのコンセプトからそもそも
カルキルシファーのAPラインに対して弱いのがつらいところ。


このデッキに関してのコメントは以下のテキストボックスから
名前:
コメント: