コレンカプル

登場作品 ∀ガンダム
型式番号 AMX-109
全高 14.0m
重量 38.7t
所属 イングレッサ・ミリシャ
搭乗者 コレン・ナンダー
武装 アイアンネイル
ハンドガン
ミサイル
ミンチドリル
ロケットパンチ

【設定】

ミリシャが使用するモビルスーツ・カプルをコレン・ナンダー用に改造した機体。
赤い配色にツノとどこかで見たようなカスタマイズが施されており、イーゲルが装備していたミンチドリルとウォドムの腕を流用したロケットパンチを新たに装備している。
通常のカプルの3倍の出力を持つかどうかは不明。


【原作での活躍】

最終決戦で月光蝶の発動と黒歴史の再来を止めようとターンXにミサイルとロケットパンチを撃ち込むが、奮戦むなしく月光蝶が発動、月光蝶に機体を真っ二つに切り裂かれて「∀だって時代を開けるはずだぁ!」の名台詞と共に爆散した。


【搭乗者】

コレン・ナンダー

CV:川津泰彦

劇中で最初に∀ガンダムを「ガンダム」と呼んだ謎の人物。

冬眠刑に処されていたが恩赦で出所したディアナ・カウンター軍曹。劇中でホワイトドールを初めて「ガンダム」とも「白い悪魔」とも呼んだ。本人曰く「ガンダムにコケにされた記憶がある」らしく、MSイーゲルで∀ガンダムを倒すことに執着していた。地下空洞で∀ガンダムと戦った際に敗北し、イーゲルは溶岩に落ちて溶けてしまった(コレン自身はコクピットから投げ出されて無事だった)。
その後は僧侶の姿で各地を旅していたが、記憶を失ったのか名前を呼ばれても誰のことかわからず、性格も悟りを開いたような穏やかなものになっていた。しかし立ち寄った町の収穫祭で∀ガンダムのハリボテを見た際に錯乱し、町をガンダムから守ろうという一心でハリボテを破壊しようと大暴れしてしまう。最終的にはロラン・セアックやハリー・オードの協力と、ディアナ・ソレルの「コレンの思いを遂げさせたい」という想いにより、ハリボテを破壊する(させてもらう?)ことに成功、コレンもガンダムの悪夢から解放され、再び放浪の旅に出た。
メリーベル・ガジットの操縦する∀ガンダムから放出された月光蝶の光を見た際に全ての記憶を取り戻し、黒歴史の再来を止める際にディアナ達と合流。コレンカプルで戦闘に参加する。半ば機能不全に陥り月光蝶を拡散させまくる∀ガンダムとターンXを止めるため、ターンXにロケットパンチを放つが、ターンXから放たれた月光蝶によってカプルを縦に真っ二つにされてしまい、機体と運命を共にした。
独特なしゃべり方とオーバーなリアクションをする人物で、高い人気を誇っている。また、顔のあざと白い頭髪は人工冬眠によるものらしく、元々は金髪の美男子だったという。更に黒歴史の生き残りであるということから、彼は過去のガンダム作品に登場した誰かのなれの果てではないかという噂もある。

【原作名言集】

  • ガンダムちゃ~ん!出てきてよ~ん!!(第9話)
    • ガンダムを呼ぶために町を破壊し、コクピットから身を乗り出して叫ぶコレン。最初に出てきた頃の彼はコミカルながらも乱暴者だった。ちなみにどっから取り出したのか赤いメガホンで叫んでいる。

  • あとぉ?あとじゃやってもしょおがねぇっすー。今ここにいるから、その証拠をつくってんですっ。後からじゃあ本当にここにいたのかどうかわからなくなっちまう(第26話)
  • 人ってのはさぁ、いつか必ず死んで、忘れられっちまう。誰も知らねぇ、誰も話さなくなる…(第26話)
    • ソレイユへ向かうディアナと旅をしている最中、立ち寄った町で子どもたちに木彫り人形を作り始めるコレン。急いでいた彼女から「後に出来ないのか?」と言われたときの台詞。僧侶姿になって性格の変わったコレンと26話のほのぼのした雰囲気もあって、印象に残った人も多いのではないだろうか。

  • ガンダムよぉ、お前はいちゃいけねぇんだ…たとえみんなが忘れちまっても…ん~ん、おいらの頭ん中にはちゃ~んと残ってんだ。お前は白い悪魔だってな(第26話)
    • ∀ガンダム(のハリボテ)を倒し、ガンダムに向かって話すコレン。彼の知る「ガンダム」とは、一体どのような存在だったのだろうか…。ちなみに「ん~ん」は∀ガンダムに向かって合掌している時の声。

  • ガ、ガ、ガンダムがぁ!(第49話)
    • ターンXの月光蝶を見た時の台詞。彼の脳裏に浮かんだガンダムとは…
    • なお、これは監督が「なんでもいいから、ガンダムを入れろ」の指示を出した結果、偶然手元にあった資料で入れたため特に理由はない。が、アナザーも黒歴史に入る結論となった。ちなみに「スーパーロボット大戦α外伝」でコレンに「白い翼のガンダムに昔酷い目に遭わされた」という台詞があり、かつてあの人物(※)だった説がある。また、コレンカプルの仕様から元ジオン軍人だった説もあるので真相が気になるところではある。

※その人物の担当声優は「∀ガンダム」ではこの人をやっていたりする。


【ゲーム内での活躍】

EXVS.FB

2013年6月25日にコスト2000で『カプル&コレンカプル』として緑のカプルと二機一組で参戦。
射撃寄りのカプルに対しこちらは格闘よりの機体で、布石となる相手を拘束するカプル投げとカプル二機とスクラムを組んで突進する移動技を持つが、カプルが拘束している時に使用するとカプルが消滅する。
覚醒技はカプル三機でスクラムを組んで突撃からロケットパンチ。
それなりに魅力のある武装はあるが、所詮1000コストレベルで、コストオーバー時には蒸発のリスクの伴う職人機体。

EXVS.MB

前作より続投。
本作の新システム「オーバードライブ」がカプルと本機それぞれ一回ずつ使えるという固有の特徴がある。

MB-ON

本作より多くの店舗で全国の相手と戦うオンライン対戦が主流になった。
そのため、空気を読んで機体を合わせてくれることもあった店内戦に比べガチ機体が蔓延りやすいため、機体選出すら躊躇われる状況に。

GUNDAM VERSUS

今作ではカプルとコレンカプルは別機体として参戦。
カプルはコスト200(EXVSでいう所の1500)に対し、コレンカプルはコスト300(EXVSでの2000相当)となっている。

EXVS2

今作でもソシエ機との二機一組からコレン機が独立しての登場。
コストは2000となっている。
GVSの武装が輸入されている上、全体的な能力が向上しておりコスト2000の格闘機屈指の使い勝手となっている。
しかし、本作では誘導切りや特殊移動、カウンター持ち、高誘導ミサイルなど格闘機にとってはきつい展開になっているため、クールに戦っていきたい。




【勝利・敗北ポーズ】(EXVS.シリーズ)

勝利ポーズ

通常時:ミンチドリルを振り上げて肩に担ぐ。
覚醒技時:コレンカプルがミンチドリルを地面に突き立てており、左右にソシエ機とメシェー機が立っている。

敗北ポーズ

カプルとコレンカプルが並んで仰向けに倒れている
2機揃ってお昼寝しているようにも見える。

【勝利・敗北ポーズ】(G.VS)

勝利ポーズ

通常時:ミンチドリルを振り上げて肩に担ぐ。
覚醒技時:コレンカプルがミンチドリルを地面に突き立てており、左右にソシエ機とメシェー機が立っている。

敗北ポーズ

仰向けに寝そべる
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。