ガンダム・バルバトスルプスレクス

登場作品 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
形式番号 ASW-G-08
全高 19.0m
重量 32.1t
所属 鉄華団
搭乗者 三日月・オーガス
武装 超大型メイス
レクスネイル
腕部200mm砲
ヒールバンカー
テイルブレード
特殊装備 阿頼耶識システム


【設定】

モビルアーマー・ハシュマルとの戦いで大破したガンダム・バルバトスルプスを全面改修した機体。
阿頼耶識システムを通して機体と一体化した三日月・オーガスに合わせて機体の反応速度を理論値の限界まで高めており、フレームの各関節も三日月の肌感覚に一致させる等の細かい調整も行われている。
機体名称のルプスはラテン語で「狼」、レクスは「王」を意味しており、即ち「狼の王」となる。


【武装説明】

超大型メイス

バルバトスルプスレクスの主兵装となる武器。
かつてガンダム・バルバトスが使用していたメイスを大型化させた物で対艦戦闘も視野に入れている。
柄は伸縮機構が組み込んであり、未使用時における機体への干渉を極力減らす努力が為されている。

レクスネイル

ルプスにも装備していた、刺突攻撃対応のマニピュレーター。
希少の超硬合金を使用しており、大型化した両腕と相まって貫通力の高い強力な武器となる。

腕部200mm砲

ルプスから引き続き手首部分に内蔵された射撃兵装。

ヒールバンカー

踵部分に増設されたパイルバンカー。

テイルブレード

ハシュマルに装備されていたワイヤーブレードを転用した武器。
阿頼耶識システムにより、ワイヤーを三日月の感覚通りに動かすことで変幻自在な攻撃を可能としている。
ワイヤーの先端は超硬合金製のブレードとなっており、勢い良く敵機にぶつける事でMSのコクピットも容易く貫通する。
また、直線・曲線運動する兵器が基本の鉄血世界において、唯一ファンネルのように急激に方向を変えて追いかけてくるので、エースパイロットですら対応が難しい装備となっている。
尾部に収納されるためこの武装は本来人体に存在しない所謂「尻尾」に値する部分だが、三日月は「なんで俺に尻尾がなかったんだろ?」と言うレベルで即座に順応していた。


【原作での活躍】

初陣は鉄華団がテイワズを離脱してからとなり、タービンズを壊滅に追い込んだ元凶の一人であるジャスレイ・ドノミコルスに引導を渡した。
その後は鉄華団がマクギリス・ファリド率いるギャラルホルン革命軍と結託、共にアリアンロッド艦隊に全面戦争を挑むも戦力差を覆せずに敗戦し追い込まれてしまう。
最後の戦いでは鉄華団の団員を逃がす為に昭弘のグシオンリベイクフルシティと共に殿を務め多数のギャラルホルンMSを撃破するが、低軌道上から地表へのダインスレイヴの斉射により機体が大破してしまう。
3度目のリミッター解除により鬼神の如く暴れ回ったが、ダインスレイヴによる肉体のタメージ及びリミッター解除の反動で三日月は死亡。それに伴い、機体もレギンレイズ・ジュリアに寄り掛かるように機能停止。頭部を首級として切り取られ、ギャラルホルンの勝利の証として掲げられた。

本機は極限化された機体性能とパイロットの三日月の腕前からマクギリスのバエル、ガエリオのキマリスヴィダールと並んで作中最強の一角と評されるが、バエルとキマリスが潰し合ったため、同格又はそれ以上の敵との決戦の機会(所謂ラスボス戦)が無く物語が終わったガンダムシリーズ唯一の主人公機とも言われる。


【パイロット説明】

三日月・オーガス

CV:河西健吾

鉄華団の遊撃部隊隊長。
ハシュマルとの戦いでリミッターを外した事で右半身不随となるも、オルガ・イツカの目標である「自分たちの居場所」を見つける事、そして当面の目的である「火星の王」を目指すべく戦い続ける。
オルガが殺害された時、鉄華団のメンバーの大半が玉砕覚悟でギャラルホルンに挑もうとするのをたしなめて、他の生きる道を探すように言い伝える。
その後の鉄華団基地での最終決戦では、多数の敵を撃破するも、ダインスレイヴによりバルバトスが大破。自身も重傷を負う。
それでも、殿として団員の脱出時間を確保するため、リミッター解除を慣行。
損傷機とは思えない機動で敵を蹂躙するも代償も大きく、戦闘中の時点ですでに無表情で首が座っておらず、レギンレイズ・ジュリアに突撃した段階に至ってはブレードも飛行速度が落ちており、機関砲による銃撃で墜落。本体はギリギリたどり着くも勢いはすでになく、反撃でコックピット前装甲を剥がされた時には、三日月は死亡していた。

Bパートで描かれたエピローグでは、既に死亡していることから、写真内のみの登場となったが、アトラとの間に生まれた男児・暁が登場している。

上記の通りガンダムシリーズでは珍しく、敗戦し死亡した主人公である。ちなみに、もう一人の主人公であるオルガ・イツカも死亡している。
他はIGLOOの主人公達(その一人であるオリヴァー・マイは生存)と、主役っぽいが実は主役ではない0080のバーニィくらいであり、シン・アスカや1stシーズンのソレスタルビーイングは敗戦はしたがニールを除いて生存しているため、TVシリーズでは初のケースとなった。
また、シロー・アマダとアスノ家の面々と同じく、自身の子供が生まれた数少ない主人公でもある。


【ゲーム内での活躍】

EXTREME.VS2

コスト3000の機体として登場。
バルバトス、ルプス同様のピョン格と押し付けやすい射撃武装を持った格闘寄り万能機。
最高コストになったため、その分格闘も降っていきやすい性能になっている。
本機最大の特徴のテイルブレードは射撃CS、格闘CSで登場。
射撃CS版はソードビットのように突撃するオールレンジ攻撃のようなものだが、ビットと異なり射出と同時に突撃を行い、格闘CS版は自分の周囲に漂い自分の周囲にいる敵(ロックしていない敵にも)に無差別に攻撃を行う。
覚醒技は最終話で大破してからの猛攻を再現した「格闘乱舞」。大破してからの攻撃なため左手しか使わない。それにしても名前があまりにもシンプルすぎる気がする。
動きも何回か離脱を挟みながら攻撃するため時間もかかる、建物などに引っかかりやすい、足が止まる点も多いため敵と相方、どちらからも邪魔が入る確率が高いとややロマンはあるが、その分火力は高い。
他にも格闘では原作未使用の武装を使用する。

原作では相手に恵まれずにダインスレイブで大破してしまったが、本作では強敵がたくさんいるので思う存分大暴れしたい。


【勝利・敗北ポーズ】

【勝利ポーズ】

通常:メイスを振り回し大股でキメ。最終回の名乗りシーンの再現。
覚醒時:左手にメイスを持ち、テイルブレードを展開しネイルを見せつける。HGのパッケージか。

【敗北ポーズ】

両腕を失った状態で崩れ落ちるようにうつ伏せに倒れる。最終話のレギンレイズ・ジュリア戦の再現。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。