ガンダムエピオン

登場作品 新機動戦記ガンダムW
形式番号 OZ-13MS
全高 17.4m
重量 8.5t
所属 OZトレーズ派→ホワイトファング
主なパイロット ミリアルド・ピースクラフト ヒイロ・ユイ
主な装備 ビームソード、エピオンシールド(ヒートロッド内蔵)、エピオンクロー×2
その他武装 ゼロシステム(一部資料ではエピオンシステム、システムエピオン)

【設定】

モビルドールに反感を持ったトレーズが、騎士としての信念を体現する為に開発した決闘用機体。設定上ではトールギスとオペレーションメテオ用ガンダムを参考に開発したとされている。大量殺戮の発端となる火器類・ビームライフルはもちろんのことバルカンすら持っておらず、白兵戦に主軸をおいた(というかそれしかできない)設計となっている。射撃武器が無いということで実用性に疑問を持つかもしれないが、トレーズは最初からこの機体を「兵器」として開発していない為、問題はない。最終回でウイングゼロがエピオンと戦闘を行っている際にバルカンを撃たれたようなシーンがあることから、ホワイトファングによって頭部バルカンを新設された説があるが「エピオンから発射された」という明確なシーンが存在しないので、リーブラの防衛用機銃の可能性もあり、ファンによって意見が分かれている。

機体性能はトールギスをも遥かに超えるウイングゼロと同等であり戦場を桁外れの速度で駆け巡り、すれ違いざまにヒートロッドやビームソードで十数機のMSを一撃で破壊する。ビームソードは宇宙要塞バルジを一刀両断する程の出力で、エピオンは皮肉にも十分「大量破壊兵器」として成り立っていた。
双頭のワイバーンを思わせるMA形態を有しており、内部メカの組み合わせを変えることでエネルギー消費量を最小に抑えた状態で大気圏内の飛行や宇宙空間を巡航することが可能である。ウイングゼロ同様にゼロシステムを搭載。エピオンシステムとも呼ばれており、専用のヘルメットを被る事で使用可能となる。ゼロシステム搭載により、ウイングゼロ同様、異常な程の超高性能ではあるが暴走の危険をはらんだ機体となっている。ウイングゼロのゼロシステムが搭乗者に「勝利」を見せるのに対し、エピオンのゼロシステムは「未来」を見せるシステムとなっている。漫画版での最終決戦では互いのシステムが「決闘」という「勝利」する為には無駄の多い行為を理解出来ず勝手にシステムダウンを起こし、直後にゼクスはヘルメットを脱ぎ捨てて、ゼクス用の仮面を被り直した。

テレビシリーズの小説版では著者の神代創が「トレーズにしてはエレガントとは言い難いデザインだから」という理由からMA形態を削除(ちなみに同じようなツッコミはGジェネアドバンスの機体紹介にもある)、トールギスの改良型のような機体として描いており、ゼクスからも「決闘用」であるトールギスのコンセプトを受け継いでいると称されている。


【武装説明】

ビームソード

エピオンのメイン武装その1。既存のビームサーベルのマニピュレータからエネルギー供給してドライブする方式ではなく、ソードと機体をケーブルで直結し、機体のジェネレータから直接ドライブする方式になっている。おかげで通常のビームサーベルを超えた攻撃力と刃渡りを持ち、MDビルゴ数体を纏めて1振りで屠ったり宇宙要塞バルジを直接攻撃して沈めたりとビーム白兵武装とは思えない戦果を叩き出している。
ちなみに、ガンダニュウムで作られたMS(つまりはガンダム系)は材質の特性上、ジェネレータなどの稼動効率が飛躍的に向上し、使用されるビーム兵器の威力も桁外れになる。その結果、水中ですら全くビームが減衰しない程。

ヒートロッド

エピオンのメイン武装その2。小型のシールド先端に取り付けられた蛇腹状の多節鞭。宇宙世紀の同名武器と違い熱溶断による切断に特化しており、ガンダニュウム製のMDビルゴ数体を一撃で切断している。また蛇腹状の節を持っているため敵を溶断する以外にも武器の奪取・敵機の捕縛なども可能。

【原作での活躍】

トレーズからヒイロに託されるも、トレーズの言である「この機体に乗って勝利者になってはならない」をはじめ、その思想に理解を示すことが出来ず、その後にミリアルド・ピースクラフトの駆るウイングガンダムゼロと機体を交換した。
ホワイトファングの旗頭として、コロニー市民のため、そして平和のためにトレーズ指揮のOZ、及びガンダムWチームと三つ巴の戦闘となる。最終決戦においてヒイロのウイングゼロと激突。しかし地球軍が敗北を宣言した後コロニー側も完全平和を目指すことを宣言。左腕を切られ敗北するが、ヒイロは「リリーナが悲しむ」という理由で止めを刺さなかった。
その後リーブラAブロックのエンジンを破壊しようとするも武装がなくなったヒイロのウイングゼロの代わりに動力炉を破壊。直後爆発に巻き込まれてパイロットのゼクスと共に行方不明となった。

OVAの「~ Endless Waltz」用にデザイン変更したものがエピオンにも存在しており、プラモデルも発売されている。ウイングゼロをはじめとした5機のデザインは大きくアレンジされたがこの機体は劇的に大きな変更はなされていない。

【パイロット説明】

ミリアルド・ピースクラフト

ホワイトファングにつく以前の行動はこちらを参照。

ヒイロとウイングゼロを交換した後するべきことが見つからかったところをホワイトファングのカーンズにスカウトされ、大将として地球排除宣言を行う。その真意は抑圧されたコロニー市民の解放も勿論だが、人類が延々と戦争を繰り返すのを止めるために、戦争が如何に悲惨であるかを身を以って分からせるためである(第2次世界大戦終戦から大規模な戦争が起きていない現在と同じ理論にあたる)。そのために後世に恥ずべき行為であると知りながらも、友人であるトレーズ・クシュリナーダ率いる地球統一連合軍とこれが最後の戦争であるようにと願いつつ戦争を仕掛けた。ピースミリオンが刺さったリーブラが地球に落ちるコースに行くのを確認し、決着をつけるためにヒイロ・ユイを待つ。その最終決戦の中で自身に止めを刺さなかったヒイロの優しさを垣間見、自ら平和への道を宣言した人類に希望を見出す。そして途中でヒイロに対して言っていた「完全平和のための条件」に「人を思いやり、理解する強い心」を追加し、リーブラを止めるため行方不明となる。墓が作られていることから戦死扱いになった模様(OVAにて生きて帰ってきたが)。

【原作名言集】

  • 必要無いのだ…!宇宙にとって、貴様達は!!(第41話)
  • 否!断じて否!(第42話)
  • 私の敵は地球であり、地球の代表たるトレェェェェズ!!!!貴様なのだ!!!(第43話)
  • 決闘は…断る!!(第46話)
  • 完全平和を作るためには条件がある。一つは全ての兵器を排除すること…もう一つは人々から、戦う意思を取り除くことだ!(第49話)
  • いやまだだ!私はまだ、自分を弱者と認めていない!!(第49話)
  • ならば私は、どこまでも生き抜いてみせる!誰よりも厳しく、戦士としてな!!(第49話)


【ゲーム内での活躍】

ロボットアニメのラスボスは大体の場合強力な広範囲武器や技があったり、ガンダム系だけでも高出力ビームやビットシステムの類を持つ機体が少なくない。
この機体はそれとは真っ向に立ち向かう「白兵武器しか持たない」という極端過ぎるコンセプトのおかげで立場が辛いことが多い。
特に昔のスパロボでは敵ボスなのにすべての武装の射程が1で、近づく前に撃ち落とされることもある残念な性能だった。
通称「謎バルカン」もいままでのあらゆるゲームを含めてもエピオンが装備したことはなく、Wの格闘ゲームの超必殺技「スパークウインド」とG-NEXTにてなぜか装備しているビームライフル以外の射撃武器を装備したことがない。
本シリーズではないが、「ガンダムブレイカー2」ではエピオンを駆る人物が自分をかばって死んだ部下のジンクスのランスやライバルが乗っていたウイングゼロのツインバスターライフルなどの射撃武装を装備していた。

NEXT

コスト3000GPの格闘機。
VS.シリーズ史上初、アシスト含め射撃武器が一切存在しないエレガントな機体。
耐久値は当然最大の750で機動面においては、速度と持続の両面において優秀なBD、さらにホーミングダッシュや変形も備えるため、欠点は見当たらない。
また本機の特徴として格闘、射撃、サブ射撃、特殊格闘を自由に組み合わせることが可能。
ただ出し切りでは通常格闘、特殊格闘は2段、前、横、後は1段のみですべて威力が低い一方。コンボを前提としているためかダウン値もかなり低めに設定されている。
また、サブ射撃、特殊格闘にもN、前、横、後の各種派生を持っている。
コンボを繋げなければほとんどダメージを取れないため、練習は必須の機体となっている上にダメージ効率は基本的に劣悪、判定もそこまで強力ではない。
射撃で出るヒートロッドも格闘扱いのため何よりアレックスが最大の天敵となる。

とりあえず「勝つ」ことを目指すなら必要のない派生も大量にあるが、見た目が栄える格闘も多い。
「カッコいいが勝つのは難しい」NEXT最大級のロマン機体とされるが、人気が高く使用率も高い。
勝てるかどうかは冷静な戦況分析と豊富な練習量、そして相方との連携が必須。機体性能に頼ったゴリ押しはまずできないためエレガントに勝利できるかは腕次第。

ガンダムヴァサーゴと見た目が似ているためかX系のキャラには本機に対する誤認ネタが用意されている。
おまけにガロードには「フロスト兄弟の仲間」とまで言われている。

シャアとは劇中にてやっている事が同じ(というより殆どがオマージュ)であるためか、意気投合していて専用の掛け合いが何種類か用意されている。
また、アムロからも己の行動を「シャアのような事を!?」と驚かれている。

ちなみに胸部装甲の塗り分けがTV設定と異なっている。放送当時のプラモが同様の色指定だった為のミスか?

EXVS.FB

東京ゲームショウ2013にて公開され、2013年10月のアップデートで追加。相変わらず胸部の塗り分けが間違っている。
今回はアシストすらない真の格闘機となり、射撃はホーミングダッシュとなる。そして、ホーミングダッシュや出力切り替えにゲージ消費が無いため、右下の武装ゲージ欄が存在しない(NEXTではアシストのゲージが存在した)という、エレガント仕様となっている。
換装式のビームソード出力切替などNEXTにはなかった新たなアクションや派生技も導入されているがNEXTと違い格闘が全て一段攻撃となっている。
射撃を弾くようになったヒートロッドと、前作からお馴染みのラッシュ格闘や派生、攻撃性能と機動力が強化されるがブースト消費量が増加する出力切替(特射)をそれぞれ駆使して戦う純格闘機。
派生はほぼNEXTから引き継いでおり、下格特格派生は前特格に、下サブ派生はデスサイズのBD格闘のような斬り抜けが追加され強制ダウンとなり横特格に、N特格派生は連続斬り抜けはモーションこそ違えどほぼ性能は変わらないが、トドメがポーズ→爆発ではなく真上からの斬りつけとなり火力もUPして下特格に配置されている。
NEXT同様射撃が一切無いので近づくのは苦労するが、ヒートロッドや格闘の初段性能、特に後格闘や特格格闘派性、横サブの性能は素晴らしく、近接時のプレッシャーとハマった時の爆発力は流石の一言。
しかしながら、攻撃を当ててからが問題で、ラッシュ格闘は万能機にも劣るコンボ火力&相変わらずのカット耐性の無さであり、特に鞭始動だと火力の無さに拍車がかかる。特格派生はブーストが空にならなくなったがキャンセル不可。
そして何より、ゲームシステムから来る格闘機全般への逆風が、純格闘機である本機には暴風の如く吹き付けている状況。
このように決して小さくない欠点を抱えており、格闘機であるという点を差し引いても相変わらず使用難易度が非常に高い。やはりエレガントだからか。
射撃のホーミングダッシュから格闘に交互キャンセルできるので射撃と格闘を素早く交互に押すことで(威力はともかく)凄まじいラッシュができる。

なお、何故か先に追加されたTV版ゼロとは違い、ゼロシステムは再現されていない。
さらに余談だが、特射の出力切り替えをすると機体がトランザムのように赤く発光するのだが、歩行者信号の消えかけの青信号のようにチカチカ点滅するのでなんとも絵面が微妙になっている。

バーストアタックはバルジ斬りの再現、単発技でモーションも速く、覚醒技の中でも高性能。ただし火力はそこまで高いわけではない。

EXVS.MB

今作でもやっぱりゼロシステムは使用できない。
「何故だ、何故にこうも…」
だが、今作からのFドライブとの相性は抜群な上、ライバルのゼロ(EW版だが)のようなドライブと相性が悪い機体が結構いるので相対的に地位が上がった。
もちろん、Sドラは殆ど、どころか全く意味がないが。
更に、凶悪な押し付け性能を持つ後格の射程延長&射撃バリア追加や、格闘の補正緩和といった地味ながら着実な強化もあり、全体的に追い風が吹いている。
ライバルのゼロ(TV版)が弱体化したこともエピオンには嬉しい点。

余談だが、今作から参戦したドレッドノートガンダムに味方にメイン射撃に合わせてビームを撃ってくれるレバー入れサブを送ってもらうと、メインのダッシュと同時にビームを撃つことができる。
まあドレッドノートが自分に使った方がエピオン的にも助かるのだが。

EXVS.MB.ON

遂にこの機体にもゼロシステムが追加された…のだが、ウイングゼロとは違い後覚醒技に割り当てられており、使用するとなるとバルジ斬りを捨てることになってしまうのが悩みどころ。おまけにレッドフレーム改のデルタフォームとは違い何故か使用時にゲージが表示されないと不親切にも程がある代物となってしまっている。
「何故だ、何故にこうも…」
そしてシステム面では半覚で抜けられるE覚醒の存在がエピオンを苦しめている。
しかしE覚醒自体は下方修正が重ねられており、こちらの覚醒時にバルジ斬りで抜けを許さなかったり、E覚カウンターをゼロシステムで回避できたりと、覚醒周りでは実際のところ前作よりも立ち回り易い。
更にBD・前格のブースト消費がなくなったり、コンボ火力が上がったりと強化調整も加えられたことで、トップ環境に食い込むことになった。
散々ネタにされた「NEXT」から愛用したプレーヤーからすると感慨深いことであろう。

GVS

色々な作品や機体がリストラされる中、無事続投。
今回はゼロシステムが格闘Cに変更、パイロットをヒイロに変更できるようになった。
また、NEXTのように全機体にアシスト(ストライカー)が付いたため、念願の射撃武器追加となる。

EXVS2

GVSの仕様を受け継ぎ、ピョン格や格闘CSのゼロシステムを使用できるようになった。
そのためか機動力や前格などが少々性能が落ちたが、総合的な使い勝手は上がった。



【勝利・敗北ポーズ】(NEXT)

勝利ポーズ

決めポーズをとり胸部のセンサーを光らせる。

敗北ポーズ

片膝をつき片手で顔を押さえて失意の様子。

【勝利・敗北ポーズ】(EXVS.FB以降)

勝利ポーズ

通常時:ヒートロッドを振り右手を挙げる
高出力時:胸部センサーを光らせつつビームソードを発振させる。
覚醒技「モーション」(とどめは×)時:通常、高出力にかかわらず、通常状態で高くビームソードを掲げた後振り下ろす。
(MBからは覚醒技でとどめに変更になった)

敗北ポーズ

左腕が無いまま、膝をつく。最終話でヒイロのウイングゼロとの一騎打ちに敗北したシーンの再現。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。